2013-07-03 07:59:51

「強い国よりやさしい社会」を実現するために全力で頑張ります

テーマ:ブログ

「強い国よりやさしい社会」を実現するために全力で頑張ります

皆さんこんにちは、社会民主党の川上やすまさです。

安倍政権は、憲法第96条の憲法改正手続を緩和するのを突破口に、自衛隊を「国防軍」に変え「集団的自衛権」の行使を可能にするとともに、国民の基本的人権を制限するなど平和憲法の全面的改訂を狙っています。

 まさに私たちの先輩が築き今日まで受け継がれてきた平和と民主主義そのものが危うくなり、暮らしと憲法は最大の危機をむかえています。

「戦争のできる国にしない」。私、川上やすまさは平和憲法の改悪は許しません。

1%の大企業や富裕層のために99%の国民を切り捨てる「アベコベ政治」を変えなくてはなりません。安倍内閣はデフレ脱却といいながら、1月からの震災復興増税、7月からの地方公務員の賃金カット、8月からの生活保護費7.3%の削減、そして来年4月からの消費税増税3%増税など、国民生活にしわ寄せする政治「アベコベ政治」を展開しています。賃上げなき物価2%上昇は暮らしに大きな影響を与えます。

消費税増税は、断固反対します。国民生活は増税どころではありません。凍結・撤回を実現させます。富裕税を創設して安定財源を確保します。

アベノミクスの成長戦略には、景気回復を実現するエンジン役の雇用の拡大、新しい内需拡大策がほとんどありません。私は、「賃金を上げ、雇用を創出してこそ景気回復ができる」ことを訴え政府を動かしてまいります。

規制緩和で弱肉強食の競争原理が行き過ぎました。働く人の3分の1が非正規雇用となり、若い世代が長時間・低賃金労働に悩み、結婚することも、家庭を持つこともできない。日本の「ワーキング・プア」は世界共通語になりました。「脱貧困」こそ政治が取組む緊急課題です。共働きしなければ暮らせない、働きたくても保育園に入れない。待機児童問題は、若い世代の方々の「貧困」問題です。子育て世代、若い世代が安心して暮らせる社会を作るのは政治だけができることです。待機児童ゼロは国民の権利であり全力で取り組みます。

安倍政権は、「労働の規制緩和策」を一層進め、不安と格差を広げています。正社員を簡単に首切りできる「解雇ルール」づくりで、労働者切捨て政策を強めようとしています。とんでもない話です。解雇される人の痛みがわからない官僚と一部大企業のいいなりです。人間らしい働き方を取り戻すために、社民党は行き過ぎた規制緩和を正します。労働者の切り捨てを許しません。

 私たちは3・11福島原発事故を忘れません。

16万人の被災者の皆さんが未だに大変な思いで毎日を過ごしています。被災者の一日も早い救済に取り組みます。

福島の事故が収束せず、放射性廃棄物の処理方策を確定しないまま、安倍政権は原発を海外に積極的に輸出し、再稼働を推進しようとしています。まさに「アベコベ政治」です。

 「人類と核とは共存できない」。脱原発・脱原子力へエネルギー政策の転換を実現するため「脱原発基本法」制定に先頭で取組みます。

  皆さん。いま、政治が最優先に取り組むべきは、安倍政権のめざす「戦争のできる国」「強い国」ではなく、一人も切り捨てられない、平和で人間らしく安心して暮らすことのできる「やさしい社会」をめざすことです。

 いまこそ「強い国よりやさしい社会」を実現するために全力で頑張ります。皆さんのご支援をよろしくお願いします。

201371

                                  川上やすまさ

 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。