安田貴広のDARADAWRITE

ロックバンドAo(アオ)のVo.ヤスダが日々思ったことを書くかもしれないし、全く書かないかもしれない。


テーマ:
さて、いよいよ表題曲、『空の無い世界』のミュージックビデオが公開されました。
今回はこの曲の歌詞について、ようやくではありますが踏み込んで書いていこうと思います。




まず、なぜこの曲のタイトルが〝空の無い世界〟なのか。
そして空の無い世界というのは何を意味しているのかをお話しします。
端的に言うと、空の無い世界というのは、人が持っている自分だけの世界のことです。人にはそれぞれ物理的にも、そして心の中にも自分だけの部屋があります。
それは、誰の目も意識せずに、寝たりご飯を食べたりテレビを観たりネットをしたりすることができる部屋のことであり、そしてまた、人には言えない自分だけの秘密を閉じ込めていたりする、そんな心の中の部屋のことです。 

この歌の登場人物は、同じアパートの隣同士に住んでいる二人の男女です。
主人公の男性は、隣の部屋に住んでいる、たまに廊下ですれ違うと笑顔で挨拶してくれる女性に淡い恋心を抱いています。
ところがある日彼の部屋に、隣に住む女性が電話をしながら泣いている声が聞こえてきます。
その日から彼の心は揺さぶられ、やるせない想いが募り始めます。

以下、歌詞から抜粋です。

神様そりゃないぜ
あんなに綺麗な人でさえ
幸せにはなれない世界なんてさ

(中略)

誰にも言っていない秘密が
君にもあるんでしょう?
でもそれはそんなに悪い事なのかなぁ?
誰にも言っていない秘密は
人の数だけあるんだよ
それでいいよ

この世界の理不尽さを恨めしく思う彼の心情、そして彼が考える、人それぞれが秘密を持っていることに関する持論を歌にしました。

僕の個人的な話をすると、今までの恋愛では、彼女が僕に言えない秘密を持っているということは耐え難いし許せない、という想いがありました。
でも歳を重ねて今のところ至っている結論は、たとえ僕に言えない後ろ暗い過去や悲しい秘密があったとしても、彼女が僕に心を開いていない証拠にはならないのかなということです。
彼女が本当に僕を愛してくれていると僕が実感できたなら、誰にも言えない秘密を彼女が抱えていたとしても、僕はそれを許す(傲慢な言い方かもしれないけれど)べきなのだと、そう思えるようになってきました。
それがいいことなのかどうかはわからないし、次に彼女ができたときに本当にそれを許せるのかもわからないけれど、僕は、自分だけの〝空の無い世界〟を、つまりは絶対的不可侵領域であるマイワールドを持たない女性には魅力を感じないのかもしれないなと、そう思うようになってきているのです。

僕は、とても恵まれた幼少時代を過ごしてきました。両親は仲が良く、裕福で、両親から無条件の愛を受けることができるのが当たり前だと思っていました。
でも、世の中にはそれが叶わなかった人がたくさんいて、僕は大人になるにつれ、自分があまりにも恵まれた幼少時代を過ごしてこれたことに対してある種の罪悪感を覚えるようになりました。
これは全く見当違いの罪悪感なのかもしれません。でも、次に誰かと付き合うことがあったら、その子には、恵まれて育ってきた僕だからできることをしてあげたいなと、そう思います。

最後にもう一度、歌詞の一節を抜粋します。

君が壊れてしまったのは
多分君のせいじゃないから
夢を見せたい

どうかこの歌が、多くの人にではなくてもいいから、愛してもらえますように。

これからこの歌を、たくさん歌います。
何度も何度も、歌います。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回も前置きさせていただきます言い訳がましくてすみません。こういうバンドの作曲者のコメント的なやつはきっと普通、曲に込められた〝想い〟みたいなのを語るのを望まれるのでしょうが、今回もそういう話ではないです。
想いが無いわけではもちろんないし、そういうのを語るのが絶対嫌だみたいなことも全く思ってはいないのですが、極論、歌詞を見るだけでは伝わらない、僕の解説が無ければ伝わらないような想いならそれは世界に必要の無いものだと思ってはいます。あと、音楽は聴いた瞬間からその人の物だと思ってもいます。まぁ、なので、気が向いたら話すかもしれません。でも今回は違います。

大袈裟ではなく制作に10年以上の歳月をかけたとも言える今作ですが、収録曲の中で一番最近できた曲が、デラシネスタです。
藍井エイルさんのアクセンティアの命名の時と同様、格ゲーマーで英語が話せる友達(ん?英語も話せる格ゲーマー?)に相談し、根無し草という意味を持つdéracinéにfantasistaとかにつく、○○な人という意味の〝ista〟の部分を付けてdéracinéistaという造語を作ったら世界の各国の要人に事実上軟禁されてしまわないか聞いたところ、大丈夫だということでしたので思い切って再び造語タイトルにしてみました。元々は気恥ずかしくてあまりやらないのですが、これが最近の思考パターンであるならば尚更このアルバムには入れたほうがいいと思った次第です。
曲調的にもAoの新境地という感じだと思います。激しいと思います。歌詞は相変わらずだなぁという感じだと思います。聴いていただければ早いと思います。

僕の制作プロセスはおそらくバンドマンの中ではちょっと変わっていて、まずメロディを作り、コードを付け、バンドでフルアレンジをした後に歌詞を付けます。一般的にはメロディ→歌詞→アレンジ、もしくは歌詞→メロディ→アレンジ、という人が多いと思うのですが、僕はどうしても曲のアレンジで決まる質感というものが無視できず、それを見てから中身を作りたいと思うのです。着用する服が決まってから俳優をキャスティングするようなものかもしれません。
僕の曲の9割はそういう作り方で作られているので自然と歌詞は大暴れしなくなります。大暴れとは僕が勝手にそう呼んでるだけで、説明で伝わるかもわからないのですが、要するに「1コーラス目のAメロより2コーラス目のほうが文字数が多くなっちゃって、でも入れたいから早口で無理やりはめ込んでやったぜ!逆にエモくてかっこいいだろ!」的な曲が無いということです。そういうのを聴くのは好きなのですが。考えてみれば昔からそういうところや、歌詞でいうなら対句なんかは徹底しており、自分が非常に様式美に拘る人間なのだということに最近気づきました。
例えばデラシネスタのサビの歌詞では

もう誰からも愛されずに
誰のことも愛せずに

というフレーズがあるのですが、これはメロディに当てはめると絶妙に対句になることにニマニマしております。
その他にも、全曲通してそういった〝安田が気持ち良くなったポイント〟があるので、思い出したら書くかもしれませんし書かないかもしれません眠いのでさようならまた今度。

なんだこの文章。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
えー、初めに言っておきますが、今回はほぼ余談に聞こえると思います(笑)すみませんが興味のある方はお付き合いください。
①で書いた、初期衝動の話で思い出したことがあるので書いてみようかなと。 

長く活動を続けているバンドは大体、初期とか後期とかで区別をされることが多いように感じます。それはおそらく、たとえ製作者の想いが一貫していたとしても本人が年齢的にまたは精神的に成長していたり、あるいはリスナー側も年齢を重ねる毎にあらゆる価値観や感じ方が変わっていくからというのが大きな理由として一つあるのかなと思います。
思い出話になりますが、Aoがメジャーデビューしたとき、幸いなことにごく少数ではありましたが古株のファンの方が離れていきました。その方々が「Aoは変わってしまった」とか「売れ線系に走った」とか、そういうようなことを言っていたのを覚えています。でも僕は、自分の作っている音楽ややっていることが変わったとはどうしても思えませんでした。なので変わったと言われるのがとても不思議でした。
僕はあのとき言いたかった。「あなた方は僕らのお客さんが少なければライブハウスでたくさん会話ができるから僕らのことを好きだったのですか?」と。まぁ忘れちゃったけど、実際言ったかもしれないな(笑)〝話ができる〟から応援してくれていて、〝話せなくなった〟ら好きでいることをやめるという方は、正直もう別に応援してくれなくてもよかった。ライブにもむしろ来ないでくれと思いました。言い方が悪いかもしれませんが、そういうことを求めているならホストクラブに行った方が満足できると思います。いやマジで。ましてや昔から知っていることが偉いわけでもない。古株であることを自慢して、昔はああだったこうだったとふれてまわり新しく興味を持ってくれた方にとっつきにくい印象を与える。それはもう僕らの邪魔しているのと同じことです。
(…こういうことを言うことで僕が損をしているのは分かっていますが、残念ながらこの性格は今になっても直りません。すみません。)
大変ありがたいことに僕らのお客さんでそういう方は本当に一握りだったので、僕のこういった発言で大事になって揉めに揉める羽目には至李ませんでしたが(笑)

でも正直なところ、自分にも身に覚えがあったんですよね…。
僕は昔、L'Arc-en-Cielがメジャーデビューする前から大好きだったのですが、彼らがどんどん売れていくことで寂しく思うというか、〝遠くに行ってしまった〟彼らを否定したい気持ちを持った記憶があります。別に彼らと会って話せたわけでもないのに、不思議ですよね。独占欲の一種なのでしょうか。
今では不肖ながらL'Arc-en-Cielの方々と同じ業界に一応身を置かせていただいている僕ですが、ふと興味が湧き、この前思い立ってラルクの古いアルバムから最新のアルバムまでを聴き比べてみたのです。彼らのやっていることや美しいと思っているものは、昔と何も変わっていないのだなと今になってようやく思えました。あの頃捻じ曲がって見えていたのは、僕の心が捻じ曲がっていたからだったようです。

ようやくAoのアルバムの話になりますが、今作で4枚目のフルアルバムです。たくさん曲書いたなー。毎回こう思えるのは大変幸せなことですが、今作が過去最高の出来だと自負しています。
過去に書いた曲がよかったと言われると、嬉しい反面新たな曲を作るときにその昔の曲が倒すべき敵のように思えてしまい苦しい思いをしたことが何度もありましたが、今回は本当に、昔の自分の曲には負けない自信があります。
昔の曲の方がよかったという人は、たぶん好みの問題か、もしくは自分がその曲に出会ったときの感覚がその人の中で大切な思い出になっているのだと思います。それはそれで、ありがたいことです。
あなたがこのアルバムに出会って、それを思い出としていつまでも心に残してくださることを、心から願っています。

たぶん近いうちに③も書きます。
それではまた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9/7に、Aoのニューアルバム『空の無い世界』が発売日されます。今作に収録される黙(しじまと読みます)は、実は10年以上前に作った、Aoの本当の初期をご存知の方だけが聞いたことのあるような曲です。

個人的な話になりますが、最近では藍井エイルさんに楽曲提供をさせていただいたりと、お陰様でいわゆるメジャーの方々とお仕事をさせていただくことが増えてきました。非常に勉強になることが多く、本当にありがたい話です。そういう経験をさせていただいたからこそ、僕が自分で作り自分で歌うAoという装置においてはあえてメジャーやインディーという概念を全て排除して、さらに言えば〝こういう曲を作れば売れるかもしれない〟というような考えを全く介入させずに、自分の思うままに製作しています。そういったことを許してくれている僕らの所属レーベルに、心から感謝しています。
こう書くと誤解される方がいらっしゃるかもしれませんが、これは他アーティスト様への楽曲提供の際は自分のやりたいことを押し殺してクライアントや大衆に媚びて作っているという話では断じてありません。楽曲を提供する際ももちろん心から楽しんでおり、提供相手の魅力をいかにして引き出せるかを考えて、自分が良いと思うその感覚に嘘をつかずに楽曲を作っています。
話は戻りますが、僕達Aoは現在インディーズのレーベルに所属しています。メジャーだからこそできることがあるのと同じように、インディーズだからこそ出来ることがあるのです。
だからというのもおかしいかもしれませんが、僕にはどうしてもこのタイミングで、Aoがまだインディーズどころかどこにも所属していない駆け出しの頃に作った曲を今作に入れたいという強い想いがありました。お金がもらえなくても音楽を作っていたあの頃の初期衝動を、僕はとても大切なものだと思っています。なのできっとこれからもし仮に誰にも求められなくなっても、僕は音楽を作るでしょう。
想いは変わらず、されど成長を求めることはやめず、良いものを作っていきたいです。願わくば、僕が良いと思うものと世の中の多くの人も良いと思うものが重なれば良いなと思います。なかなか難しいですが。
『空の無い世界』、どうか楽しみにしていてください。暗くてビビるよ(笑)

②に続きます。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
美しいものが好きです。
何を美しいと感じるかは人それぞれだとは思うけど、そうして何かを美しいと思う心も、僕は美しいと感じます。僕にとって美しいものをいくつか挙げるとしたら、例えば緻密に作られたコント、芸術的なまでの機能美を感じさせる編曲が施された音楽、人が自分ではない誰かのために流す涙、好きな女の子が安心して眠っている時の寝息、この世界のすべての事象の中で一番大切なのは自分の子供の幸せだと考える親の心、誰かの生活や人生の一場面を想像させるような廃墟、怖いくらいに静かな凪を湛えひっそりと眠る砂浜。
キリがないですね。
そして世界には、醜いと感じるものも数え切れないほど存在するのもまた然り。

人がその人生において、美しいものに出会う回数と醜いものに出会う回数はどちらが多いのでしょうか。
おそらく、後者の方が多いんじゃないかな。
僕たちが住むこの、世界的にみても非常に国ですら醜いものは溢れています。
それをなるべく見ないように生きるのか、目を背けずに愚直なまでに真っ直ぐに生きるのか。僕にはどちらが正しいのかはわかりません。
ただ一つ言えることは、醜いものの中ですら美しいものを見つけ出すという生き方を、僕は美しいと感じるということです。
人に美しいと思ってもらえるものを、死ぬまでにいくつ創り出せるだろうか。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
愛しく思うものがある。
都会の明るい空に負けまいと健気に輝く3等星。カーテンの隙間から差し込む光に照らされた、仕事で疲れきった恋人の寝顔。悲しい出来事を束の間忘れさせてくれるお笑い芸人のショートコント。「ずっと話したかったんだよ。」と、僕と銭湯に行くことを待ちわびてくれていた友人の笑顔。僕を信じてついてきてくれるバンドのメンバー達。

愛しく思うべきものがある。
昔はいがみ合っていて、でも今はそのことを疚しく思っているらしい同級生。やかましい音を立てながらこの部屋の空気を綺麗にしてくれているはずの空気清浄機。機材トラブルを起こしながらも僕の仕事を支えてくれるデスクトップPC。

愛しく思うべきかわからないものがある。
他人を知らぬ間に傷付けてしまう自分の性格。自分のせいではないのに別れを告げられた昔の彼女の「私の何が悪かったの?」という悲痛な言葉。風邪気味の僕をずぶ濡れにする、それでもとても美しい雨。そのあとに現れる虹。眠れないでイライラしている僕を強制的に眠らせてくれる薬。自分の損得しか考えていないけれど僕に仕事をくれる人。

愛しく思うべきものを素直に愛しく思えたなら、僕は僕の人生は、愛しく思えるものになるような気がする。

でも、当たり前かもしれないが、「愛しく思わなければならない」と思いながら生きる人生にはどれほどの価値があるのか、そして愛しく思うべきかわからないものに対して本当のところ僕はどう思うべきなのか。
僕はまだ知らない。

答えを早く、知りたい。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今朝見た夢の話。

友人が急病で、病院に運ばれたらしいという連絡が来た。
巨大な総合病院だ。
俺は急いで病院に向かい、受付のある一階でガムを食べながらダラダラと立っている警備員に出くわした。院内は大変混雑しており、なにやらパニックが起きそうな危険な気配がしていた。
受付に人がいなかったので、俺は仕方なくその警備員に話しかけた。
「すみません。友人が搬送されたと聞いてきたんですけど、受付に誰もいない場合、どうすればいいんでしょうか?呼び出しボタン的なものも無いんです。」
警備員はガムを噛みながら、顔にうっすらと嘲笑を浮かべながら言った。
「あそこに張り紙あるじゃないすかぁ。」
彼が顎で促したのは、たくさんの紙が乱雑に張り巡らされた壁だった。
その位置からは何が貼ってあるのか確認できなかったので、俺は壁まで歩いて行き、それらしき張り紙を探した。
そして、幾重にも重なった張り紙の奥に一枚のピンク色の紙を見つけた。


〝院内が混雑している時は、必ず順番を守った上で担当者の対応を待つようにお願い致します。〟


警備員の方を振り返ると、彼は、それだそれだと言うようにニヤつきながら僕を見ている。相変わらずガムを食べたままだ。
僕は彼の元に引き返し、彼にこう言った。
「あんな分かりにくい場所にある張り紙を、ここにきてすぐに見つけることなんてできるんですかね。」
「そんなこと知らないっすよ。俺の仕事に関係ないんで。」
「なるほど。じゃああなたの仕事はなんですか?」
「ここにいて、問い合わせに答えることですよ。」
「…あの張り紙のには順番を守って問い合わせをしろと書いてあったんですが、その張り紙が見えないと、ここに来た人はどうしていいかわからなくて、まず唯一の院内関係者であるあなたに質問するんじゃないですか?」
「まぁそうですねぇ。だから俺は張り紙見せてるんですよ。」
「問い合わせに答えることがあなたの仕事なら、まずはその仕事を円滑にこなすために工夫することも大事なんじゃないですかね?」
「関係ありませーん。とにかく順番守ってくださいねー。あと俺休憩なんで。」
彼はそう言い残すと、制服を脱ぎその場をあとにしようとした。
俺は受付のテーブルの上に上がって、力一杯叫んだ。
「みなさん!!!みなさんが今どうしていいかわからなくて右往左往しているのは、こいつが自分の仕事をちゃんとやらないからです!
みなさんがここにきて最初に話しかけたであろうこいつが、自分の仕事が全く進んでないのに他人事みたいに思ってるからです。団結して、上の人間を引きずり出しましょう!こいつがここを仕切っている限り、みなさんは診察も受けられないし、大切な人に会うこともできません!」
仰天した奴は早足でこちらに向かってきた。
「ちょっと!何やってんだお前!」
俺は奴を見下ろして言った。
「完全にお前のせいだし、それより周りを見てみろ。」
彼の周りには、怒りに燃えた無数の目が雲霞のごとく集まりつつあった。



…と、ここで夢が覚めました。
なんか、他にもこの警備員風のやつにすげームカつくことされた気がするんだけど、忘れちまった。
なんだっけ?それで頭にきて受付テーブルの上に登った気がするんだけど笑
攻撃的な気持ちで目が覚めました。義憤に駆られていた。
また怖い人だと思われる。
僕の心は慈愛に満ちているよ。
優しいよ。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
得意だと思っていた事で、自分より得意な誰かに出会う。
「大丈夫。俺にはまだ○○がある。」
その別の分野でも、また自分より得意な誰かに出会う。
「いやいやまだだ。俺は××もできるはず。」
でもその先には、やっぱりそれを極めた人がいる。
そんなとき、あなたはどうしますか?
僕は、スペシャリストになりたかった。ギタリストだったり、社会福祉士だったり、精神保健福祉士だったり。なんでもいい。何かを極めた人間になりたかった。でも僕には根性と情熱が足りなかった。
そうやって生きてきた僕は、いろんなことをある程度ずつできるようになった。いや、ある程度しかできるようになってないのかもしれないけど。
作曲家、作詞家、ボーカリスト、編曲家。
今でも、スペシャリストへの憧れは少なからずある。でも、もしかしたらこれで良かったのかもしれないなとも思う。
例えが合っているかはわからないが、僕は、勇者なんだ。剣を使った戦いなら戦士の方が上。強力な魔法を使いたいなら魔法使いの方が上。回復や援護をするなら僧侶。武器が何もない状態なら武闘家。その専門分野では彼らには勝てない。でも、じゃあなんでドラクエには勇者がいるんだろう?勇者って、いらない存在なんかじゃないのかもしれない。
勇者というジャンルのスペシャリストになれればどんなにいいかと、そう思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
とある青年が殺人罪では捕まった。
彼の手口は、女性の両手両足を切断し、逃げられなくした上で、死んでしまうギリギリまで延命し続けたというもの。
彼は、幼少期、両親のセックスを見せられ続けていた。両親としては、性教育の一環のつもりであったという。
そのトラウマにより、彼の心は深く傷つきねじ曲がり、好意を持った女性の両手両足を切断したいと願うようになった。
足が無ければ自分の元からいなくならないし、手が無ければ自分が暴力を振るわれることも無い。そうしなければ、彼は安心を得られなくなってしまった。
彼は、心から愛した女性と添い遂げることが永遠に不可能になってしまった。自分が愛する者はいつも、自分のせいで死んでしまうのである。
(この猟奇殺人犯をモデルとしているであろうキャラクターが、幾つかの漫画に登場している。最近だと東京グール、昔はサイコという漫画にも出てたな。)

彼は不幸だ。不幸でないはずがない。
もちろん、彼に殺害された女性達も不幸である。
しかし、彼の中に棲んでいた悪は、彼の中で生まれたものなのだろうか?という疑問を、キンコメ高橋さんとは程度が違うものの、僕は同じように持ってしまう。

もちろん、彼ら性的倒錯者が悪くないと言っているわけではない。
高橋さんも、法によって罰せられるべきだと思う。
だけど、だけどねぇ。
こうやって考えていくとキリがないんですよ。
高橋さんにトラウマを植え付けた母や父は、なぜ死を選んだり、ギャンブル漬けにならなければいけなかったのか。
猟奇殺人犯の両親はなぜ明らかに常軌を逸した性教育を息子に施さねばならなかったのか。

悪は、いったい誰の中で生まれたのか。
もしかすると、人間一人ひとりの中で悪が少しずつ生まれ、それが集積した場所が高橋さんの、猟奇殺人犯の心の中だったのかなと思うのです。
だったらもう、誰も責められない気もするし、でもやはり高橋さんを責めるべきなのかもしれないとも思うし、そうやって、僕の心はどんどん怒りと虚しさに蝕まれていきます。

今、きっと高橋さんは死にたいんじゃないかな。社会復帰後に待っているのは、たぶん刑務所よりも恐ろしい社会的制裁。
俺ならたぶん、死にたくなってる。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
お笑い芸人、キングオブコメディの高橋さんが、女子高生の制服を中心として20年間に渡り窃盗を繰り返していたことが明らかになった。
僕は見るのも嫌なので見てはいないが、どうせツイッターや巨大掲示板には「高橋きめぇーーー!www」的な、面白半分の断罪コメントが溢れかえっていることだろう。
テレビでも尾木ママとかいうコメンテーターが相当辛口なコメントをしていたようだ。
こういう異常な性癖を持った人が犯罪を犯したニュースを見ると、僕はいつもやり場の無い怒りと、それと同じくらい大きな虚しさを覚える。
今回の高橋さんの件も例にもれずである。
どういうことかというと、彼の生い立ちが僕の想像どおりの壮絶さを持ったものだったということだ。僕は、彼の性癖の原因の一つは、間違いなく過去のトラウマなのではないかと思うのだ。
高橋さんは、母親を自殺で亡くしている。原因は父親のギャンブル癖と、それによってできた多額の借金であるとのこと。
人間の心とは不思議なもので、大きなトラウマを抱えると、そのトラウマと戦うために何かに対する依存症を発症してしまうことが多いのだそうだ。
彼がそうだという根拠は今のところ無いが、かなりの確率で、高橋さんは依存症なのではないかと僕は思う。

もし自分だったらと想像してみた。
もし自分が、女子高生の着ていた制服でしか興奮できない性癖を持っていたら。
これは不幸である。激烈に不幸だ。
僕にとって女性の着ているものは全て、言っちゃなんだがただの障害物でしかない。そう思える自分で本当によかったと、心から思える。
高橋さんも、好きでそんな性癖を持ったわけではないだろう。
彼は、間違いなく悪を行った。しかし彼の中に棲んでいた悪は、はたして彼の中で生まれたものなのだろうか?
例えばこんな例がある。

②に続く。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。