2013-02-04 05:39:14

新しい写真集の紹介

テーマ:写真集「ダンゴウオ」


新しい写真集を出版します。


タイトルは「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」です。


内容は、生命の気配の絶えた瓦礫の海で出会った1匹のダンゴウオ。

2年間にわたり、瓦礫に埋もれた震災の海で生きる

生物たちの姿を追った、命の物語。です。


2月26日が配本日で、28日に書店に並びます。


年末からずっとこの本に携わっていました。

先週末に最後の色校正を終えて、今週、できれば、

印刷所に立ち会いと思っています。

もう出版まで、一か月を切りましたので紹介させて頂きました。

よろしくお願いします。




鍵井靖章 オフィシャルブログ 鍵井天然水族館 Powered by Ameba



「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」



鍵井靖章





【説明】


 震災直後の20114月から2012年の12月まで、宮古湾を中心に瓦礫にまみれた海が少しずつ復活していく姿を定期的に撮影した写真集。


 最初に潜った20114月、瓦礫が折り重なり、魚はおろか海藻さえも消え、生命の気配が途絶えた海中で、写真家は奇跡的に1匹のダンゴウオに出会った。


ダイバーたちに「北の海のアイドル」と呼ばれるダンゴウオは、親指の爪ほどの小さな魚。たった一匹、海底にじっとうずくまるその姿は、写真家になにかを必死に伝えようとしているようだった。


 その後、2年間、計100回以上の潜水撮影の中で、ダンゴウオに出会えた機会は限られているが、2012年の6月、孵化の撮影に成功。その撮影の模様は、日本テレビ「未来シアター」でも放映された。


 前半は瓦礫に埋もれた海中が中心。沈んだもの(人間の生活の残滓)に秘められたドラマを中心に追い、後半は芽生えた海藻、産卵する魚など、再生する生命の息吹を捉える。


 ハイライトはダンゴウオの孵化。天敵の貝に襲われるなど、自然界の厳しさも捉えつつ、生まれたばかりの愛らしい幼魚の姿を捉えた。

 そして201212月、真冬の海で成長したダンゴウオの姿を撮影することに成功。海に生きるものたちのたくましさと、確実に再生してゆく海中世界を象徴するように、その表情は晴れ晴れと微笑んでいた。


 もうひとつ、この写真集の見所は、2年間という長期にわたる撮影の中で移り変わってゆく写真家の心理がはっきりと窺えること。

 最初は人間(瓦礫)のせいで海を汚されたことに対する生物たちの憤りを代弁したいと考えていた写真家が、瓦礫の中でたくましく生きる生物たちの姿に感動、共感し、そしてそれまでは写真の背景にしか過ぎなかった海藻にも生命の息吹を感じ始める。


 もともと東北の海は、密漁を防ぐため、ダイバーには解放されていない。そんな誰も見たこともない海のありさまを、撮影に協力してくれた漁師さんはじめ、地元の人たちに伝えたいという思いが強くなってゆく。撮影を続ける中で、これまで生態写真にはあまり興味を示してこなかった写真家が、真正面から海の再生に向き合う中で、「生命を撮りたい」と決意する。折々の写真に添えられた文章からはもちろん、11枚の写真が、彼の心の動きを如実に語っている。



「ダンゴウオ」というタイトルをつけていながら、写真集全体の中で、ダンゴウオの写真が占める割合は決して多くはない。タイトルに偽りあり、と思う人がいるかもしれませんが、もし最初の撮影の日にダンゴウオに出会っていなければ、この一連の写真は、「海中世界から見た震災と復興」という視点だけになっていたかもしれない。しかし、ダンゴウオに出会い、その姿に希望を見出し、潜るたびにダンゴウオを捜し求め、数少ない遭遇の機会を大切にして最大限、撮り続けたことで、写真集に一本のテーマをしっかりと通すことができた。



 この写真集は、海底から見た震災と復興の物語であると同時に、津波の海で生きる生き物たちの「生命の物語」である。

  
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。