pr1

 今日もタイムラインにさまざまなプロモ(広告)ツイートが流れてくるTwitter。10月18日ごろ「Twitterの広告に不快なものが多い」と指摘するプロモツイートが流れ、注目を集めました。Twitterの広告機能を使って機能そのものに意見するやり口がスマート!

【Twitter「エロ広告」の現状】

 Twitterでは企業でなくても個人アカウントから一定の広告料を払えば、自分のツイートをプロモーションすることができます。その際はTwitter社の事前確認を介さないなど自由度が高い反面、社会的秩序に反したプロモツイートが利用者に表示されてしまうことも。9月末にはユーザーから「わいせつな広告が増えた」という指摘が相次ぎ、Twitter社の運営に疑問を呈する声が多く発生しました。

 こうした流れのなか10月16日、一般ユーザーのさげさんは「ツイッターの広告不快なやつが多いから全部非表示にできるようにしてほしい」という文面のプロモツイートを投稿。広告料は500円に設定しました。

 18日にあるユーザーがそれを発見し、スクリーンショットを撮って「『ついったーの広告が不快だ』という広告が流れてきた」とツイートしたところ、1日で1万回以上リツイートされ話題に(該当ツイートは削除済み)。「不快な広告を表示させなくする正しい課金方法かもしれませんね」「いいわぁこの流れ、最高」とユニークな手口を評価する声が寄せられました。逆手に取るとはまさにこのこと。

 プロモツイートそのもののインプレッションは1000程度だったそうですが、後から投稿した「ツイッターに金払ってプロモツイート流してみたんだけど誰か僕のツイート出てきた?」といった関連ツイートは7000回以上リツイートされるなど、今回の取り組みをきっかけにアカウント自体はかなり注目を浴びたようです。

 広告機能そのものの批判も広告に出せてしまえるのは、Twitterで個人ユーザーがさまざまな形の広告を編み出せる自由度の高さも示しています。機能の良し悪しを浮き彫りにする、ユニークなプロモツイートでした。

 なお9月の「わいせつな広告が増えた」という件については、個人のプロモツイートが不適切な場合、Twitter社が自動審査の後から広告主に変更をお願いしたり止めたりしています。広報部も「ユーザーが報告しやすいようUIを変更したり、報告を受けてから調査を迅速に行えるよう社内の仕組みを見直したりしている」と答えていたので、引き続きサービスの改善を待ち望みたいところです。

AD
pr1

 漫画家の横山了一さんがTwitterに投稿する「コミケの達人が戦国時代にタイムスリップする漫画」が第4話まで公開され、話題になっています。

【画像】武将BL本にときめく信長

 「コミケの達人が戦国時代にタイムスリップする漫画」はコミケのために生き、コミケのために死ぬ真の武士・今野武士29歳が雷に打たれ、戦国時代にタイムスリップしてしまうことから始まります。コミケで習得したスキルで数々の戦を乗り切っていきます。

 第1話では千を超える敵兵を見事にくぐり抜け、「小生は20万人が集まる戦場をくぐり抜けてきましたから」と見事な一言。戦の中でこまめな水分補給も欠かさないところがさすがコミケの達人といったところです。

 その後の話でもコミケで培った技術を生かし、秀吉の配下として大活躍していき、たまたま持っていた武将BL本を織田信長に認められる大出世まで果たします。

 ここで主人公となっている青年は横山さんが以前新宿でみたという、「超一流の素材を持ってるのにそれを全く活かす気がない青年」のようです。よく見ると高身長のイケメン。

 10月23日時点では第4話まで公開されていますが、この続きはいつ投稿するのか不明です。横山さんは他にもTwitterや、自身のブログ「きょうの横山家」でも漫画を投稿しています。トーチwebで連載中の「息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました」と併せてぜひチェックしてみてください。