ジャガイモンプロジェクト代表のブログ

ジャガイモンプロジェクト代表のブログです。


テーマ:
イレブンナイン さん の所属女性俳優さんによるユニット ギャルソンモンケ のお芝居を観るのは今回が2度目。

1度目は今年4月に実験公演として行われた、「 となりの花は棘 」

あれは本当に最高に面白いお芝居でした。


それまで私自身の中にほとんど無かった、「お芝居を観る」 「舞台を観る」 という文化や習慣。

そんなものを良い意味で根底から覆してくれたのが、「 となりの花は棘 」 でした。


当時のレポートはコチラから




あれ以来、というより、正確に言えばあれより以前からではありますが、イレブンナイン さん とは色々な御縁もあり、本当にありがたく、そしてまたたくさんのことを学ばせていただきながらの今日があります。


そんな中で今回は、今月25日から27日までの3日間3公演で行われた 「 乙女の祈り 」 を観劇させていただくことになりました。





場所は、新札幌・サンビアザ劇場。

13時30分の開場に向け、それより30分ほど早く会場前に行くと、すでに5人ほどの方が入場待ちの列を作っておられました。

私もそんな後ろに並び、開場の時間を待ちます。


外で待っている間、今回の舞台の演出を担当された、イレブンナインの 江田由紀浩 さん に改めてご挨拶させていただく時間を作ることができました。

また他にも、これまでの イレブンナイン さん とのお付き合いの中で色々とお世話になっている、明逸人 さん小島達子 さん菊地颯平 さん ともご挨拶やお話をさせていただくなど、まだ入場前にも関わらず私にとっては本当に有意義な時間を過ごすことができました。






13時30分開場。

事前に、「前の方で観た方が良い!」 という情報を得ていたため、前から2列目の真ん中の席をゲット。
入場時にいただいたフライヤーなどを見ながら時間を過ごします。



14時の開演前には舞台上に 明逸人 さん が登場。
更に、城田笑美 さん が登壇し、2人で楽しい掛け合いでの前説がありました。

すでにこの時点でかなり大笑いの連続。

素人の私が言うのもなんですが、ベテランの 明 さん は本当に流石だなぁと改めて感じましたし、若手の 城田 さん は本人にとって本当に素晴らしい環境に自分を置くことができているんだろうなと感じました。

北海道内でテレビ放送されている、HTB「平岸我楽多団」では先日も 明 さん が大活躍でしたが、こういうこと一つ一つって、経験にも裏打ちされることだとは思いますが、本当に本人の才能なんだろうなと改めて感じます。

本当に面白い前説でした。



会場が暗転。
ついに 「 乙女の祈り 」 本番がスタートです。

こちらは 澤田未来 さん上總真奈 さん廣瀬詩映莉 さん の3人がそれぞれ 舞台に出て来た途端にもうすでに笑える。

その恰好一つ、表情一つ、動き一つ、言葉のチョイス一つが本当に面白い。


約1時間30分の上演時間中、ずっとずっと笑っていたように思います。

普段の生活の中で、どんな機会でも、これだけの時間ずっと笑い続けていることってまずないことだと思います。
でも今回はこれだけの時間、時に声を出して、そして涙を流して心の底から笑っていました。


いい意味で本当にバカバカしい、それでいて3人のキャラクターが本当に愛おしい。

どこかの世界で現実にありそうな、それでもやっぱり無さそうな、そんな何とも言えないすごい空間が目の前に広がっていました。

作られた物語だからこそ必ず終わりがやってくる。
でもそんなことわかっていても、それでもやっぱりずっとずっと見ていたいような、そんな気持ちにさせてくれるお芝居でした。

どこが面白かったとか、何が楽しかったとか、どれが良かったとか、そんなことを言い出したらきっとここから1本の台本が出来てしまいそうです。

本当に全てが最高だった。
その一言に尽きると思います。


3人が3人ともそれぞれに実力があって、個性があって、そしてそこにたくさんの努力があるからこそこの空間が出来ているんだと思いますし、江田 さん の演出ももちろんですが、舞台装置、照明や音響、他にも会場でスタッフとして動く全ての人がいてこそこの舞台は出来ているんだと思います。

たくさんの人の気持ちがこもっているからこそ、そこにたくさんの努力や苦労があるからこそ、結果としてこれがたくさんの笑いにも繋がり、心に残るお芝居になっていくのだとも思います。

今回はまさに私自身の心にも思いっきり残った時間であり、体験でもありました。

この機会にこの場所にいられたこと、このお芝居を実際に体験できたことは私にとってはまた新しい宝物となりました。


お芝居の内容は終始とにかく笑えるもの。

でも、最後まで見た時、私の心の中には何かしらの感動に似たものがありました。
やっぱりお芝居って、演劇って本当に素晴らしい!

またそんな想いが改めて強くなりました。




終演後はまずアンケートを記入し、物販でステッカーも購入しつつ、改めてみなさんにご挨拶をさせていただきます。
ここでは今回のお芝居を演じたみなさんとも直接お話をさせていただくことができました。

特に 上總 さん 、廣瀬 さん とは、5月のアリスインプロジェクト公演の際には一緒にスタッフ側に回らせていただいたりもしており、何も演じていない普段の姿を拝見することもありました。
それだけに毎度何かを演じている姿を見るたびにその衝撃が大きいです。

きっとその衝撃の格差、大きさというのは彼女達の力なんだとも思いますし、そんな衝撃が私としてもクセになってきています。

実際今回のように舞台の上の彼女達を観る時もそうですが、テレビの番組やCMなどでその姿を見かけた時にも気になって仕方ない今日この頃です。


イレブンナイン さん の今年の公演はこれで全て終了だそうですが、間違いなく来年も、私はこんなみなさんが何かを演じる姿、活躍する姿を観に行くんだと思います。

そしてこんなみなさんの素晴らしさ、魅力、活躍を本当にたくさんの人に知って欲しいとも思っています。

私自身の活動を通じてもそうですが、様々な機会や方法を通じ、こんな現実があるんだということを、情報として広める一助を担えれば、ほんの小さな力になれればと思います。


今から1年前にはこんなこと、そしてこんな自分自身を想像すらしていませんでした。

1つの御縁から広がって導かれた今日というこの日、この瞬間、そしてこの経験、この感情。

本当に嬉しくもあり、楽しくもあり、ありがたくもあり、たくさんの人に感謝せずにはいられません。

楽しい日々は、これからもまだまだ続いていきそうです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

川崎 康 (ジャガイモンプロジェクト代表)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。