September 29, 2006

STAIRWAY TO THE DREAM③

テーマ:ベンチャー不動産流通企業社員のお仕事日記

でも、こと自分の場合は、 辞めるなんてありえない。



理由は2つ。




1つめは、簡単に言うと今までの自分を大事にしてるから。


銀魚やJAMっ子を始めとして、僕には本当に素晴らしいって思える仲間が多くて、


見栄っ張りな僕としてはなんとしても彼らにかっこつけたい。


例え一緒の時間を過ごすことがなくなったとしても


結果を出したり、成長したり、良い噂を聞いたり、自信を持って近況を語れる状態で再会したり、そうなればみんな喜んでくれるだろう。


高校や大学で培った思い出・信頼・連帯感・情・・・そういったものをいつまでも大事にしていきたいから、僕は腐らず、滞らず、あきらめない男でありたいと思うんよ。




2つめは、現在だけではなく、先を見ているから。



昔の日記で自分の義務・目的・夢について書いたこともあったけど

最近はかなり具体的になってきた。


今の仕事で成長を見せつけ 営業の仕事で結果を出し 1番を目指す。


ニッチ志向の自分が王道のやり方によって1番になる。

この経験が、人生において絶対貴重な財産になるだろうから。


でも、営業社員としての仕事はあくまで夢の過程。「ビジネスマン」であって「営業マン」でいるためにうちの会社に入ったんじゃない。更にその先がある。



こんな僕を見込んで目をかけてくださる方がいる。


その方の仕事に、20代はまるまる捧げたい。 同じ夢を追う。



その時、営業を経験したことで得た営業力やコミュニケーション能力なんかは勿論役立つし、


自分の元から備えていた特性・強みも存分に活かされるはず。



そしてそこでの仕事がうちの会社の大きな軸の一つとなり、会社はやると決めた目標を達成できるはず。



・・・ほんと、先の話だけど、そこを信じていれば、現在の状態は何も恐くないんよ。



失敗。ミス。馬鹿にされようが、笑われようが、怒られようが、 究極的にはどうでもいい。素直に受け入れて変わればいい。


腹を立てたり、自分をかばう必要なんてない。何故ならそれは自分で定めた夢とは関係のない、ただ本能でしちゃってるだけの感情だから。


変われば良いだけ。ただし、変わると決めたら、どんな強制力を自分に付与してでも、変わる。変える。


内面からの気づきで買われれば一番良いんだけどね。自分の場合はストレス耐性も強いし大丈夫だろう。無理して自分をいじめるって感覚で強制的に変わってみようっと。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
September 29, 2006

STAIRWAY TO THE DREAM②

テーマ:ベンチャー不動産流通企業社員のお仕事日記

不動産っていう印象悪い業界のベンチャーから人気業界においてトップを走る一流企業へとのし上がっていく事を目指して、

そしてその中で自己実現を果たしていくために、


半年前、45人の同期と一緒に入社した。



10人が辞めた。



みんな僕なんかより能力的にも人間的にも優秀で豊かな人たちだったのに。


(よくありがちだけど、騒ぎ立てて迷惑をかけたり、上司や会社のせいにしたりして辞める人は誰もいなかった。人間としての立派さが伺えるよね)


みんな「結果が出ないのが辛いから」とかそれっぽいこと言っていたみたいだけど


辞めた人たちは根本的なところで、現在の自分から変わりたくなかったんだと思う。


別にそれが良い悪い・正しい間違いじゃなしって話ではない。



日本一を目指す企業の一員として見た場合ウイークポイントとなる、それまでのどこかにあった緩さ・甘さ・頑固さ・ずるさ・・・


そういったものが原因で、(社長が「お前らまだ何も分からない子供なんだから仕方ない」って言うところだが)


仕事がなかなかうまくいかず、(なんだかんだ今までこれでやってきた、みたいなパターンが通じない、とかね)


過去の成功習慣と現在を比べるとあまりにも疲れてしまい、(学生生活は忙しい忙しいいいつつなんだかんだ飲みいったりできたけど、今は日々の睡眠時間確保すら大変、とかね)


一方でまだ残っている過去の自分の財産が、この日々の繰り返しの中でなくなってしまうことを恐れて、(趣味、友達、恋人・・・)



早めに手を打つって感じで辞めていく。


彼らに対して今の僕じゃあどうこう言える立場じゃないし、第一そんな評論家みたいなことをいう筋合いはない。



変わらずにいる決断をしたことのほうが、その人自身のストーリーを守っていく、っていう意味では、正解なんだろうな。



どっちが良い悪い・正しい間違いとかじゃなく。ここではそう思っておこう。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
September 29, 2006

STAIRWAY TO THE DREAM①

テーマ:ベンチャー不動産流通企業社員のお仕事日記
入社してはや半年

同期の営業社員はみんなきちんと契約していってるし

今月は決算期ということもあり社長自らが陣頭に立って指揮を執られ、その緊張感が良かったのか会社全体が盛り上がっている。


では自分自身は????



変わっていない。



営業部所属ながら全然営業活動を許されず、ひたすら雑用に生きる日々。


なぜか?結局、自分が変われていないからだ。


あんなに自分の弱さ・情けなさを思い知らされて変わろうと決心したのに、
まだどこかで自分をかばおうとする自分がいるせいで
成長のスピードは思っていたよりも遅い。



改めて宣言。



自分が今問題があるゆえに向き合って克服していかなきゃならないのはどこか。


それは一言でいうなら社会性


人との円滑なコミュニケーションを図り、謙虚に、しかし自信を持って行動する。人をなめた態度や言動・行動をしない。意識を必ず行動に現す。

深く、深く分かってるんだけどね。


変わるって難しいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。