こんにちは。さて、話の流れで、海外の語学学校と日


本の英会話スクールとの違いの話をしています。





この手の話になると、よく「英会話スクールに行くく


らいなら、語学留学する方が英語の上達が早く、効果


的だ」などと、日本の英会話スクールを批判的に言う


人がいます。私は、海外の語学学校に通うメリットは、


受講生が全員日本人ではないため、英語への必然性が


生まれ、たとえ日本人同士でも、照れなく普通に英語


を話そうという気持ちになれることだと思っているの


で、「英語の環境」に注目していることは共通してい


す。そういう意味では、その意見に反対ではないも


の、本質は国内か海外かではないと思うのです。そ


は、日本にいるより海外に行く方が英語が早く上達


るとは限らないと思うからです。





例えば、留学は留学でも、海外の大学・大学院で、ネ


イティブの学生と一緒に「英語で学ぶ」留学と、海外


の語学学校で「英語を学ぶ」のが目的のため、ネイテ


ィブの学生がいない語学留学とは全く違うという話を


しました。意外と思われるかもしれませんが、語学留


学生の場合、ホームスティでもしない限り、ネイティ


ブの人との接点がほとんどないのです。





よく著名人が「留学時代の友人で、現在アメリカの某


商社の取締役をやっている●●氏が・・・」などとい


う場合がありますが、この場合の「留学」は、海外の


大学・大学院への留学を指すことがほとんどです。ネ


イティブの学生と一緒に、実質同じ立場でキャンパス


ライフを送るわけですから、ありえる話です。





一方、語学留学の場合は、周りがみんな留学生で、少


なくともそこから付属の大学への編入でもしない限り、


ネイティブの学生と接する機会はありません。とはい


え、そこで知り合った、例えば中国や韓国、タイなど


のアジアの留学生と接点を持てれば話は違うかもしれ


ません。ただ、実際にはこれもまれなケースです。





れは、例えばアメリカに行く以上、アメリカ人と知


合いたいと思う心理が働くため、あまりアジアの留


生に目が行かないという面もあります。でもそれ以


に、日本人と他のアジアの留学生とは、目的が全く


う場合が多いからだと私は思います。

AD