138

テーマ:

2005-1127-1019.jpg


日曜日のこと。彼女の両親が家に来る事態になり、居場所のない僕は朝一で家を出ることにした。だって一体どの面下げて会えば良いのですか。「どうも。僕が娘さんと暮らしてます馬の骨です。ちなみに仕事はエロDVDの通販してます。」とか言えるわけがないじゃない。休みの日に朝早くから起きるなんて久しぶりだ。どうやって暇を潰そうか考えた。そうだ、朝マックしに行こう。マックなら温かいし、長時間居ても平気だ。ショルダーバッグに最近読み始めた松本裁判を入れてチャリでマックへ。するとどうだろう。席が1つも空いてねえ。お前らふざけんな。モーニングコーヒーなんてテメェの家ですりゃいーだろうがよ休日ぐらい。なんでこんな朝はやくからたむろしてんだよ。唯一空いてる席が店外って嫌がらせか。しかも日陰。ついでにチャリに周りを囲まれ、ちょっとした要塞と化してる。これじゃあまるでカサンドラじゃないか。あの席に座れるのはウイグル獄長だけだ。だから僕は座りません。しかし最近の年寄りときたらマックでお茶しやがんのか。別に縁側で茶でも良いじゃないか。まさかあれか。朝一のマックで出会いとか求めてんのか。もう公園のゲートボールは時代遅れなのか。出会いの形が進化したのだろうか。店員に「あちらのお婆さんにエッグマフィンを」とかやってんのかオイ。でもそこに落とし穴があることを爺さんは知らないのだ。エッグマフィンは単体で食べると非常にモサつく。若者ですら飲み物なしではキツイ。年寄りだと一歩間違えば掃除機を使うような大惨事になりかねない。わかっちゃいねえよ。何もわかっちゃいねえ。男ってやつぁよ。



そんなことはどうでもいいよ。席が空いてないって話だよ。マックはもはや年寄りの出会い系パーティー会場と化したので近くの公園に行った。日当たりのよいベンチにはまたもや年寄りが。クソッ。こいつらつねに俺の先を読んでやがる。流石人生の先輩。伊達に長く生きてない。僕が今通ってる道は、彼等が何十年も前に通った道なのだろう。日当たりがマシなベンチに座って朝マックしながら松本裁判を読んだ。ふとバンプオブチキンの曲が頭にうかぶ。「ベンチとコーヒー」



かたや僕はこのザマで情けなくてまいるなあ。格好つけて強がって言い訳臭い俺です。無駄に悟ったフリばっかりで知る努力もしません。



一時間くらいして彼女から親帰ったよーと電話がきたのでそそくさと帰りました。

AD

137

テーマ:
今日は勤労感謝の日で仕事は休みのはずだったんだけど、あえて自分から仕事をやらせて下さいと社長に頼み、3千本弱のDVDを仕分けしたりした。勤労感謝の日なのにすごく働きました。だから僕をみんなで褒めて下さい。褒め殺して下さい。
AD

136

テーマ:
お前ら!普段ワインなんか見向きもしない癖に急にボジョレーとか買ってんじゃねーよ!ちょっとTVで解禁みたいなこと言ってるからってすぐ流されやがって!レジ打つのめんどくせえ!けえれ!全員けえれ!包装だりい!
AD