1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月26日

NHK モーガン・フリーマン 時空を超えて「太陽のない世界 人類は生存可能か?」5/25放送

テーマ:科学・教養

太陽は、地球の受ける光をほぼ支えている。太陽なしで人類は生きられるのか?

 

ピーター・シュレイダー(天文学者)
太陽はあと50億年で水素を使い切り、次にはヘリウムによる反応に切り替わる。いずれ太陽は巨大化して水星、金星、そして地球も飲み込む。

 

グレッグ・ラフリン(天文学者)
地球を太陽から遠ざける方法。小惑星を地球に近づけて、スイングバイの原理で少しづつ太陽から遠ざける→重大なリスク。遠ざけるには数百万回行う必要があるが、コースを少しでも誤ると地球に衝突(元も子もない)。

 

クリス・マッケイ(天文界のインディ・ジョーンズ)
火星に温室効果ガスを定着させて移住する。パーフルオロカーボンを生成→100年で移住が可能になる。
ただし火星への移住は一時的な解決策。ヘリウムによる反応を経て太陽は最終的に白色矮星となる。

 

エド・モーゼス
水の核融合でエネルギーを創生→自ら太陽を作る。

他の星への輸送
小さなブラックホールを宇宙船に繋いで前進。

 

アンソニー・アギーレ
宇宙は繰り返し生まれるもの。インフレーションにより今も宇宙が生まれている。
新しい宇宙を作っても人類を運べない。
ワームホールを利用すれば可能→現在の地球文明はタイプ0.7の位置付けであり無理。
時空の構造の制御(負のエネルギーが必要)。


感想
例によって中途半端な技術番組。
太陽の寿命が有限である事、終末期には膨張する事などを捉えて、その方面の学者のアイデアを寄せ集める。
ただ、途中からブラックホール利用、ワームホールで人類を移送とか、だんだんと怪しくなって来る。

 

火星のテラフォーミングに関する論文(大学の卒論)
http://www.hino.meisei-u.ac.jp/phys/astrolab/stu/2012/Akiba.pdf

宇宙文明のタイプ
http://www.thedarars.com/archives/395

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月14日

NHK モーガン・フリーマン 時空を超えて「光の速度を破れるか?」 4/13放送

テーマ:科学・教養

番組紹介

 

人類は星を見上げて来た。宇宙は思ったより広い。
子供の頃のキャンプファイヤー。炎の光が一瞬で消え去る→なぜか。

ショー・キャロル。光の性質の研究。秒速30万km。この世に光より速いものはない。宇宙のあらゆるものと違う(興味深い)。

 

50km/hで走る車の前方にコーラの入ったカップを放る。カップは車の速度+アルファで前方に飛ぶ。光はこの法則には従わない。どの方向にも足したり引かれたりはしない。
アインシュタインの相対性理論 E=MC~2。時間と空間は一体。
ロケットは光速に近づくにつれ質量が増す。光速では質量は無限大となる→光速で動くのは不可能。これが宇宙というスケールを考えた時の足かせとなる。

 

ミゲル・アルクビエレ(物理学者)。ワープを提唱。空間に動いてもらう(空間を歪めて移動)。実現には負のエネルギーが必要。

 

スティーブ・ラモロー(ロスアラモス国立 研究所)
荒れた海に二隻の船を配し強い波を与えると、両者が引きあう。この原理を原子レベルで検証。15年の研究の末、二枚の電極の間の零点エネルギーが減少する事を証明。この時の負のエネルギーは微々たるもの(赤血球一個分の重さ)だがワープドライブが物理法則に叶う事を意味する。

 

ワームホール。宇宙の近道。未知の世界に飛び込む勇気も必要。
スティーブン・シュー。トンネルは安全なインフラ。
紙の上のアリ。紙の表面を歩いて裏面に行くには一回りする必要がある。穴があればあっという間。
三次元でのワームホール入り口はシャボン玉に見える。

 

ワームホールを人工的に作る。二つの入り口の一方を数光年先に遠ざける→巨大な負のエネルギーが必要。負のエネルギーは元々不安定。シャボン玉に指を入れるようなもの。

自然界にあるものを利用する。ビッグバンで出来た小さなワームホールがある(素粒子サイズ)。
空間の量子ゆらぎには落とし穴がある。量子力学は予測不能。どこに出るか判らない、時刻も不明。

 

最も安全な方法→一歩も動かない。私たちの体を情報に変換し光の速度で送る(テレポーテーション)。
ウォルムシェンクとモンロー。隔離された二つの原子が情報を共有出来る事を実証。数百個の原子でも出来る。人体は膨大→可能か。
チェリーパイをミキサーにかけてドロドロにする。分子構成は同じだが配列が異なる。今のところは非現実的。

 

光に関する理解が間違っていたとしたら?光の制限速度が修正される。
ジョン・ウエッブ。宇宙線をスペクトル分析し、光を発した星に特定の元素の有無を知る。
電磁気力の強さは光子が媒介する。掛けた光のバーコードで遠くの天体の様子が判る。

リチャード・ファインマン。
宇宙のガス雲を分析にかける。地球の南と北での観測結果が異なる。変化の原因→電磁気力が場所によって異なっている(光の性質そのものが変化)。
物理の方程式も変化し、根本から見直しが必要。

 

スーパーハイウエイ。
ジョアオ・マゲイジョ。宇宙の一様性問題。宇宙はどの方向にも均一に広がっている事の説明。
ビッグバンをパーティーに例える。同じワインが全員に配られている。初期(インフレーション前)は小さい→広くなる。最初が点であれば均一という説(インフレーション理論)。

 

マゲイジョは新理論を考えた。
制限速度を変える(光速変動理論)。ウェイトレスが光速以上で動いてワインを配った。光速が時間の経過で変化。

宇宙ひも。速い速度が今も残っている。長さ数十億光年。スーパーハイウエイ(地下鉄のようなもの)。
宇宙ひもに沿ってスーパーハイウエイを通す(まだ理論の段階)。
将来、物理の常識は今とは変わる。


感想
ワームホールと言えば「インターステラー」の解説で、現代の最新情報に忠実に描いたとかなんとか言ってたっけ。

 

ワープ、ワームホールと来て最終的に「宇宙ひも」によるスーパーハイウエイに話を持って行く。そうなると、テレポーテーションの話が、なんか異質。
まあ、何でもかんでもぶっ込む、このシリーズの「クセ」みたいなもんかな。

 

参考文献
光の速度は不変ではなかった?

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月13日

NHKスペシャル 見えない“貧困”~未来を奪われる子どもたち~ 2/12放送

テーマ:科学・教養

番組紹介
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170212

番組詳細
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/nhk/1009/1036211/


今、子供たちに広がる見えない貧困。
1/18に大阪で行われた実態調査(全市町村の小5生、中2生とその家庭5万世帯)。収入が中央値の半分以下の世帯(困窮度1)は12.3%(四人家族で年収244万相当)
調べたのは「剥奪指標」。200の質問より抽出。

 

指標の例(%)
                                困窮度1  標準世帯 
医療機関への受診が出来なかった         7.7    0.6
学校から帰っても親がいない         50.1    37.7
家族旅行が出来なかった           46.2   7.8
塾に通わせられなかった             35.7   3.6
誕生日、学校行事に参加出来ない    標準世帯の10倍以上
子供に新しい服等が買ってやれない   27.6   2.3
スマホがある                       61.5   27.6
ゲーム、TVがある                   標準世帯と同等
知識を深める「本」がない             29     16.8
運動用具がない                   28.3   19.1

 

スマホは困窮家庭の連絡手段として必須。ゲーム、TV等はあるので、表面上困窮度が把握し難い。

 

スタジオトーク
高橋みなみ:自分も母子家庭だったので、自分ながらに我慢を覚えてしまった。
           
東京都大田区での調査。小5生とその保護者を対象にしたもの(3500世帯)。

                               要支援世帯  標準世帯  
頑張っても報われると思わない        23.7      16.4
自分は価値がある人間と思えない    50

 

千葉県内の公立高校のアルバイト調査。アルバイトをしている生徒の55%が、進学費用の一部又は全部を自分で負担。奨学金を借りる生徒は二人に一人。
高3の真央さん。成績はトップクラス。父親は年金生活者。家のローン残があり母親はパート。奨学金を借りるため進路相談。だがその前に入学金78万が必要。教育ローンを借りる必要がある。真央さん:入るのは出来るけど「しんどい」。

教員:勉強に専念すべき時に、心苦しい。

 

スタジオトーク
子供の貧困の放置は進学率低下、非正規雇用増加を招き、40兆を超える損失。
高橋みなみ:世間や国は、目に見えるものは助けるが、声を上げられない人の救済が重要。子供が子供として生きる権利、親は親として生きる権利。それを守るのが国。

 

感想
今の子供たちが抱える問題を知って、本当に驚いた。
特にかわいそうなのは真央さん。定年後まで残る住宅ローンなんか組むのがそもそもダメ親。子供が建物の犠牲になっていいわけがない。
奨学金についても、国がやっている割に、返済の要求など、かなりえげつない事をやるとも聞いている。

 

それにしても高橋みなみ。AKB48のリーダーとして、かなり鼻についた時期もあり、トーク番組でのバカ過ぎるリアクションも、本当に嫌いだった。だが母子家庭の環境で、彼女なりに家のため、芸能界に飛び込んだのだろう。リーダーだった時の、あの迫力のバックボーンを見た気がした。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月12日

NHK モーガン・フリーマン 時空を超えて「重力は幻想なのか?」2/10放送

テーマ:科学・教養

番組紹介
http://www4.nhk.or.jp/P3452/x/2017-02-10/31/9886/1988015/

字幕起こし
http://kakiokoshi.hatenablog.com/entry/2017/02/11/021317


最先端の科学で重力の謎に迫る。
幼い頃の遊び。木の上から狙った場所に石を落とす。重力を疑わなかった。
重力は、宇宙における最も基本的な力。ナルギス・マヴァルヴァラ(天体物理学者)はそれを疑う。

ニュートンの説。質量が大きいほど、距離が近いほど互いの引力が大きくなる。その理由を明らかにしたのがアインシュタイン。

 

時間と空間は「時空」の織物に組み込まれている。質量を持つ物体が動くと、時空という織物にさざ波「重力波」か立つ。
重力波を観測する「LIGO」長さ4kmの直交する検出器。検出精度は原子の直径の1/100万。2002年から観測を開始したが、10年間成果がなかった。
2015年にLIGOは遂に重力波を検知。科学界の大きな反響を起こした。

物理学者は、重力の正体も素粒子だと考える。

 

ツヴィ・バーン(量子物理学者)。パターゴルフに例えて重力を考える。
光子(素粒子)をボール二つのモデル(グルーオン)としてあらわす。素粒子に加わる4つの力(①電磁気力 ②強い力 ③弱い力 ④重力子)が作用して原子核を構成している。
この中の重力子の働きを導き出すのは非常に困難。それを可能にする手法が「ユニタリ性メソッド」→パターゴルフに例えれば、道のりを細かく区切って進め、確実にホールへ入れる。
その結果、重力子の正体は、二つのグルーオンがペアになったものだと考えると説明がつく。
その説を採用すると、宇宙は「グルーオン」に満ち溢れ、物体同士でグルーオンのペアが交換される事で物体が近づいている事になる。

 

ドラガン・ハジュコヴィッチ(物理学者)。反物質の研究。
反物質こそが宇宙を膨張させている。宇宙を占める空間→量子真空。物質と反物質のペアが生成と消滅を繰り返す。見かけ上、重力はゼロ。
銀河は物質で出来ている。全体のバランスを考えれば、銀河と銀河の間には反物質の方が多く存在→斥力として引き離す。現在、ダークエネルギーによる重力の説明が多くの説として言われている。どちらがシンプルか?

 

ある大胆な説→重力が熱力学的に生じた現象。エリック・ヴェリンデ(物理学者)が提唱。
エントロピーと重力との深いつながり。質量を持つ物体が重力を感じるのは、宇宙がその物体の内部でエントロピー量を増大させているため。
重力の正体を突き止めるためには、強烈な重力が働く場所を調べる→ブラックホール。だが光さえ出る事が出来ない。どうやって観測するのか。

 

シェップ・ドールマン(天文学者)。ブラックホールの縁「事象の地平面」の周辺では光が曲がるため、ブラックホールの影が作り出される→その様子を観察する事で、重力の作用が判るかも知れない。
いくつもの天体望遠鏡を連携させ、ブラックホールを観測するシステム(国際共同研究プロジェクト)。


感想
リンゴを落としてすぐ認識出来る、自分たちにとって身近な「重力」。
それが、我々が思っているより、かなりやっかいなものだという事は良く判った。

 

ただ、このシリーズの悪い癖で、無理やり身近な例えを当てはめて、却って理解を妨げるようなところがある。

重力にまつわる最新研究を寄せ集めるのはいいが、全然消化不良のまま無理やりくっつける(PPAPみたいに)のは頂けない。

 

このシリーズも、結構当たり外れがある。テーマの咀嚼と見せ方へのアプローチが、チームによってかなり異なるのだろう。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月30日

NHK あさイチ あなたも危ない!? デジタル遺品 1/18放送

テーマ:科学・教養

番組詳報
https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170118/1.html

 

「あさイチ」は朝ドラとセットで録画して、時々観ている。
パソコンを使っていた人が突然死んだ場合、その遺品であるデジタル情報の取り扱いをどうすべきかという話。
番組の例では、交通事故で死んだご主人の遺産相続調査のため、パソコンを業者に頼んでパスワード解除してもらったところ、証券会社からのメールが多数あり、FX取引で1500万の損失が出ているのが判明。

また、ブログ放置によりコメント欄に不正URLを記入され、それをクリックした友人が不正請求を受けた例も。


自分が突然死ぬ事を認識している人は、ほとんど居ない。
だがそれはまさに「突然」起こる。

自分が死んだら、誰が自分のパソコン、スマホ等を見るだろうか、という事を意識して、あらかじめの備えをしておくのが大事。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。