1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月03日

スナックJUJU アリーナツアー2017  6/1開催(名古屋)

テーマ:音楽一般

アルバム「スナックJUJU」ダイジェスト

 

 

「ジュジュ苑スペシャル- スナックJUJU アリーナツアー 2017」 と銘打って現在コンサート活動中のJUJU。
一応、年1回はコンサートかミュージカルに行こうという「家庭内福利厚生」の一環として3月上旬にチケット購入。アリーナ席は取れずスタンド席だったが左側の下の方で、距離的にはかなりいい席。

 

さて当日。開場17:30に向けて、ほぼその時刻に日本ガイシホールに着いたが、地下の売店で軽くうどんを。
その後会場入り。全体にモヤがかかってあまりスッキリしない(理由は後で判明)。
開演の18:30になっても客がゾロゾロと入り続けて開演出来ない。一時間も前から開場してんだから時間守れよ!と言いたいところだが、会社休めない人はどうしても、やむを得ないか。

 

やや遅れてアナウンスが始まる。マスターの「山本」さんによるJUJUママの紹介。そしてJUJUママ登場。
黒いドレスの前がミニになっていて、歩くと脚がチラチラ見える。
ステージが明るくなるとモヤの印象は消え、スポットライトの光跡をハッキリさせるためのモヤだったと理解。

 

「ああ無情」「六本木心中」「飾りじゃないのよ涙は」の3曲を続けて歌った後にMC。自分が子供の頃は、よく親に連れられてスナックに行ったとか。
舞台の左右に大きなディスプレイがあって、JUJUのアップと曲の歌詞が出るので、カラオケスナックのノリで一緒に歌ってもオッケーとの事。
さすがMCはうまい。ただ、笑い声の下品さは地なのか演出なのか・・・

 

スナックと言えば昭和歌謡、という事で「シルエット・ロマンス」「二人でお酒を」。
そして景気良く「真夏の世の夢」。この時にステージ上にボワッ!と炎が出てびっくり。ガス量を厳密にコントロールして、途中で消滅する様にはなっているが、輻射熱が自分の頬にまで感じられ、やはり万一の事を考えた場合には避けるべき演出だろう。

 

歌が終わってから、松任谷由実についてのリスペクト。小さい頃から彼女の歌で育って来た。
次の曲は「影になって」。曲名が思い出せず、帰ってから歌詞の中の「ネガ」を見つけてこの曲と特定。

次は来生姉弟の「GOODBYE DAY」。これにはちょっとウルっと来た。次の「駅」にもけっこう動かされたが、この曲はパクりで作られたもの(詳しくはこちら)。

 

次いでMC。次は愛知県にゆかりのある人の歌を唄います、と言い「名古屋と言えば~?」と客席にマイクを向けると「手羽先~~」でずっこけ。そんなやりとりで次に出たのが「マツケン」。え?愛知出身だったっけと思ったが、後で調べ

たら豊橋市の出身。次回はマツケンサンバやりますわ、だって。

 

そんなこんなで愛知出身の歌手は「八神純子」。曲は「みずいろの雨」。ずいぶん久しぶりに聴いて新鮮だった。ちなみに昨日はあみんの「待つわ」だったとのこと。

 

続いて、スナックの定番といえば~?と再びマイクを客席に。そうしたらいきなり「デュエット~~」と正解が出てしまい、JUJU絶句。「すぐ終わっちゃうじゃん」とかぶつぶつ言いながらコーラスの女性とのかけあいでちょっと時間を稼ぎ、正解は「デュエットでーす」。
そしてお客さんと歌うと言って「唄いたい人~」と誘うと、挙手する人がちらほら。それらの人を立たせてジャンケン。

JUJUの出す手に負けたら座るという事。時間かかるからトイレタイムの人は行ってもいいよ、と言うと、思いのほか多くの人が動いてJUJUもびっくり。
10回足らずで最後の一人まで決まって、その女性を係員が確保し、いったんJUJUの持ち歌のメドレーに入る。

メドレーは「ラストシーン~この夜を止めてよ~ナツノハナ~やさしさで溢れるように」。

 

デュエット曲は「ロンリーチャップリン」。登場した女性は愛知から来た「みっちゃん」。だが話を聞いてみると「ロンリーチャップリン♪」という所しか歌えない。前代未聞ダ、とJUJUびっくり。彼女の言うには決戦で負けた人に他を唄ってほしいとか。そこで急きょその人をステージへ。少し大柄でメガネをかけた「みどり」さん(愛知)。
歌が始まると、このみどりさんがなかなかウマい。
そんなこんなでデュエットタイムが終了。

 

次は明菜の「DESIRE」。けっこうリキ入っていて、例の炎の演出も全開。
最後の曲としてはちあきなおみの「喝采」。

そしてJUJUママは深々とおじぎをして退場。バンドマンも退席。客席から拍手。

 

今までのコンサートの例だと、2~3分もすれば一定のリズムになって「アンコール!」の流れになって行く筈だったが、今日はいつまで経ってもその兆候は出ず、延々と普通の拍手が続いた。

 

5分以上拍手が続いてからマスターの声で「ママの出番は終わったのですが、JUJUさんが来てくれたようです」。

 

そしてレインボーカラーのミニワンピースを着たJUJUが登場。
メドレーで「PLAYBACK」「Believe believe」「What You Want 」

最後に演奏者たちの紹介を行って、皆をステージの前一列に並べ、手をつないで一斉におじぎ。
演奏者たちを去らせ、最後に残ったJUJUが少し話をしてからステージの左、中央、右に移動して手を振りステージ下手に去って行った。

 


感想
アリーナ席はほぼ満席、スタンド席も多分9割近くは埋まっており、さすがの集客力。
「スナックJUJU」という趣向はほぼ成功と言えるだろう。彼女自身、不遇の時代を経験しているからこそ、MCやっても堂々としていて、精神面の余裕がある。
その分リラックスしすぎてプロらしくない、ともいえる。ステージをスナックに見立てて楽しむという事と、プロの歌手の技を堪能するという事は、両立し難いということかも。

 

開演前にジャンジャン流されていた彼女の「Summertime」や「Take 5」などのJazzナンバーは一曲もやらず、やっぱ「昭和のスナック」でした。

 

 

セットリストまとめ

 

あゝ無情

六本木心中

飾りじゃないのよ涙は

シルエット・ロマンス

二人でお酒を

真夏の夜の夢

影になって

GOODBYE DAY

恋におちて

みずいろの雨

メドレー (ラストシーン~この夜を止めてよ~ナツノハナ~やさしさで溢れるように)

ロンリーチャップリン

DESIRE -情熱-

喝采


アンコール:

PLAYBACK

Believe believe

What You Want

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月09日

冨田勲さん死去

テーマ:音楽一般

訃報記事
http://www.asahi.com/articles/ASJ58019HJ57UCLV00T.html


我々の年代ではおなじみの人。84歳か、男の平均寿命よりは長かったけど、慢性心不全という病気にはあまり馴染みがない。
一番印象が深いのは以下の2曲。


新日本紀行
この、どうしようもなくしみじみとする感覚。
https://www.youtube.com/watch?v=ZBtdB2gt6YY


ジャングル大帝
TVアニメをリアルタイムで観た世代。アフリカの雄大さ。
https://www.youtube.com/watch?v=SbiOhnYmWVI

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月28日

復活LOVE パクり

テーマ:音楽一般

嵐の新曲を竹内まりや、山下達郎コンビが作ったという事で、最初は好意的に思っていた。
基本的に山下達郎については、さほど積極的ではないが、ファンである(ほぼ同年代)。

しかしこの曲、1回聴いてみて、サビのフレーズに来た時「をいをい、なんだこれは???」となってしまった。


ここで「復活LOVE」の曲を
https://www.youtube.com/watch?v=cfaDuUzGAAE


そして Deep Purple - Highway Star(ディープ・パープル/ハイウェイスター) 開始4分辺りからのギターソロ。
https://www.youtube.com/watch?v=_WFLUhSym80


リッチー・ブラックモアの、このフレーズは、ヘビメタのお手本とも言われるぐらい有名。あの山下達郎がこれ知らないわけないだろう。


Baby,don't you go! の小節だけならまだ「たまたま」と言い逃れるかも知れないが、Never leave me here の小節の「かなしみに くずれていく」の部分で「く、ずれていく」とタメる節回しまで、全く同じ。原曲を繰り返し聞いていると良く判る。


竹内まりやが「駅」の作曲でパクりをやっている のはこのBlogのトップでも紹介しているが、「あんたもか」というところで、ホント残念。


この世界で、海外のオールディーズを知り尽くした彼が、恥ずかしげもなくこういう事をやるとは。それも曲の中で一番大事な「サビ」のメロディーだぜ。
コメントがあるなら「Sunday Song Book」あたりで説明してもらいたいものだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年01月20日

SMAP問題

テーマ:音楽一般

マネージャー退社に伴う、超有名グループの解散騒ぎ。首相始め大臣が次々とコメント入れる軽薄さもさることながら「何でこうなるの?」という疑問が最初からあった。


ネットでちょこちょこ検索した限りでは、以下の「本件をグループ転職として考える」のが一番しっくり来た。

http://www.msn.com/ja-jp/news/money/smap%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%80%8d%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%9c%e3%81%86%e3%81%be%e3%81%8f%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%8b/ar-BBorvOv?ocid=DELLDHP


証券会社のトレーディング部門などではこんなケースが珍しくないと言う。
これを読むと、いくら自分たちを大きくしてくれたプロデューサーだとしても、基本的には事務所の社員。

聞くところによればジャニーズ事務所の年間売上は700億超だという。これは中堅製造業クラスであり、運営についてはある程度組織的に出来ていないと、とても40年近く回して行くことなど出来ない。

そんな中での幹部たちにおけるドメスティックな争いにはあきれるが、だからと言って組織から抜けて新たな組織に属するとなったら、相当周到な準備をするべきだった。


そういう意味で、まず抜ける事を表明する前に「円満に抜けることが出来るか」という最重要ポイントが放置されていた。Iプロデューサーが退社し、メンバーを連れて出るという図式自体がそもそも争いを含んでおり、とても「円満」などという状況にはなる筈がない。


木村拓哉が、どの時点で「残る」と言ったのかは知らないが、事業者としてはしごくノーマルな感覚だったと思う。
それにしても、40過ぎと言ったら普通の企業なら主任・課長クラス。部下を抱え、自部門の売上拡大、トラブル潰しなど様々な課題に直面し、切り抜ける「中間管理職」。自分のことぐらい「もっとしっかり考えろよ」。


芸能界の底の浅さを垣間見た数日間だった。



追加
キムタク批判で以下の様な記事がある。
http://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/%e3%80%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e3%81%ae%e7%94%b7%e3%80%8d%e2%86%92%e3%80%8c%e3%82%bb%e3%82%b3%e3%81%84%e8%a3%8f%e5%88%87%e3%82%8a%e8%80%85%e3%80%8d%e3%81%ab%ef%bc%81-%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%81%ae%e2%80%9c%e5%8f%a4%e3%81%84%e6%85%a3%e7%bf%92%e2%80%9d%e3%81%ab%e4%b9%97%e3%82%8b%e9%81%93%e3%82%92%e9%81%b8%e3%82%93%e3%81%a0%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%82%bf%e3%82%af%e3%81%ab%e5%a4%b1%e6%9c%9b%e3%81%ae%e5%a3%b0/ar-BBosUuS?ocid=DELLDHP#page=2


ファン心理としてはそう思う部分もあるだろう。だが、芸能記者が事業の何たるかも知らないで、無責任に書き放題をするのは害毒。
そもそも受け入れ事務所自身、ジャニーズ事務所と事を構えてでも「SMAPと心中してもいい」なんて考える筈がない。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年12月25日

クリスマスの約束 2015年

テーマ:音楽一般

この番組も今回で15回目。昨年 は今までの経緯を辿るヒストリー的なものであり、2014年版としては2曲ほどしかやらなかった。
一体今年はやるのだろうか?と思いながらもすっかり忘れていたところ、当日に新聞広告での告知。放送日は24日深夜。


場所は、横浜の赤レンガ倉庫内。


最初は全員で「TODAY」(The New Christy Minstrels)。

次は小田和正のソロで「なごり雪」。


HYのヴォーカル、仲宗根泉。沖縄ネタで少し笑いを取り、作曲についての話。普段明るい性格なので、このノリで悲しい曲を作るのはどうかと思い、次の曲は恋人と別れて作った(後に復活)。
曲は「366日」。
https://www.youtube.com/watch?v=Sm3oRBhnk-0


トライスラトップスの和田唱。父親はイラストレーターの和田誠、母親は料理家の平野レミ。このグループは曲知ってる程度で、そんなに評価していなかったが、小田の紹介で「マイケル・ジャクソンが産湯」というだけあって凄い。

Heal The World(マイケル・ジャクソン) / 和田唱・小田和正
https://www.youtube.com/watch?v=BWf-eARnf6U
The Girl Is Mine(マイケル・ジャクソン) / 和田唱・小田和正
https://www.youtube.com/watch?v=rHp0s2wKajw

Old Friends(サイモン&ガーファンクル) / 和田唱・小田和正
Bookends(サイモン&ガーファンクル) / 和田唱・小田和正
https://www.youtube.com/watch?v=Ul2hSba5pOs

The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)(サイモン&ガーファンクル) / 和田唱・小田和正
https://www.youtube.com/watch?v=kQbpyrRM1S4

恋するフォーチュンクッキー(AKB48) / 和田唱・小田和正
楽しい曲、という事で選んだが「告(こく)る」の歌詞にはまいったとのこと。


松たか子。ここでは常連。昨年ちょっとサポートで出た時は妊娠中だった。今子供は8ケ月。マネージャー、スタッフを除いて子供に一番会っている、と小田。
よりそって二人(ハイ・ファイ・セット) / 松たか子・和田唱・小田和正
https://www.youtube.com/watch?v=z4qienbDiVk


JUJU。こちらも常連。反戦歌を歌わせるのはかわいそう、とも思ったが、新たな面を引き出せた、と小田。
Cruel War(悲惨な戦争)(ピーター・ポール&マリー) / JUJU・和田唱・小田和正
https://www.youtube.com/watch?v=iwuMW2MYFBM


委員会バンド(スキマスイッチ・水野良樹・根本要・小田和正)
このメンバーで今年、コンサートツアーを行った。今回気がついたんだけど、キーボードの常田 真太郎(スキマスイッチ)、演奏の時「裸足」なのね。

Hello, Goodbye(ビートルズ) / 委員会バンド(スキマスイッチ・水野良樹・根本要・小田和正)
約束 / 委員会バンド
帰れない二人(作詞:井上陽水、忌野清志郎) / 委員会バンド
https://www.youtube.com/watch?v=0XNcjYwEjrg

トワイライト・アヴェニュー(スターダスト・レビュー) / 委員会バンド
https://www.youtube.com/watch?v=-XUw9V2SQEI
この曲は、売れてない時に根本が松田聖子に提供しようとして作った曲だとの事(今回初めて公表)。


How Deep Is Your Love(ビージーズ) / 全員
https://www.youtube.com/watch?v=bFR_VtmcMu0


きっと同じ / 小田和正
same moon / 全員


感想
昨年の流れから言って、もうやらないかも、と思っていたが、前回がまるでなかった様なフツーの流れ。
出演者も従来とほとんど同じであり(委員会バンドって何よ、マンネリ肯定か)、これで改めて定着されても、ちょっと物足りない。

そういう意味では「目玉」がなかった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。