1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009年12月03日

平山郁夫氏 死去

テーマ:絵の関係

うかつだった。気がついたのは今日の朝刊。


http://sankei.jp.msn.com/culture/arts/091202/art0912022042012-n1.htm


一級の日本画家として我が国を代表する人だった。
シルクロードを描いた一連のシリーズは特に有名。


ただ、自分としては彼のスケッチに非常に魅力を感じていた。
「月刊美術32(S58.1月)」で特集されていた「平山郁夫の中国・チベットスケッチ帖」は、毎日眺めてはそのタッチをまねたりしたこともある。


26年経った今でも、その特集ページだけは手元に残していた。
今回特に印象的なものを取上げて平山さんを偲びたい。

ご冥福をお祈りします。



北京飯店から
緻密な屋根の重なりが美しい。


You Can Fly-1


太極拳をやっているのだろうか。老人の、ある瞬間を見事に切り取っている。


You Can Fly-2


ポタラ宮、ポタラ宮の階段
線描と、ごくわずかに色鉛筆で彩色した簡潔さがすごい緊張感を持って迫って来る。階段のダイナミックさに圧倒される。


You Can Fly-3


You Can Fly-4


ポタラ宮内
こういう何気ないのがなかなか描けない。



You Can Fly-16b



小雁塔
塔の先端が空に吸い込まれる感じが好き。



You Can Fly-34b







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年10月26日

ヒマネタ①

テーマ:絵の関係

girl1



ワンパターンですが、何も見ないで描ける絵が

あると、なにかと便利です。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年10月20日

久しぶりに

テーマ:絵の関係

cr03



先日Cドライブを再インストールした時、Dドライブをあちこち覗いていたら、ストック分で保存してあった画像を見つけた。

ていねいに描いたものはもう打ち止めだが、この程度のものはそこそこ残っている。


女性の美しさというのは、どういうところから滲み出すのか。まあそんなに真剣に考えていたわけじゃないけど、女性を描いていると、次第に別世界に入り込んで行く感じが心地よい。

根っからのオンナ好きだってか・・・・・・(汗)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月11日

シチュエーション

テーマ:絵の関係

ry1


こういうシチュエーションって・・・・

まあいいか。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月10日

「明日のために その①」 お道具編

テーマ:絵の関係

do01


趣味で時々絵を描いています(最近サボってますが・・・)。

誰でも気軽に始められるんだけど、まず取っ掛かりがなかなかつかめないという事もたまに聞きます。

そこで今回、道具の準備についてご案内しましょう。



スケッチブック

do02

Campus Sketch Book 。サイズはF6が基本。これは約¥600です。

木炭画にはこれが一番でした。

パステル画は少し厚手のしっかりした紙がいい。

marumanの「ARTIST DRAWING」が、なかなか良かったです。


木炭

do03

画材店でごく普通に入手出来るものでOK。太いのはホルベイン。

細いのはWillow、これは良かった。
消しゴムは、練り消し(画材店にあり)又は食パン。


エンピツ類

do04

エンピツ、パステルペンシル。奥にあるのは練り消しゴム。
エンピツは2B~4B。

パステルペンシルは、細かい部分の仕上げに便利(特に白が役に立つ)。


コンテ

do05

ごくラフな構想を描くのに使います。

かなり強いので、描き直しはもちろん出来ません。

スケッチブックではもったいない(まあクロッキーノート相手かな)。


パステル

do06

これはCASTELL(ドイツ製)。72色。まあ、一度買えば一生もの。

種類としてはハードパステル(コンテパステルとも言われます)


NOUVEL CONTE PASTEL。サクラカラー製。
舶来製で気取るのもいいですが、数十年レベルで付き合う事を考えると、安定供給を第一に考えるべきかも・・・

この他にもアメリカ製のNUPASTELなんかもイイですが、色数が少ない。


ソフトパステル

GONDOLA SOFT PASTEL(日本製)が良く知られています。まず最初にこれを買って始めたのですが、コテコテした感じになり、あまり使わなかった。また、サイズが小さすぎて扱いにくく、最初からハードパステルに行く方がイイ様です。


オイルパステル

パステルを油で固めて粉が飛散しない様にしたもの。要するに「クレパス」のことです。ぺんてる製が良く知られています。クレパス、クレヨンを使いこなすのは、実はすごい技術が必要。


定着材

do08

フィクサチーフ(ホルベイン社)。木炭、パステル画等、粉が落ちるものの定着用に使います。
ただし吹きすぎると色合いが変化してしまうので、最小限に留めましょう。
テカるシール等のツヤ消しにも使えます。


クロッキーノート

do09

絵の構想、下描き等に使われます。

これはmaruman 製でA4サイズ:50枚が¥300ぐらい。


ガイドブック

do10

美術雑誌アトリエ1月号(通巻575号)
武蔵野美大の「油絵学科研究室」編。

絵は「単なる技術」ではない事を実感しました。


do11

美術雑誌アトリエ2月号(通巻636号)

デッサンの基礎知識を得るのに手頃なもの。

書店に行けばその他イロイロあるので、実際に手に取って好きなものを選んでください。
「手本はいらない」という人も好きです。


そんじゃ、がんばってネ♪



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。