私の備忘録(読書・映画・TV)

日々接した情報の保管場所として・・・・基本ネタバレです(陳謝)


テーマ:

羽衣編 初出:「COM」1971年10月号

 

芝居仕立ての進行。
遠州三保の浜。裸の女が松の木に薄衣をかける。
通り掛かった男がその衣を取って、売るために持ち去ろうとする。
女の声で、返して下さい、と懇願。男は姿を見せろというが、こんな姿では出られない。
男は別の着物を持って来る。初めて見る女の肌にうろたえる。
その隙に羽衣を取り返そうとする女だが、それを止める男。
空から来たという女に、勝手に天女だと思い込み、年貢を召し上げられるグチを話す。
そして、三年一緒に暮らしてくれたら衣を返すと言った。

 

男は、女を「おとき」と名付けて一緒に暮らし始めた。娘も生まれ、幸せな日々を送る男。娘が大きくなったら、いい男と結ばせると言うと、おときは結婚させない、と否定。
そろそろ三年の期限が近づいていた。ずっとここに居て欲しいと願う男。
おときの話では、彼女の国でも大きな戦があり山野も枯れ果てている。

そんな所に兵が来て、平将門反乱の鎮圧をするための兵として出仕せよとの命令。
無理やり連れて行かれるところに、おときが例の衣を差し出し、これと引き換えに亭主を見逃してくれと頼む。驚く男。

 

男:ズクは見逃してもらえたが、おときを心配する。
おときは千五百年の未来から来たという。未来のものを過去に持って来れば歴史が変わり、恐ろしい事になる。
ズクは、羽衣を取り返すために行ってしまった。

 

一年経ってもズクは戻って来なかった。
娘をあやしながら話すおとき。
千五百年の未来で大きな戦争があり、孤児だった彼女は収容所に入れられていた。その時に火のように燃えるふしぎな鳥を見た。鳥は好きな時代へ送ってあげると言われた。
ただし、昔の時代の歴史を決して変えてはいけないと約束した。
羽衣が人手に渡り、この娘も大きくなれば、未来人の産んだ子孫が出来てしまう事になる。
おときは娘を殺そうとするが、どうしても出来ない。
娘を連れ、かあさまの国に帰りましょう、と言って消えて行くおとき。

 

矢傷を受けながらも、羽衣を取り返して来たズク。
だがおときと娘は既にいない。
松の木のふもとに羽衣を埋めるズク。そして息絶える。

単行本 第8巻 第一刷 1983年

 


感想
芝居仕立てであり、一頁に横長のコマを四つ配し、各コマの右手に松の木、左手に家、というレイアウトのまま全てのコマを維持。その中で物語を進めて行く。
手塚にとっても実験的な試みだったのだろう。
話のベースは「羽衣伝説」。おときは1500年の未来から来た。手助けをしたのは火の鳥。
待っても帰らぬ亭主に、結局母娘は「かあさまの国に帰りましょう」と言って、どこに行ったのか?

 

初出の時は、生まれた子供が放射能による奇形で、それを嘆いて殺すという話だったようだが、単行本化される時に、全面的に手直しした様だ。
後半の暗転、スポットライト等、芝居の効果を楽しむような表現。

 

ヤシマさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。