漢方で痩せるのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

下記ダイエットに 効く薬草は ご参考のみです。中医学では 肥満の原因や体質により相応しい薬草と使用禁止の薬草はありますので、お使いの時に お医者さんにご相談ください。


大黄:潟下攻積・清熱潟火・解毒・活血化淤。【ご注意】脾蔵胃腸は弱い・虚寒性体質の人は避ける。
女贞子:滋補肝腎・コレストロールを取れなど。
山査子:消食化積・活血化淤・血管拡張など。
丹参:活血化淤・涼血・清目安神・血液中の脂肪を下げなど。
紅花:『本草網目』に 紅花の薬効が【血を活し、燥を潤し、痛を止め、腫を散じ、経を通ずる】と述べてある。婦人病薬として主に血行障害の治療・冷え性・更年期障害に応用されてある。
霊芝:免疫力アップ・血糖値の調整作用・血圧降下・血栓を防ぐ・高脂血症やB型肝炎の改善など。
鶏血藤:活血補血・舒筋痛絡・動脈硬化防止など。
金銀花:清熱解毒・抗菌消炎・血液中の脂肪を下げなど。
決明子:清肝明目・潤腸通便・血圧降下・抗菌など。
枸杞子:滋補肝腎・明目・潤肺など。
蓮っ葉(はすっぱ):鎮静止渇・血液中の脂肪を下げなど。
益母草:活血化淤・調経・利尿。月経不順・月経痛・産後の神経症・経前の腹痛など婦人科疾患に応用する。打撲傷や急性腎炎にも応用される。
菊花:疏風清熱・解毒・明目・血液中の脂肪を下げなど。
川芎:活血行氣、祛風止痛、氣血をめぐらせ、風邪による頭痛・関節痛など。
山豆根:清熱解毒・利咽喉・散腫止痛・多汗症など。
山茱蓃(さんしゅゆ):補益肝腎・収斂固渋・血液中の脂肪を下げ。
五霊脂:活血止痛・活血化淤・血液中の脂肪を下げ。      
牛膝:月経調整・活血・利尿・抗アレルギー。【ご注意】脾虚泄泻・夢精・月経過多・妊婦は避ける。
半夏:鎮嘔・鎮吐・鎮静・去痰・解毒など。
当帰:補血活血・活血化淤・血液中の脂肪を下げ。
赤勺:血管拡張・血量増加・血液中の脂肪を下げ。【ご注意】血は不足気味の人、妊婦は使用禁止。
苍術:血液中の糖分・脂肪を下げ
旱蓮草:清熱涼血・止血・滋养肝腎
茅根(ぼうこん):利尿・解熱・浄血・止血。
首烏:補肝益腎・養血祛風・痛便解毒・血液中の脂肪を下げ。
澤潟:高脂血症・糖尿病・脂肪肝・中風回復期に効果ある。
茵陈蒿:利胆・血圧降下・利尿など。
茺蔚子(じゅういし):活血調経・行血去瘀・去風熱・明目。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード