こんにちは

白髪爺です。

 

今日は荒川サイクリングロード(かもしれない)のその3 最終回

 

前回国道463号線の羽根倉橋まで左岸を通ってきて、

もうけっこう疲れてしまったので

羽根倉橋を渡って 右岸を一つ手前の秋ヶ瀬橋まで戻り

帰路につきます。

 

埼玉県は県庁のあるさいたま市と荒川を隔てて志木市がありますが

この荒川を超えて人の横移動は少なく

ほとんどの人は 東京都へ向かっての縦移動になる為、雰囲気が違います。

河川敷もさいたま市側は公園が多いのですが

志木市側はグランドは点在するものの総合的な公園にはなっておりません。

 

土手の上の道はこんな感じですが、

たまに速度制限の凹凸があり

おしりがいたいです。

ただ基本サイクリングには快適なみちです。

ロードバイクの人がシャーと抜いていきます。

 

秋ヶ瀬橋の近くには

水資源機構の秋ヶ瀬取水堰があります。

ここの

取水堰は夜見ると本当に水の勢いがすごいので怖いスポットです。

上流に向かって一番左の堰がいつも必ず開いていて

画像では伝わらないでしょうけど

滝のように水が流れてすいこまれそうです。

一応アップ

さて

けっこう疲れたので

ここから荒川を離れ帰宅することにします。

 

秋ヶ瀬橋の上に出ると

ぐるっとさいたまサイクルネットワーク構想の看板

 

へー。そんな構想あったんだ。

地元民でも知らないのだから

たぶん誰も知らないんだろーな。

 

結論 荒川サイクリングロードがどの道なのか結局よくわからないけど

とりあえず 荒川両岸ともサイクリング向けの道が多く

ロードの人がいっぱい走ってます。

 

注:自宅に帰ってから埼玉県の正式なマップをみたら

荒川自転車道というのがあって それは

北浦和出発 羽根倉橋上流から荒川沿いを森林公園までになっております。

ということは今回の道はあてはまらないわけです。

 

今度は機会があれば上流に行ってみたいとおもいます。

全走行距離 約34km 所要時間3時間半 平均時速10KM おそっ!!

 

 

 

 

AD
{D29BEF6B-42F0-4B39-8BB4-6D2EB1E21C55}


    高サイフです。
    ブリジストンなどで使われることのあるスマートコントロールブレーキ(上のやつ)、これについての小ネタを披露します。


    通常のキャリパーブレーキなどに対して制動力の高いブレーキです。
    同乗器(子供乗せ)付自転車によく使われています。


    ブレーキが効きにくくなってきた……
    そんな時、ブレーキシュー(パッド)が減っていれば交換、またはワイヤーなどの調整をしてしっかりブレーキできるようにします。


    ですが、このスマートコントロールブレーキについては、大してブレーキシューが減ってないからとワイヤーで調整しようとしてもうまくいかないことがあります。


{1906501B-4099-4244-BE22-AE0455C67DB8}


    これが、


{03B8DC7A-E816-4BB6-BAB8-9FEEC0437139}


    こんな状態になっている場合です。
    ブレーキレバーを最後まで握って撮影した写真ですが、問題は真ん中の黒い部品が邪魔になっていることです。
    そのせいでしっかりブレーキがかかるまでレバーを握り切ることができません。


{D6B698BD-E356-427B-AEDE-015D08943CA3}


    問題の黒い部品。
    正体はブレーキワイヤー部に泥がつかないようにするカバーです。
    初めの写真にも写っています。
    必要なパーツなので邪魔だからと取ってしまってはいけません。


    ではどうすべきか。
    あまり減っていないけれどブレーキシューを替えてしまうか。
    そうすれば解決しますが……もっとリーズナブルな方法もあります。


{8A6758B1-9098-453F-9E5E-F83EC63A4304}


    ワッシャーを使います。
    内径M6ならサイズは問いません。
    ただこの大きさが1番すっきりするとは思います。
    ヤサカなら100円ほどで売っています。


{408E8410-E913-418A-9919-0BE0DD96B2D0}


    元々この位置にワッシャーが入っています。
    ブレーキシュー、ブレーキ本体のアーム、ワッシャーの順番です。


    やる事はシューとアームの間にもさらにワッシャーを入れるだけ。


{BD30BDD9-22CB-4D6D-BC93-23F72D1B9C8A}


    こんな感じ。わかりづらいですが。


{4AA2FECA-53E1-47F6-B769-0EF5CD7BDC5B}


   完成。
   これで何が変わったかと言うと、ワッシャーが内側に追加された事により、ブレーキシューと車輪の距離が近くなりました。
   つまり、減った分のブレーキシューの厚みを補ったと言う事です。
   またしっかりブレーキが効くようになります。


    いかがだったでしょうか。
    かなり長い内容でしたが、これで失礼いたします。
    

    注意!
    この方法はスマートコントロールブレーキの為のものです。
    他のブレーキにはこの方法を使う必要がありません。
    また、一定以上摩耗したブレーキシューを使い続けると車輪を痛める場合もあります。
    早めの交換をおすすめします。


    
AD
おはようございます。




ヤサカ河辺店 Y氏 です。





11月に入り、今年もあと2ヶ月あまりですね。





クリスマスももうすぐです。





プレゼントに





{E20D35DA-74BC-409C-BA20-ACB6ABC04B46}






{3AB63BB9-4DE5-40E0-82F6-A6A702B4DDA1}





いかがでしょうか?





以上、ヤサカ河辺店 Y氏 でした。
AD