こんばんは!


今日、保険の確認で、日本生命のお姉さん!(と言っておこう!(笑))に出会ったら、


なんとー!!!


淳平君表紙の『ザ・テレビジョン』を貰いましたーー!!!


わぁー!!!やったーー!!!


めちゃくちゃ、ナイスタイミング!!p(^-^)q


淳平君表紙のザ・テレビジョンは、こちら!

日本生命版  ザ・テレビジョン
(5月28日~6月3月)





とーっても、素敵な淳平君の写真と、インタビューでした!!


今、放送中の、淳平君主演のBS時代劇『立花登 青春手控え』のインタビューが結構、たっぷり!でした!





淳平君のインタビューは、こんな感じ!

「勧善懲悪やコメディータッチな切り口の時代劇ではなく、どこかに心残りというか、切なさを感じさせるストーリーが多く、そこが藤沢作品の良さだと思います。

登は、救いを求めている人を放っておけず、さらに人を信じすぎる甘さもあって、もめ事に巻き込まれてしまうんですよね。

でも、その人としての甘さや青さも、登の人柄の良さにつながっていると思います。


「憧れの京都の撮影所でしたし、昔からアクション作品が好きだったので、骨や筋を傷めない限りは全力でやっていこうと思って取り組みました。

けれど、ちょっとした所作、乱れた着物を直すとか正座とかが意外と難しかったですね。

でも、昔の人は当たり前にやっていたことだし、それを自然に見せないといけないのが時代劇なので、そこはきちんとしたいと思いました。」


「居候先の小牧家では肩身の狭い登ですが、柔術の道場では友人の新谷弥助(高畑裕太)と一、二を争う腕前です。

小牧家での扱いや自分の未熟さへの鬱憤を、稽古にぶつけてるんじゃないかと僕は思っています(笑)。

刀対素手とはいっても、殺陣では段取りを踏むので怖くはないのですが、それでは画面に緊張感が出ないなと思い、とにかく全力でぶつかっていきました。

おかげで、撮影初日からセットを壊してしまいましたが(苦笑)」



となっています!!


今週の5月28日~6月3日掲載分のザ・テレビジョンなので、

ちょうど、今、もらえるとき!!


日本生命さんに保険加入されたりされてる方!

是非!声をかけて、もらってくださいね!!



AD