考える力が育つ子育て講座

『指示待ち人間には、育って欲しくない!』子どもの『やる気』を引き出し、自分の頭で考え行動する力が自然と育つ、コミュニケーション術


テーマ:
●これを読むと、『ゆとり教育』はある意味成功したのでは?と思ってしまいます。

こんにちは、前川です。

今日の記事は、ちょっと腹立たしく思う方もいらっしゃるかもしれません。

斎藤 貴男氏の機会不平等 (文春文庫)という本の中に、『ゆとり教育』を推進した三浦朱門・前教育課程審議会会長のこんな発言があります。



学力低下は予測し得る不安と言うか、覚悟しながら教課審をやっとりました。

いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本はどうにもならんということです。

つまり、できん者はできんままで結構。

戦後五十年、落ちこぼれの底辺を上げることにばかり注いできた労力を、できる者を限りなく伸ばすことに振り向ける。

百人に一人でもいい、やがて彼らが国を引っ張っていきます。

限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです。





これを読む限り、皮肉にも『ゆとり教育』は成功したのではないでしょうか。

三浦朱門氏は東大卒、ふとドラゴン桜の第1巻を思い出しました。

『社会のルールってやつはすべて頭のいいやつが作っている!そのルールは頭のいいやつに都合のいいように作られてるんだ!』



ただ、この番組の東大に対する捉え方や、勉強する理由については、?マークのつくところです。

ともあれ、学習塾の現場にいても、学力の二極化はひしひしと感じることは、事実です。

機会不平等 (文春文庫)/斎藤 貴男

¥670
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

考える力が育つ子育て講座:前川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。