何かに対して、やる気を出したい時、


本当に、プチッと押すスイッチがあったらいいと思いませんか?


でも、現実は、プチッと押すスイッチが物理的にはありません。



ただ、自分にとって、スイッチとなる行動って、

ありませんか?


私は、常々、不思議だなと思いながらも、あるんです!


些細な事ではありますが、


具体的には、


家の家事がたまっている時、

一番最初に食器洗いをすると、気持ちがノッてきて、

次々と家事がこなせるんです。


他には、夜にメイク落としてスキンケアしなくちゃと

思っているのに、疲れて眠い時、

歯磨きだけでもしようと取り掛かると、

自然とメイク落としもスキンケアもしたくなるんです。




しかも、このスイッチが効いたのが、1回や2回じゃなくて

何回も同じスイッチで、スイスイやる気を出せました!


自分にとっての、「やる気のスイッチ」となる行動を

探してみるのは、面白いかもしれません^^
AD
今年の初めの、家族の新年会で、

「私は今年はダイエットしません!」と宣言しました。


その理由は、「今までのやり方でうまくいかない場合は、逆をいくといい」

という話を聞いたからです。


でも、結果は、「やせる事はなかった」です。


ただうまくいかなかった原因は、

ダイエットではなく、健康のためにと言いながら、

具体的に何か行動を積み重ねたりはしていない、というところにあります。


当たり前じゃないか!?


と、思います。。。


ダイエットではなく健康に、と発想を変えたおかげで、

心理的プレッシャーから解放され、とっても気楽だったのは

よかったと言えばよかったですが。



同じ、何もしないなら、気楽な方がマシとも言えますが。



でも、この一か月、ダイエットしないという事自体は

ある意味、実行したので、

「行動しないと変わらない」という気づきを得ました(笑)


今日からは、健康に無駄な脂肪を落とすために、

効果の見込めそうな、しかも続けれそうな事を実行していこうと

思います!


何をやるかは、まだ決めていないので、

今日は、それを探す日にしてみます^^



AD
2010年、私は、山崎拓巳さんの「やる気のスイッチ実践セミナー」に出会いました。


当時、私は思春期の頃から引きずっていた、たくさんの不便を抱えていました。


◎ 電車に乗って人がいるのがつらい


◎ レストランに入って人がいるのがつらい


◎ 道で人とすれ違うのがつらい


◎ レジで店員さんとやりとりするのがつらい


などなど。。

どれもこれも、「人が自分に嫌な事を言っている感じがする」
        
「私はどうしたらいいのか分からない」「とにかくうまくいっていない感じがする」


と思っていました。


今思えば、余計な事を、考えすぎ、気にしすぎ、だなと思うんですが。



今では大好きな楽しみのレストランでの食事も、お買い物も、映画も、旅行も

つらくて、ちっとも楽しめませんでした。

むしろ苦しくて嫌な事でした。


でも、やる気のスイッチ実践セミナーに出会い、

繰り返し繰り返し、日本各地でのセミナーに参加するうちに、

だんだんに、電車に乗るのもつらくなくなり、

レストランに入って食事する事も少しずつ楽しめるようになりました。


そして、今では、お金さえあれば、一人で東京に行くのも、一人で東京のカフェで

長時間、読書するのも、大好きになりました(^^♪


やる気のスイッチのセミナーに参加した事で、

自分のつらい事ばかりにフォーカスしていた視点が変わって、

つらい事がだんだんに気にならなくなってきたんだと思います。


やる気のスイッチのおかげで、

以前、とてもつらかった事がつらくなくなった、

そんな日が来るなんて、思ってもみなかった!信じられない!

というくらいの喜びなんです。

当時の私からすると。。


やる気のスイッチとの出会いがなければ、

今も私は何でもない事がつらいままかもしれない。。と思います。


夢って、子供の頃は、キラキラ輝いているイメージでしたが、

自分のつらい事、苦しい事が解決したり解消したりする事も

十分「夢が叶った」って言えるんじゃないかなと思うようになりました。


これからは、今の自分の不便を引き続き解消・解決していくのと同時に、

誰かの不便を解消・解決していくお手伝いが出来る存在になりたいです^^
AD