野郎飯~適当レシピと旨い店〜

世界一不親切な美味しいレシピと、訪問したレストラン評など、野郎が美味いものについて書いてます。


テーマ:
野郎飯~yaro-meshi!~-DSC_0835.JPG

日本は、もともとは魚喰いの民族。
んでもね、水産白書 をざっと見てみるとさ、
魚食割合と肉食割合が逆転して、多勢は肉食になってんだな。

問題は・・・
【流通と価格】肉より魚は高価。
【手軽か否か】肉って、そこそこ手軽に手に入るけど、魚はそうでもない。
【調理→食べる】魚を捌けない!料理方法が?可食部少ない!片付けめんどくさい
っていう事があって・・・
【文化の分断】魚を食べるという事、魚についてのあれこれを次世代に繋げられない。
(知識も無いし、肉の方が楽でしょ?的なあれやこれや)

そりゃあ魚喰いの割合も減るわね。
これってね、日本人の在り方そのものにも大きく関わってきますからね、
魚食ってのは実は積極的に進めていかなきゃならん事だと思う訳です、わし。
これ関連だと、水産庁の上田勝彦氏 が、もの凄く活躍されてますね。

そんな中、こんな状況を打破していきたいという名古屋の魚屋の社長に、
東京で、魚のレクチャーをして頂きました。

言っても、魚は食いもんですから、
今回は、魚を食べ比べて、その違いを知る!という企画でして。
早速食べてみましょうか。


【ボタン海老の食べ比べ】
野郎飯~yaro-meshi!~-DSC_0836.JPG 野郎飯~yaro-meshi!~-DSC_0841.JPG

2つのボタン海老があります。
1つは、獲れてすぐに処理したボタン海老。
もう1つは、まだ生きてるボタン海老。

さて、どっちが旨い?
そりゃ、旨味で言えば獲れてさっさとシめた奴のが旨いわね。
旨味成分であるグリシンが死後に増えていくわけですから。
生きてるのをその場でしめてその場で食べるとね、身はブリッっとして食感は楽しい。
でもね、旨味はあんまないのだよ。
旨味をとるか、歯触りをとるかで、チョイスすりゃあいいんでない?っていう事でしょうね。
(どっちが価値があるかってのは、また別の話だし)

所謂、「魚の熟成」っていう観点で食べ比べしたのは・・・

野郎飯~yaro-meshi!~-DSC_0839.JPG 野郎飯~yaro-meshi!~-DSC_0840.JPG

絞めたばかりの縞鯵と、浜〆の縞鯵。

野郎飯~yaro-meshi!~-DSC_0842.JPG

槍烏賊。〆たばかりのやつと、熟成の進んだやつ。

野郎飯~yaro-meshi!~-DSC_0843.JPG

真鯵。〆たばかりの千葉産と、浜〆にした長崎産。
実は、この真鯵は千葉産の一本釣りモノ。
ガチで風評被害にあっていて、市場でも売れてません。
でもね、市場に入ってくるやつは、みんなしっかり検査されてっから、安全なんだよね。

さて、続いての食べ比べは、次の回にて。





zintomoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。