本やりcafe

体験教育
フロー教育
リテラシー教育の
実践と発信で、
みんながHappyで、
自分でTry-all
できる社会
を目指します。
http://mmp.holy.jp/index.html

「教えない教育」ファシリテーターの金井が、霧降高原での子どもプログラムの予告報告、
現在進行中の様々なプロジェクトの活動報告、日々の思いつき等を綴るブログです。

「その人が持っている能力を120%活用できる社会」、「みんながHappyで、一人ひとりがChallengeできる社会」を目指して、
「体験とリテラシーを繋げるコンテンツを創造し、家庭=親、学校=教員へ広く伝えていくこと」
を使命として、
「アドベンチャー教育、フロー教育、リテラシー教育の実践と発信」
を行っていきます。

FB  https://www.facebook.com/satoshi.kanai.3

NEW !
テーマ:

今年の冬育の発信は、これです!

 

image

 

もうすでにお手元に届いている方もいるかと思いますが、

チケット型チラシ「冬育気分」です!

「夏育気分」のような冊子型も考えたのですが、

いつも同じでは面白くない。

常に変化と挑戦。

ということで、

デザイナーの高橋さんと議論した結果、

チケット型チラシにしてみました。

当然、これだけでは情報が少ないので、

ここから、夏育・冬育movieに飛んでもらいます。

つまり、

夏育・冬育movieのチケットです。

 

image

 

そのmovieを無料公開!

(フツーにYouTubeで見れますが・・・)

 

 

 

いつもながら、

写真や動画を整理していると

その時のことが鮮明に思い出されて

無性にドキドキワクワクしてしまいます。

 

ちなみに・・・

チケットですので、何らかの特典を付けようと思いつき、

このブログで、随時、特典を発表していきます。

 

「冬育気分チケットの特典 第一弾」

12月23日のサンタdeラン(宇都宮オリオンスクエア)に出店している「おこげ食堂」に

このチケットをご持参いただくと

“ここでしか食べられないミネストローネスープ”を1杯無料で差し上げます。

 

image

 

 

冬育プログラムも絶賛募集中です。

「いついつ日光・冬」は、12月26日~30日です。

お申込は、

nikko@nots.gr.jp

までお願いします。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「きゃんぷ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

筑波大学付属小学校・初等教育研究会が発行している

『教育研究』という雑誌に記事を掲載していただきました。

 

image

 

「知識が「つながる」授業」という特集の中で、

学校の教員ではない視点で書かせていただきました。

と言っても、

書いていることは、

いつもブログで書いているようなこと。

つまり、

現場の生の視点です。

しかも、ちょっとヤバイ遊びの話…。

遊びのというアプローチから、

「自分に合った学び方を学ぶ」という提案です。

 

image

 

このような雑誌を読むと

次期学習指導要領の改訂に合わせて、

学校現場でも、学び方が変化しているように感じます。

 

 

掲載の機会を作ってくださった辻先生に感謝です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、11日。

月命日。

81回目の月命日。

 

東日本大震災から6年9か月。

 

死者 15,894人
行方不明 2,546人
震災関連死 3,591人
現在の避難生活者数79,310人

 

毎月11日14時46分は、

黙祷の時間にしています。

 

ある時は、レインボーパークの子ども達と

ある時は、雪プログラムの高校生と、

ある時は、車の中で一人で、

ある時は、おこげ食堂のメンバーと。

 

ボランティアのメンバーや

キャンプに参加してくれる子ども達の中には、

「黙祷の時間」というとすぐにわかるメンバ―や子どももいます。

 

あたりまえにあった日常が

あたりまえでなくなってしまったあの日。

だからこそ、

今のあたりまえの日常に感謝していきたい。

 

 

 

 

東日本大震災がきっかけで始まったプログラムが、

『いついつ日光』です、

あれから6年。

今年もやらせてもらいました。

これからもやります。

 

来る子どもも

かかわるスタッフも

変わり続けているけれど、

「名前の歌」と「チームアクション」と

「みんながHappy、自分でTry-All」は変わりません。

日本全体が混乱と疑心と不安に包まれた2011年。

福島県の子ども達を招いて始まったいついつ日光。

「みんながHappy」になれる遊びをたくさんたくさんやりました。

来る子どもほとんどが宇都宮からになりましたが、

それが今も続いています。

 

 

【いついつ日光・冬は、12月26日~30日です。】

いついつ日光は「やること」が決まっていません。
そのかわりに、「あり方」は決まっています。
例えば…...
「正しいより楽しい」であったり
「それっぽいことするな」であったり
「なければつくればいい」などです。
なので
「何かをやる」というよりかは、
「何かが起こる」という感じです。
つまり、
子ども達は、創造力を求められ、
大人達は、引き出す力が求められ、
保護者は、忍耐(?)を求められます。

そんなキャンプ、なかなかありません。

 

「いついつ日光・冬」

●日時 12月26日(火)~30日(土)
●集合 16:00  日光霧降校
●解散 15:30  日光霧降校 
   ※最終日の30日は12:00解散です。
●会場 日光霧降校 周辺 
●宿泊 コテージ泊
●会費 1泊10,000円×泊数
●対象 小学1年~中学3年
●申込 メールにて、①お名前 ②学年 ③ご住所 ④連絡先 ⑤参加期間をお知らせください。
    nikko@nots.gr.jp
後日、こちらから、案内をお送りいたします。

 


★いついつ日光冬の参加費の一部は
『サンタdeラン~子どもの貧困をなくそうチャリティーマラソン』に寄付されます。
詳しくはこちら→ https://ameblo.jp/yaritaikoto-project/entry-12325414305.html


★子どもの参加だけでなく、大人や学生のボランティアも募集しています。

 

冬育
学び方を学ぶ
フロー教育
いついつ日光
日光霧降
正しいより楽しい

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の石焼き料理がテーマの週末自然塾。
自然塾流石焼き料理のレシピはこんな感じでした。

 

まずは、石を探しに川へ。
「この石、パワーを感じる!」
なんて言いながら拾っていると
次々と水没っ子続出。
12月の川は相当凍れる。

拾った石を歩いて持ち帰る。
足は冷たく、石は重く、意思は固い?

image

キリフリ校に着いたら
チームを作り、
薪を集めて、焚き火を作り、石を焼く。

 

熱した石をシェラカップに入れると
ジュワッとなって豚汁が温まる。
せっかちっ子はなかなか温まらないから
ぬるい豚汁。

熱した石の上で
餅を焼き、
ウインナーを焼き、
ベーコンを焼き、
バナナを焼き、
りんごを焼き、
いもを焼く。

「今まで食べたベーコンの中で一番うまい!」
なんて言いながらパクパク食べる。
Best Delicious Of My Life!

 

食べる時の顔は、
ホントにいい顔してる。

 

 

オンラインアルバムを更新しました。

ご覧ください。

 

次回は、1月6日(土)~7日(日)

「トレジャーキャンプ」です。

★集合  日光霧降校 10:30    JR宇都宮駅 9:20

★解散  日光霧降校 11:45    JR宇都宮駅 12:45

 

日の出ハイクを予定いているため、早めの解散となります。

解散時間が通常と違います。お間違いのないようにお願いし致します。

 

持ち物

お弁当

スキーウエアなどの防寒着

スノーブーツおよび運動靴

スキー用グローブ、ニット帽、ネックウォーマー

ヘッドランプ(懐中電灯)、軍手

着替え一式

 

※雪があるかどうかは微妙なところです。

ここ数年は積雪はありません。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)