本やりcafe

体験教育
フロー教育
リテラシー教育の
実践と発信で、
みんながHappyで、
自分でTry-all
できる社会
を目指します。
http://mmp.holy.jp/index.html

「教えない教育」ファシリテーターの金井が、霧降高原での子どもプログラムの予告報告、
現在進行中の様々なプロジェクトの活動報告、日々の思いつき等を綴るブログです。

「その人が持っている能力を120%活用できる社会」、「みんながHappyで、一人ひとりがChallengeできる社会」を目指して、
「体験とリテラシーを繋げるコンテンツを創造し、家庭=親、学校=教員へ広く伝えていくこと」
を使命として、
「体験教育、フロー教育、リテラシー教育の実践と発信」
を行っていきます。

『学び方を学ぶプロジェクト』 http://mmp.holy.jp/

NEW !
テーマ:

「夏育のつづき?」

ご好評いただいた
「夏育のすすめ」の継続版を
面白いおかしく作成できないかと...
デザイナーの高橋さんと
「やりたいことミーティング」。
斬新、
参加型、
捨てられない、
メッセージが伝わる、
「夏育のつづきポスター」を考案中。

 

image

 

そこで、ご提案!

このポスター(A3サイズ)に使う写真を

キャンプに参加してくれた子ども達や保護者の皆さんから

大募集します。

写真はキャンプの時に撮った写真を

オンラインアルバムからダウンロードしていただきます。

子どもとともにキャンプの写真を見ながらい思い出話をしつつ

「この写真、いいよね!」という写真1枚を選んでいただき、

下記のアドレスまでお送りください。

nikko@nots.gr.jp

メールのタイトルは

「夏育のつづき」でお願いします。

 

どなたにお送りいただいた写真かは公表しません。

お子さんの写真でもスタッフの写真でも結構です。

ちなみに、このA3サイズのポスターは、

この夏参加してくれた子ども達へ発送する予定です。

更に言うと、このポスターも、描き込み型にします。

出来上がりはお愉しみということにしたいと思いますが、

今のところのイメージは、こんな感じです。

まだ第一案(写真や文章はサンプル)ですので、

これから大きく変化進化していきます。

 

 

夏の思い出だけに終わらせずに、

夏育のつづきを

オモシロオカシク、斬新に表現できたら考えております。

ぜひご協力ください。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「きゃんぷ」 の記事

テーマ:

自然体験と言ったら夏休み!

なのですが、

継続的に自然の中での体験を積み重ねることが

子ども達の成長にとっては重要です。

ということで、

9月以降の週末プログラムのご案内です。


「週末自然塾」

テーマ:リアル直接体験こそ可能性を引き出す!
冬コース
10月15日:「身体感覚を研ぎ澄ませ~忍者修行~」
11月19日:「ホントにやるの?~自然塾流滝修行~」
12月10日:「Only-Oneの灯を作り出す~芸術家修行~」
1月7日~8日:「バナナで釘が打てるのか?~冒険家修行~」

参加費

各回毎の申込の場合 日帰り:6,000円 宿泊14,000円

一括申し込みの場合 26,800円

宇都宮駅集合解散あり

FBページもあります。

↓↓↓

週末自然塾

 


『レインボーパーク』

テーマ:子どものやりたい!を後押し!

活動内容は特に決められたものはありません。

子ども達の「やりたい!」がスタートのフリーキャンプ。

9月18日(日)、10月16日(日)、

11月20日(日)、12月11日(日)、
1月9日(祝)、2月12日(日)

参加費

1回 3,000円 (昼食含む)

現地集合解散

 

image

 

週末自然塾とレインボーパークの違いはこちらの記事をご覧ください。

↓↓↓

http://ameblo.jp/yaritaikoto-project/entry-12140691512.html

 


『親子共育キャンプ』

テーマ:共通体験を通じて親子力UP!
10月30日:「初めての親子トレッキング」

参加費 大人5,000円 子ども4,000円 

1月14日~15日:「初めての親子スノーシューイング」
参加費 大人10,000円 子ども8,000円

 

image

 

申込・問合せはこちらへ

nikko@nots.gr.jp
 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、
都内に潜伏して、
不登校のお子さんのご両親と
個別相談のセッションでした。

キャンプとは違う頭の使い方をしつつ、
キャンプで子ども達から学んだことを
うまく伝えていきたいと思い、
「いついつ的には」を連発してしまった。

キーワードは、
発想の転換、
特別な時間、
遊びで改善、
ロールモデル、
行動原理は自分、
いいとこ取り、
自己選択自己決定、
そして、
「旅」。
{2E700C95-A467-4725-8032-E61EA5C8587C}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ママ向けのちょっとディープで

ちょっと変わった子育てワークショップ

『“今”を感じる子育て軸』 。

https://www.facebook.com/imakanpj/

 

今回のテーマは

「パートナーと私」編

です。

子どもを育てる上で、

パートナーとの関係は とっても大きな影響力を持っています。

Aという関係なら良い子育てができて、

Bという関係だと良い子育てができない。

という考えではなく、

Cという関係が今の私たちのスタイルで

これからDというスタイルに向かっていきたい!

という発想をしてみませんか?

普段は蓋をしているかもしれない

本当の自分の気持ちを「今感」しつつ、

パートナーとのチームビルディングをスタートさせましょう。

 

image

 

【内容】

①フリートーク

テーマに沿って自由奔放・支離滅裂に

それぞれが語りたいことを語ります。

その中でおおよその方向性を決めていきます。

 

②ワークⅠ(フリートークの内容によって決定)

・リレーションレベルのセルフチェック

・20年後のパートナーとのカタチ

・もう一度結婚するとしたら…

 

③今感タイム

今、感じていること、

今、起きていること、

に集中してみる。

 

④プチ講座

チームの成長法則における

4つのステージから見る

パートナーとの新しいカタチの作り方。

 

⑤ワークⅡ

・パートナーとのライフライン(過去・現在・未来)

・「私はこーゆー夫婦のカタチがいい!」宣言。

・アクションプラン

 

image

 

【進行】

金井聡 
(一社学び方を学ぶプロジェクト代表、マインドマップアドバンスプラクティショナー)
佐藤直子 
(産後セルフケアインストラクター、アンガ―マネジメント認定ファシリテーター)

 

【日程・会場】

平日子連れOK編  

9月6日(火)  10:00-13:00   @宇都宮市暮ら箱

 

週末単身編

9月10日(日) 10:00-13:00    @霧降校
※パートナーと来ていただき、

外でお子さんと遊んでもらっていても大丈夫です。

 

【参加費】

5,000円

 

【申込】

こちらからお願いします。

↓↓

今感申込フォーム

 

image

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いついつ日光がスタートした時から来てくれている

この二人も参加者としてで来れるのは今年度まで。

とっても成長し、大きくなりました。

image

 

初参加当時は、

震災の影響がまだまだ続く中での参加。

いろいろなストレスや不安の中での参加。

それからずっと来てくれています。

「こんなことやったよねー」とか

「あの時、めっちゃびっくりしたんだけど」

などと思い出話ができるのが心地よいです。

そんな二人も

来年には「ボランティア」として

参加してほしいですね。

「ボランティアってさー、お金は払わなくてていいんでしょっ」

はい、その通り!

「ボランティアってさー、パンツを間違わないように教えてあげればいいんでしょ」

はい、その通り!

「ボランティアってさー、来た人に水をかければいいんでしょ」

はい、その通り!

 

ボランティアの「やること」は

コトバで表現できますが、

「あり方」を

コトバで説明するのはとっても難しいことです。

でもこの二人なら肌で感じていたことを

しっかり表現してくれそうな気がします。

(期待したいというだけかな?)

 

海外からのゲストが着た時の話。

参加者の子どもがイタリアから来た女性と卓球を始めました。

と言っても、

卓球台はなくテーブルを二つくっつけてやります。

ネットもありません。ラケットも小さいサイズ。

そんなイレギュラーな環境で遊びます。

イタリアからの女性は日本語が少し話せるので

「どういうルール?どうすれば勝ち?」と聞くと

「いいの、いいの、ルールはどうでもいいの、いついつだから」

と参加者の子どもが説明してくれました。

これだなぁと思った瞬間です。

「楽しむ」が目的で、

「点数」や「勝ち負け」ではないんです。

この感覚が「あり方」に繋がってくると思います。

子ども達はわかってるんですね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏育・サマーキャンプが終わり、

霧降校のある日光市では、今日から学校が始まります。

学校が始めるのを楽しみにしている子もいれば、

そうではない子もいます。

 

気になる記事を見つけましたのでリンクを貼ります。

「平成25年までの42年間に

自殺した18歳以下の子どもは1万8000人余り。

亡くなった日別に見ると、

最も多いのが夏休み明けの9月1日で131人でした。」
 

NHK「新学期 子どもの自殺を防ぐ」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160823/k10010651351000.html

 

東京シュ―レ「学校に行くことは義務じゃない」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いついつマップ大公開。

 

1日の振り返りを

いついつマップで行っています。

写真を見ながら

どんなことをやったのか、

どんなことが起きたのかを

笑いながら確認して

一人一言ずつ記入していきます。

 

 

「8月17日:初日」

image

「8月18日:カワリンピック」

image

「8月19日:東照宮で逃走中」

image

「8月20日:いついつBar」

image

「8月21日:川しばりドラマ」

image

 

8月22日分はオールナイトだったので描きませんでした。

 

 

 

次回のいついつは、

冬休みです。

今のところ、

12月26日~30日を予定しております。

 

また、

週末の活動も絶賛募集中です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

http://ameblo.jp/yaritaikoto-project/entry-12190751741.html

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いついつ日光、解散しました。

 

お別れの会には、

昨夜のスペシャルゲスト達も駆けつけてくれました。

 

imageimageimage

image

 

最後の締めは打ち上げ花火!

image

 

 

来ていきなり水遊びが始まった

初日がとっても遠い記憶です。

あれから何回水をかぶったことでしょう。

この夏もいろいろなことをやり、

いろいろなことが起こりました。

ぜひ、このブログやオンラインアルバムの写真を

子ども達と一緒に見ていただきたいと思います。

 

参加してくれた子ども達、ありがとう。

よしき、さけぴー、りゅう、たいち、まこ、SOS、にしき、

かいと、あゆ、そうご、まさと、Bさん、たいき、かおり、

石川犬、はなすけ、こうだい、らいと、つっつー、あんこ、

らん、ゆうた、けんたろう、もえぴー、みかん、いろ、あゆす、

みらく、あとらす、ゆう、しゅう、さら、りな、りんか、

はるまる、くれは、そよちゃん

見守っていただいた保護者のみなさまにも感謝!

 

支えてくれたボランティアメンバーにも感謝!

もなか、おこげ、つな、ししゃも、ハッスル、

じーじ、うに、ぽてちん、たまごぱっく、うめぼし、

フライマン、のだめ、すーさん、もち、たいぞう、まんが

スペシャルゲストの皆さんにも感謝!

アナスタージャ、ギル、サラ、さくら、ともみ、レイナ、ゆき

 

そして、

たくさんの「忘れ物」、ごめんなさい。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いついつ最終日の朝です。

いわゆるオール組が数名、

目をギラギラさせながら

焚き火をしています。

その周りで毛布に包まりながら寝ている子や

椅子やハンモックで寝ている子もいます。

 

台風一過の快晴。

昨日の大雨の中での

「台風スライダー」が

すでに遠い昔のような気がします。。

それにしても

「台風の力」は凄いですね。

台風のおかげで学校や部活がお休みになり帰らなくてもよくなり

台風のおかげでテンションが上がり

台風のおかげでこんなに楽しいことができる。

普通のキャンプではあり得ないことです。

そして「いついつらしいこと」でもあります。

最初は5人くらいでした。

坂道にブルーシートを敷き始め、

何度か滑ってみて、

微調整をして、シートを増設をして、滑り方を工夫して。

そしたら予想を上回るほどのスピードで滑れて、

楽しくてたまらなくて。

すでに「フロー」に入っている状態。

しかし、ここで終わらないのが

「フローの力」です。

ゆるいリーダーシップを発揮する「彼」が

室内にいる子達を誘いに行くと

飛び出してくる子もいれば

傘をさして様子を見に来る子もいます。

そして数分後には

傘をさして様子を見ていた子達も

本能を抑えきれず、

傘を放り投げて、

服のまま雨の中を滑る。

いつの間にか

順番待ちができるくらいになっている。

だんだんと人が増えてくる。

そして、

みんなでびしょ濡れになりながら

ひたすら滑る。笑う。楽しい。

まさにチームで「フロー状態」。

こんな体験はなかなかできません。

なかなかやりません。

なかなかやらせません。

子ども達の心の底にある欲求によって起きた現象。

冷たい雨の中、

遊び尽くした後の「彼」の一言が心にしみます。

 

 

 

 

「下手すると今までの人生で一番楽しかったかも!」

 

 

 

 

 

「フロー」とは、

「夢中になって、我を忘れて、何かに取り組んでいる状態。」のことです。

その時、潜在能力をいかんなく発揮できるようになります。

スポーツでは「ゾーン」と呼ばれる状態です。

自由な環境の中で内発的動機に基づいて行動することにより、

その力を体験的に身につけていきます。

つまり「遊び尽くす」ことでフローを体験していきます。

詳しくは

『生きる力の強い子を育てる』天外伺郎著をぜひ!

 

「フローに入るひとつの条件として、...
何事も強制されることなく、
完全な自由な状態で、
自らの心の深いところから
こみ上げてくる欲求にしたがって
行動する必要がある。」

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)