べしょうのブログ

金物ライフ満喫中!!

金物マニア道具探しの旅~。

テーマ:

 

さて、組上がりました。

 

ここで、かけてみましたが。

 

残念ながらつきませんでした。

 

 

 

今回はあかんのか?

 

やはり、ピストン焼きついたらあかんのか?

 

と思ったので、ミスターメカドックに持ってく。

 

 

 

ヘイ!!メカドック!

 

圧縮はこれじゃあかん?

 

と見てもらうと。

 

 

これぐらいあれば、ガソリンは大丈夫。

 

という話でした。

 

ディーゼルはシビアやけど、ガソリンはプラグあるからそんなシビアな圧縮いらん。

 

とのこと。

 

 

それじゃあ、細かい所見ていきましょう。

 

燃料フィルタの交換。

 

 

 

スチールのフィルタを10個買ったので、こういう時に使っていきます。(笑)

 

なんぼでも、ありまっせ。

 

 

リードバルブ。

 

2mmぐらい開いてるからどうにかしましょう。

 

 

このバネは関係ありません。

 

こうしたら、締まるかと思ってましたが。

 

もちろん、締まりませんでした。(笑)

 

 

ひっぱって取れないわけだ。

 

ネジ切ってるとは。。

 

 

 

ネジザウルスを前日に買っていたので、取れたものの。

 

なければ、無理やったね。

 

 

下手したら、無理に引っ張って壊していたかも。

 

 

はい。

 

直りました。

 

リードバルブも細かい話していたら、ブログが長くなりすぎるので興味があるかたは検索してください。(笑)

 

そんな人いないか。

 

いまでも、バイクとかには採用されていたりするようです。

 

 

ガソリンが漏れてます。

 

 

ガソリンタンクに穴があります。

 

ここにタンクベントがあって、空気の調整をしていたはずですが。。

 

どっかいったようです。

 

 

とりあえず、スポンジつっこんでましたが。

 

自作しましょう。。

 

こんなんどこに売ってるか分かりませんし、売ってるのは1000円ぐらいするし。

 

着くの待つぐらいなら、造りましょう。

 

 

ちなみに、オイルブリ―ザともいうようです。

 

 

はい。

 

こんな感じ。

 

要するに、空気は入るけど、液体は中から出ていかない。

 

こんな感じにすればいいのです。

 

ガソリンホースに適切なネジを通す。

 

口で吸うと空気は通る

 

 

 

 

無理矢理つっこむ。

 

 

 

 

反対向けても、燃料は落ちません。

 

 

 

 

干渉も無し!!

 

合格!!

 

それでは、次。

 

 

恐ろしすぎて開けれなかったキャブの内部。

 

恐る恐る開けてみましょう。

 

何が怖いって。

 

ニードルのシーソーのピンが固定されているのが怖い。

 

 

パーツリストを眺めます。

 

これを頭にいれて、、、。

 

 

 

は、無理なので。

 

見ながら、、、ごー!

 

 

 

 

開きましたがな。

 

 

 

 

あけた瞬間。

 

グラディウスを思い出しました。

 

ハマりましたね~。

 

 

なんてそれはともかく。

 

 

 

 

 

とりあえず、今回は細い針金で一つ一つ穴を通していくというレベルの高そうな作業をしました。

 

これをやれば、必ず通ります。

 

 

 

一応ニードルとガスケットも交換。

 

綺麗なもんでしたが。

 

 

そして、最後にシリンダーに蓋。

 

液状ガスケットなんて便利なもの。

 

200円ぐらいで安いのですが。

 

5gという少なさ。

 

ネットで買ったので、少なさに驚きました。

 

 

このシリンダーに。

 

 

ぬりぬり。

 

足りるか不安でしたが。

 

 

使った?

 

って感じで残ってます。

 

 

濃厚に塗りすぎた感はありますが、こんな感じでいきましょう。

 

 

あとは順番に組んでいきます。

 

 

あの安もののエアフィルターも灯油で洗いました。

 

最後はコーヒーペーパーに通して終了。

 

 

今度こそ、宜しくお願いします。

 

 

 

 

また、出来ましたがな。

 

敗北を知りたい。(笑)

 

もっと難しいの無いかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

焼き付いたエンジン。

 

新キャラ、ミスターメカドックに相談すると。。。

 

エンジン内部のペーパー掛けを薦められる。

 

 

 

ちらっと中身を見て。。。

 

これぐらいなら、いけるんちゃうかな?

 

という診断。

 

開けて見て、爪がかかるとあかんで。

 

まずは開けてみたら?

 

 

てなわけで、開けてみます。

 

で、ここも変わったサイズ。

 

9mmより少しでかい。

 

9mmじゃ入らない。。。

 

9.3ぐらいの規格じゃないかと推測してますが。。。

 

 

 

家じゅうひっくり返して、ホームセンターにもネジ持って行って。

 

探しましたが。。。

 

一致したのはこれだけ。

 

うちの作業場にありました。

 

 

でも、割れてまんねん。

 

ぜんぜん、きかん。

 

でも、彼にやってもらわないと困るんです。

 

 

針金でアーティスティックに巻いてみました。(笑)。

 

そしたら、意外にもいけました。

 

 

パッカ~ン!!

 

 

ピストン。

 

意外に傷が少ない。

 

 

排気側に少し傷。

 

 

メカドックに言われたのは1000番のペーパーで磨け。

 

という指示。

 

 

磨きました。

 

ビフォア映像はありません。(笑)

 

 

実はシリンダー内部。

 

少し爪引っ掛かりました。

 

でも、古くてシリンダーの変えも無いし~。

 

 

で、ペーパーは300ぐらいでやらないと日が暮れる感じでしたので。

 

それぐらいからやって、番手を上げていきました。

 

 

さて、再び組んでいきましょうか。

 

てか、できるかな?

 

 

よく見たら。

 

水平対向エンジン?

 

対抗ではないか。

 

今でもこがるとかはこんな感じですね。

 

 

ピストンをシリンダーに入れるのは道具がいるとかききましたが。

 

すんなり入りました。

 

少し、隙間できてますからね。

 

 

とりあえず、組上がりました。

 

続く

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

また、入荷しました。

 

もうええで、って話もありますが。

 

せっかく写真撮ったので。。

 

 

 

HOMELITE SUPER 2 です。

 

バーの状態などを見ても、綺麗です。

 

倉庫の奥にありました。

 

燃料入れてもつきません。

 

ので、修理です。

 

 

トップにもリアにもアクセルがある秀逸な構造。

 

40年前と推測されるチェンソーです。

 

 

 

ほな分解していきます。

 

 

 

 

 

まず、最初の壁。

 

このネジ。

 

+ でも - でもトルクスでもない。

 

マイナスでいけそうなのに、底面がRになっていてかからない。

 

 

 

 

 

目立てヤスリで道をつくります。

 

 

 

 

 

 

これで、ようやく回りました。

 

 

 

 

 

 

オープン!

 

 

 

 

 

マフラーちょっと焼きついてます。

 

古いから。。。。

 

パーツもない。。。。

 

どないしましょ。。。

 

 

 

ちょっと、あとで相談します。

 

 

 

 

中身がごそっと出てきました。

 

 

 

 

 

まるごと出てきました。

 

 

 

 

 

すっきりですね。

 

 

 

 

キャブレターのエアクリーナーは簡単なスポンジが載ってました。

 

 

 

 

 

キャブレターはネットで検索して知ってましたよ。。。。

 

HDCでしょ。。

 

 

 

 

最近はネットで調べれば大概出てきますから。

 

パーツも入ります。

 

 

中はこんな感じ。

 

 

みたことない構造、

 

これはこれで面白い。

 

 

昔から、この構造なんですね。

 

 

キャブは終了。

 

しかし、つかない。

 

圧縮がない。。

 

ということで今度は。

 

エンジンの分解に入ります。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

鍔鑿を見っけた東寺にて、天然砥石発見。

 

この日はついてました。

 

もう、数年東寺に通ってる身としては。(気が向いたら行く程度ですが。)

 

天然砥石は初めて買いました。

 

 

購入の決め手はこの側面。

 

手鋸で挽いてる感じ?

 

まぁ、確信はないけど古い時代の天然砥石な気がします。

 

 

最近のは丸鋸でやるから、側面は丸い鋸跡が残りますよね。

 

 

 

 

というわけで、これは。

 

古い砥石ということでよいでしょうか?(笑)

 

 

 

かなり真ん中がへこんでたので、まっすぐするのに大変でした。

 

台も良い感じに造ってあって、最高です。

 

 

 

 

 

研いだ感じは?

 

 

なんて、野暮な質問は受け付けておりません。

 

 

 

なぜなら。。。。

 

 

 

まだ研いでないから。(笑)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

鋸研ぎ須藤鋸店に遊びにいったら、こんなんがありました。

 

これは10cmぐらいの代物ですね。

 

これを見て、前挽きの6寸できるのちゃうか?

 

と思ったので、須藤さんもとい、谷口聖兵衛さんにお願いしてみました。

 


 

できましたがな。

 

大きな鋸を使ってやってくれました。

 

 

 

植木屋は混んだ枝を落とすのには先端が細いほうが良いわけですが。。

 

これは全く違う。

 

まぁ、そんな混んだ枝ばっか切るわけではないですし。

 

鞄に2-3丁入ってますし。

 

鋸を楽しむには最高の鋸です。

 

 

こんな感じで使えます。

 

全く楽しみなものを作ってくれました。

 

 

鞘も作ってみました。

 

これで、仕事中ふらつけます。

 

 

最初はめっちゃ使いづらかったですが。。。

 

なれたら、結構使いやすい。

 

 

楽しく引ける鋸。

 

マニア心くすぐる鋸。

 

 

「遊び心」が鋸の世界にもやってきました。

 

 

 

この鋸についての問い合わせは須藤鋸店まで。
https://www.facebook.com/nokotogisudo/?ref=page_internal
https://nokotogisudo.therestaurant.jp/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。