グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:
今週末は横浜で認知症ケア学会

ぶ厚い抄録集が送られてきた。


「認知症の人に対する24時間巡回サービス」

「地域における夜間介護の現状」

「摂食・嚥下への支援」「口から食べると元気になる!」

「認知症の終末期における胃ろう栄養法」

「疾患別に診たBPSDの特徴とケア」

「新しい抗認知症薬」

などなどの講演やシンポジウムに、口頭発表が65、ポスター発表は32分科会で計248!


「地域包括ケア」のシンポでは、「エイジング・イン・プレイス」の松岡洋子さんも登場。


今年のテーマは「認知症の人の生活の質を高める」。


今まで「学会」というと、人物や人の生活が吹っ飛んで、妙にきれいな、仮説―実証、こんなにうまくいきました~という結論ありきの型におさめてしまうところに、違和感があったものの、今回はこのテーマ、本気で取り組む自負のもと、がんばって我慢して、自費で長時間の付添いをしているグレースケアの取り組みをまとめて、何とかポスター発表にこぎつけた。


タイトルは

「保険外の在宅サポート事業、長時間見守り・付添いケアとQOLの実現」


内容は下記のとおりです。
いちばん関わっているスタッフ白澤が発表します。

ポスター発表F、25日(日)第3エリア・G会場にて13:30ころ~
(抄録集320ページ)

学会に参加される方はぜひご注目を!

当日参加は1万円(会員・非会員とも)。

お値段に見合った学会なのかもぜひご注目を!


「保険外の在宅サポート事業、長時間見守り・付添いケアとQOLの実現」

【目的】 認知症の人の生活の質を本当に高めるためには、居住の場として住み慣れた自宅に勝るものはない。近隣の生活環境や馴染みの人間関係をできるだけそのまま継続させ、認知症の人のQOLを維持向上させるためにはどのような取り組みがありうるのか。保険外で全額自費の在宅サービス事業を通じ、その可能性について検討する。併せて、正当に評価されにくい長時間の「見守り」や「付添い」のケアについてそれらの専門性を明らかにする。

【方法】 週3日~5日、朝から日中、夕方にかけて1対1でT氏を見守り、随時付添う。ライフパターンをつかみながら、同行あるいは尾行、生活支援、一部介助など担いつつ、毎回の状況とT氏の様子の記録により、QOLの維持向上につながっているか具体的に検証する。

【結果】 21年7月から23年4月まで1年9ヶ月の間の支援の継続により、主に「見守り」や「付添い」をさりげなくかつ丁寧に、専門的に提供することにより、①妻の入所先への見舞いなど従来のライフスタイルの維持、②行方不明や転倒リスクの軽減、③新たな関心の引出しや活動への参加、④日常生活全般におけるきめ細かい自立、といった成果を上げることができた。

【考察】 以上のことから、認知症の方のQOLを上げるためには、在宅での生活を維持しながら保険外の自主事業で提供する1対1の長時間ケアが有効であり、認知症ケアにおいては、「付添い」「見守り」の内容と専門性を充分に評価していく必要があると考えられる。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
13日、武蔵野赤十字病院、山崎記念講堂でお話しました。

杏林と日赤で隔月で行われている「緩和ケアカンファレンス」の一環。

「医療的ケア」は痰の吸引、経管栄養など法的には医療行為として医師・看護師以外には認められないものの、実態としては介護職が担ってきているケアのこと。

08年の全国調査では、特養の夜間帯28.3%の施設で吸引を行っているが、看護師を配置しているのは2.6%のみ。1/4の施設では介護職が行ってきたということ。


「違法性の阻却」としてやむなく容認されてきた経緯や、来年度の法改正、研修と実施の要件など。

事例として、吸引と胃ろうの方で、ショートステイが見つからず、運よく見つかっても行くと機能が低下するために、家族が代わりに外泊して、グレースケアで夜間泊まりでケアを行っている方を紹介。


新しい法制度では、都道府県に登録した事業者に限り、

・認定特定行為従事者(2012年~)

・介護福祉士(2015年~)

が医療行為を行うことができるようになる。


夜の7時半からの集まりにも関わらず、

三鷹武蔵野地域の病院や訪問診療を行う医師、看護師、薬剤師、ケアマネ、ヘルパーなどがざっと100人。講堂いっぱいでした。

(他に、終末期の訪問リハビリ、在宅での胃ろう患者の状況などの報告ありました)


まとめの課題としては、

1.実態とまだ離れた曖昧な領域が残る
 ・褥創の手当てと湿布や軟膏塗布、清拭ケア
 ・摘便
 ・血糖値の測定、インシュリン注射など本人行為の介助
 ・専門職による院内の付添い

2.医療・看護との連携、研修体制の整備
 ・介護職が医療的ケアを行うことに対する医療職の温度差
 ・指導や連絡相談など、連携体制への消極性
 ・介護職自身のためらい、報酬の裏付けの乏しさ
 ・担い手の養成機関、実習先の不足

3.生活を支援する介護の専門性の確保
 ・医師の指示の下に入るのは初めて
 ・下働きではなく、医療を一部として生活全体を考える役割
 ・胃ろうに対して、口から再び食べる、または胃ろうにしない
 ・吸引の前に、座位をとり口腔湿らすなど自力喀痰の促し など
 ・愉しみや生きがい、家族のケアなどで'痛み’を緩和する

などが挙げられます。

参加者からは、訪問看護師さんがALS患者さんのケアで介護職に研修を行い協力している話や、ケアマネから、訪問看護を入れながら医療的ケアに取り組んでいる話などが出されました。

また、医師から、ありうべき連携体制についての質問ほか、家に本人の残った家族のレスパイトについて具体的な体制など聞かれました。

「緩和ケアカンファレンス」が地域で研修や医師・看護師・介護職の連携をつくる役割を果たしたらどうかとい提案も。

ほかのテーマも合わせて議論は夜10時近くまで。


ちょっと医療ニーズがあるだけで、施設利用が拒まれたり、病院しか行き場がなかったり、しかもすぐに退院を迫られたり。生活全部が一気に失われがちなのは、おかしい。

なんとか在宅で、痛みは緩和されながら、ある面気ままで少しでも愉しく誇りある暮らしを継続できるよう。

医療的ケアのスキル向上と体制づくりを急ぎたいと思います。

参加ご意見頂いた先生方みなさまありがとうございました。

$グレースケアのとんち介護教室


新しい制度について詳しくは、厚労省資料

事前にNPOさくら会、川口有美子さんにもお話伺い、感謝です!


逝かない身体―ALS的日常を生きる (シリーズケアをひらく)/川口 有美子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。