グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:
グレースケアも無事2期目を終え、3年目を迎えることができました。
これも皆様方の温かいご支援のおかげと、深く感謝いたします。

先週はスタッフとサポーターのミーティング。
09年度のまとめと10年度の展望を話し合いました。15名の参加。

ミーティングでは、初めて顔を合わせるメンバーもいて、グレースケアで現在関わっている仕事について互いに発表して振り返り、共有を図りました。

・うつ病・統合失調症の奥様へ、どこまで・どのようにサポートするか

・大学病院でがん末期の方に付き添い、本人の痛みや訴え、家族への対応の苦心

・パーキンソン病の方に、痰の吸引など医療的ケアと夜間の泊まりに入っての課題

・若年性の認知症の方、訪問を重ねて関わりができ、ジムに同行することができた経験

・引きこもりの知的障がいをもつ青年、状況打開にご家族へのアプローチの工夫

・介護保険の訪問リハから自費のリハビリに変え、ご指名で仕事を継続しているケース

などなど。

その他、第三者評価の利用者調査や企業のCSR調査、社会福祉法人の帳票見直し・実地指導対策のコンサルティングなど、ケアサービス以外の仕事についても改めてそれぞれ担当者から説明。

普段はどうしても、自分の関わる利用者のことしか見れない。複数人で一人の利用者に関わっている場合はもちろん、ほかのスタッフの動きやグレースケア全体の取り組みもわかっておきたい。

実際、要介護者本人以上に、ご家族の支援が必要な利用者のお話などは、まったく似たパターンがあって議論が熱を帯びました。‘愛情’深くエンパワメントを遮り、病んだ状態を強化してしまっている…

$グレースケアのとんち介護教室


続いて昨年度の運営状況を報告し、今後について話し合い。

2期目は、特に制度のすきまからケアサービス事業が拡大し、月の利用者はのべ30~40件から100件以上に伸びました。調査・コンサルティングと合わせた売上も1年目の400万円から800万円に倍増。三鷹ネットワーク大学から協働事業の助成を得た滞在型のグレースホームや医療的ケアなど、新たな試みも始めました。

反面、経理事務や労務管理のシステム化などが追いついておらず、運営基盤の強化が課題です。

今年度は、福祉医療機構からの助成を活かしながら、さらにヘルパー個々の特徴やキャラクターを伸ばして、在宅におけるあらゆるお困りごとやお愉しみごとに応えられる体制を作っていきたい。
また、介護専門職のグループとして、自他の研修研鑽の機会を増やしていきます。転職支援や雇用創出の取り組みも。

そのなかで、法人のミッションについて議論が白熱。
「上質なケアの不足と介護人材の不足に取り組み、将来に渡り安心の生活基盤を実現」
「あなたとわたし、誇りをもてる愉しい暮らし」

この「上質なケア」とはなにか、わかりにくいとの意見。
確かに、いわゆる高級感だったり、何でもやって差し上げますというものとは違う。

「均質で、よいも悪いもないものとは違い、個別のケアをプロとしてきちんと徹底する」
「表面的な要望に応えるだけではなく、本来のニーズを探り、試行しながらより根本的な成果につなげる」
「できる・できないを、制度や事業所の都合で線引きしない」
「コミュニケーションを密に、いろいろな方法を工夫する努力をする」
「ニーズに合わせる、というより、ニーズに寄り添う」
「介護をしてやっている、でもさせて頂く、でもない介護」
「快適さや満足度は人それぞれなので、決めつけないケア」

などなど。

結局そういうのをひっくるめて「上質なケア」なのだけど、喚起する意味も人それぞれ、あとは具体的な実践と試行錯誤のなかで、浮かび上がってくるものと思われます。

そもそも現状の仕組みが、ケア専門職の技能をフェアに評価していないのではないか、低い法定報酬で質の改善につながりにくく、よい人材も離れていく、結果報酬も上がらないという悪循環があり、それをひっくり返していくために、質をよりよくしていく、それに応じて仕事の評価も上げていくことが、団体の設立当初からの思いでした。

お客様にはご利用を、ケアスタッフには登録と仕事を通じて、「上質なケア」とそれを後押しするフェアな仕組みをさらに追求していきたく、3年目のグレースケアに引き続きご支援ご協力のほどよろしくお願いします。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。