グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:
私は目が悪い。がメガネをかけるので日常生活には困らない。
同じように、記憶力の低下を補うモノがあれば、認知症の記憶障害も緩和されないか?

渡辺謙は、映画『明日の記憶』でシステム手帳にポストイットを使っていたけれども、外で風に飛ばされていたし。もっと上手い方法はないでしょうか?

ということで武蔵野三鷹社会福祉士会で2月6日(土)、千葉労災病院の物忘れ外来・言語聴覚士の安田清さんを招いて講演会を行います。

ICレコーダーやループタイ式メモ手帳などなどご紹介くださるとのこと。

認知症の人に対する、行動障害に対するケアの工夫、とはまた違った視点での支援の方法を学べればと思います。

以下ご案内です。入場無料で申込みは不要です。
どうぞ、お越しください。



講演会「物忘れや認知症の方への記憶支援の実際」

講師:安田 清 氏
千葉労災病院リハビリ科・言語聴覚士(物忘れ外来担当)
京都工芸繊維大学総合プロセーシス研究センター 特任教授

日 時  2010年2月6日(土) 
     午後2時~4時 (1時30分~受付)
場 所  武蔵野市民文化会館(第一会議室)三鷹駅徒歩13分
参加費   無 料


安田氏は言語聴覚士として千葉労災病院にて脳卒中後などの失語症や嚥下障害の患者への評価や訓練に長年従事され、失語症の方が日常生活でより楽に意思伝達ができるよう研究やコミュニケーション機器の開発などに貢献されています。


また、「物忘れ外来」を担当され、本人や家族の立場に立ちながら、認知症の方への支援方法や用具の工夫や開発などにも専心されていらしゃいます。


認知症の理解は進んでいはますが、援助の具体的な方法についてはなかなか理解されていません。機器を使ったもの忘れや認知症への対処法~記録しやすい日記の形式、ICレコーダーによるスケジュール管理と会話録音、ループタイ式メモ手帳など、安田氏が工夫した器械の使用方法や実践例、ITを用いた最新支援技術などを紹介します。


ご本人、ご家族、リハビリや福祉関係者などのご参加も歓迎いた
します。お気軽にご参加ください。

主 催   三鷹武蔵野社会福祉士会
問い合わせ  
社会福祉法人武蔵野 ワークセンター大地 後藤明宏
電話0422-54-5112 
FAX0422-54-5218
メール gotat_will@ybb.ne.jp




応援クリックもお忘れなく… ⇒ 人気ブログランキングへ

記憶に残る感動のケア ⇒ NPO法人グレースケア機構

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。