グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:

グレースケアのスタッフが、みごと最優秀賞を受賞!じゃなくて自称!

シルバー新報・作文コンクール「伝えたい介護の楽しさ奥深さ」に参加しました。


以下、せっかくなのでご紹介します。

やっぱりケアの仕事っていいですよね。うふ。


「在宅ワンダーランドで夢心地」
NPO法人グレースケア機構 齊藤明美

ヘルパーを始めて十余年。いろいろな方とお付き合いさせて頂きました。いま介護のお仕事に人が集まらない、特に若い人に敬遠されているってことを残念に思っている一人として、本当はとても面白くてやりがいがあるんだよと伝えたい。

そこで私がいままで経験したことを綴ってみます。

 

まず、あのドキドキ感。独居の方を訪ねるときは、毎回緊張します。大丈夫かしら、ちゃんと家にいるかしら、転んでないかしら、そして何よりいつもと変わりないかしら? 玄関の扉を開けて、ご本人の顔を確認すると、いつもまずホッとします。


いままで予想外の出迎えにビックリしたこと数知れず。

夜間の巡回をしていたとき。夜中の1時に行くと、ご本人が玄関と居間の間で倒れています。奥の部屋はタンスが荒らされたように服が散乱、うゎこれは一体なに? 強盗?


よくみると靴を履いて寝巻きを着替えてる…。やおら起き上がって本人曰く「デイに行く仕度ができましたっ」。えぇ!? 「あら~、草木も眠る丑三つ時、夜中だよ。」と言うと、「あら~」、結局2人で大爆笑。



また、昼間行ったらうつぶせで玄関に倒れていたことも。ご主人を送り出してドアを閉めた途端、転び、起き上がれなかったとのこと。およそ半日間そのまんま。うゎ苦しかったでしょう!と慌てて抱え起こすも、本人は意外と淡々と「またやっちゃいました」って。…強い。


ほかのヘルパーの女の子は、扉を開けたら煙がモウモウ、慌てて名前を叫ぶとおじいさん「お~、なんか見えないの~」と呑気。鍋がくすぶり消防車もかけつける騒ぎながら本人「わしゃどこも悪くない」。その子の方は「煙モロ吸い込んで苦しかった」と半泣き。やっぱり強い!!


ドキドキの次は、やっぱりトキメキ。いろんな人生を背負った方々との出会いには胸が躍ります。



107歳のおばあさん。とにかく元気。もう周りのことなんて気にしない。身体も大きい方で介護も一苦労。池の周りを車イスをふうふう言いながら押し、ちょっと休ませてと池の手すりにすわったら「あ~危ないよ!」。


あ、やっぱり私のこと心配してくれてるんだと嬉しく思ったら「あんたが落ちたら、あたしゃどうやって帰ったらいいんだい!」。


リウマチで10数年、神経質と評判でヘルパー泣かせのおばあさん。昔は都内でスポーツカーを乗り回していたとか。食べ物は生協のこれ、着る物はそれってこだわりとプライドをしっかりもっておられた。


当時、その日の気分で外出して買い物やご飯を食べたりしていたから、私は今日はどこへ行ってどうするのかな、あそこの土手なら今頃桜がきれいだし、あの店は車イスで行けるし…と思い巡らすのが楽しかった。


ある日、訪問するとどこか様子がおかしい。熱はないけど、すぐウトウトしてしまう。直感でしかないのだけど、家族に連絡し病院へ行ってもらうと、腸が破けていて命に関わるところでした。


息子さんの説得で人工肛門にしたところ、医者や看護師とは一切口もきかなかったそう。本人の生きざまのこだわりからは、絶対に許せないことだったのでしょう。私があのとき気がつかなければ、そのまま逝けたかもしれない、それがその人らしい生き方だったかもしれません。


本人に聞かないと一生悔いると思って、私はお見舞いに行きました。顔を見たら「ありがとう」って。どっと涙が出ました。私が騒がなきゃよかったねって聞いたら「そんなことない」と答えてくれました。そのお陰で救われました。


今でも時々思い出します。「ほら、あの枝折ってらっしゃいよ!」「届かないって」と、レストランや桜の花の下で楽しく喋ったことを…。


最後に96歳のおじいちゃん。元発明家。ターミナルに入っていたある日、下痢で本人初めて便失禁をし、後始末できずに混乱。そのあと精神的に落ち込んで、飲み食いを一切しなくなりました。


しばらくして、家族から連絡があって、夜仕事が終わってから行きました。尿瓶を使おうとしているので手伝ったら、家族はさーっと隣の部屋に行って、みんな泣いていました。


それまで絶対人にさせなかったのに、世話を頼んだということはもうダメだって思ったらしいのです。そして本当に、その夜中に息を引き取りました。自分で選んだ死だったのでしょうか。後にも先にも、おじいちゃんが尿の介助を頼んだはその1回だけ。だから私はその後、家族からはおじいちゃんの「最後の女」って言われています。


出会いには別れがつきもの、そしてその別れは本当に永遠の別れになってしまいます。通っていたお宅もやがて建物ごと無くなっていきます。寂しく切ないこともありますが、人の生き死に関わる仕事。制度とかは本当はちっぽけな話で、どうしたらより深く、そして最期のひとときをその人らしくまっとうできるのか、生きざまがいろいろなことを教えてくれます。


これからもいっぱいドキドキしたりトキメキたい。目指せ最後の女!



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

「伝えたい 介護の楽しさ 奥深さ」

シルバー新報 の20周年企画、作文コンクールの結果が発表された。


最優秀賞は福岡綾さん(24)『老いを想像する楽しさ』。

優秀賞は、湯浅しおりさん(41)『コムスンに感謝』、栗山恵久子さん(59)『50歳からの挑戦』。


応募281通から絞られた11の最優秀賞候補作品 はネット上でも読むことができる。


「介護の仕事は終わりがない。それは、多分、自分がどう生きていくか、どういう生き方をしているかを問いかけられる仕事であるからだろう」


「私は今の仕事や職場、仲間が好きだ。毎日、発見や笑いや(時々苛立ちも?)に満ち満ちていて、とても人らしい日々が過ごせるから」


「毎日、毎日、利用者様ごとに《物語》があるのだ。大切な人生の1ページの中に少なくとも関われていることに誇りを持ちたい」


「最期まで。限界まで。お別れの時が明日、ふいに来てしまっても、決して後悔する事のないように。魂のケアが静かに行われていく」


それぞれ、介護の魅力をいきいきと伝えている。

長い人生とその終わりに関わる重さ、認知症の方から気づかされる人の力、性別や年齢で差別されない仕事。

そして面白い。やっぱり、この仕事を続けていてよかったーと再確認。


ただ…


「たとえどんなに安月給だったとしても、仕事に対する誇りの面では、どんなセレブにも負けない気がする」


「お金にはかえられない大切なものだと気づかせてくれるこの仕事を私はこれからも続けて行くだろう」


私も確かに、そんな誇りと矜持はある。ただ違うのは、思いっ切りやせ我慢ということだ。

だから、介護の仕事は安くていいとか、善意ややりがいばかり期待されたら、ちょっと違うと思う。


作文中にもあるように、対人サービスのなかでも、「お客様」への直接的・表面的な接遇だけではなく、人生や家族や地域や尊厳や権利や自立や身体や疾病や障害や怒りや笑いや涙やなんやかや含めての、まるごとのサービスになるわけで、仕事に求められるスキルの面では、どんなセレブにも負けない気がする。本当は。


そんな大切なものをフェアな報酬にかえていかないと、この仕事を続けていけなくなるだろう。

現場の人材不足がそれを現している。


で、若い人をはじめ、ただただキツイのにお金が安い、みたいな印象で、介護の仕事を避けられるのは悔しい。

多くを先人に学び、いろいろなスキルを身につけ、育てられる仕事。

あわせて職能(ケア専門職)や業界の社会的な評価も、いっしょにこれから育てていく仕事。


さあいっしょに働きましょう、続けましょう!


いまひとつ、自信がもてない方!

特別に、今回の作文コンクールで惜しくも選外に選ばれた私たちNPOの女性メンバーの作品を転載します。


最優秀賞10万円は逃しましたが、優秀賞も逃しましたが、候補も逃しましたが、…あれ?

それでもめげずに、自信をもってここで発表! (このように自信をもつことってカンタン。違うか)


賞なんて関係ないですよ、副賞もわずかでしょ? 全然くやしくないですよ…。愉しく働けるのがなによりの賞です。現場で働く一人ひとりが一等賞だよ! 


て思いっきりやせ我慢してどうする。


タイトルは、『めざせ最後の女』。


つづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先月は7回、今月は4回の夜のおつとめ。


NPOで事業をはじめながら、グループホームでも非常勤ケアマネジャーで残っているから、つい人がいない、急に休んだなどの時など夜勤にもハイってしまう。


シフトの業務、まして人不足の職場だと、病気や事故、心身の不調や疲労、家庭の事情など、仕事に来れない事態が起きても、無理をしがちだったりする。特に責任感の強い人。リーダーや管理者。で、休めないことがまたストレスになって追い込まれたり。フォローにまわりすぎたり。


いざというときに代わりに入れる人を複数確保しておくことって大事。シフトの前後の調整や、他のフロアやユニットとの調整や、人を減らして手を抜ける業務の調整、などの手を尽くしつつ、ほかに緊急要員が確保できるとなお安心。

もっとも、いまはただでさえ人がいない。下手にゆとりがあると、あっ、そのスキにいい人が逃げ出そうとしている!!! その退職届待った! 私が先! ちがうでしょう…。 


私はシフトの埋め合わせでホーム運営と職員のセーフティネットになっていると自負しているが、NPOの仕事だけでは食えない私には、逆に助かるアルバイトになってたりする。あれ、これ実は私のセーフティネットってこと?


久しぶりに入ったユニットでは、以前は何とか夜間も歩行器で歩いていた上川さん(仮名)が、身体が前に丸まってしまい力が出ずに車イスで介助。で、夜中よくご家族の名前やスタッフを繰り返し呼ばれたものだが、その訴えにも力がない。行くと「まったく気がきかないねっ~」とかキツク言われず、「夜中によく起きれたね」と礼まで言われる始末。調子がちがう。


朝には気弱にも「私のお母さんはどこ?」。
「う~んどこでしょうね…」。
「ねぇ!本当のお母さんはどこ?」。複雑な家庭らしい。
ご自身も明治の生まれなので、お母様は恐らくもういない。
年齢的に一番近そうなのはエドナ・バーカーさん(世界最高齢115歳)だが、米国人なのでたぶん違うだろう。


私はうんうんと曖昧にうなずき返していたら(お約束の受容)、別のスタッフ「ここにはいないわよ!(この世には)」と言い切った上、いま上川さんいくつ? と聞きにくいことをズバリ聞く。


「じゅうなな」
ウラ若き乙女。目がかわいい。80歳以上もサバをよんでいるので、スタッフが残酷にも耳の遠い彼女に実年齢を耳元で伝えると、


「え~!!」と驚かれる。あ、伝わったのかなと思ったら
「さんじゅういち? もうそんな歳なの?」


まだだいぶ差がある。
なんだかんだ、数字を紙に書いたりしたら、急に思い出した様子。
「やだね~」と苦笑いの目はすっかりいつもの上川さんで、いい意味でバアさんなのだった。
で、気弱で不安な調子はぶっ飛び、安心してうつらうつら…。


認知症の方のケア、相手に寄り添ってその世界に入り込むのも一興だけど、逆にこっちの世界に引っ張っ

て戻すというのも一興。そのときどき、個々の関わり次第。


夢とうつつの間で日々暮らし、気づいたらあれ? 上川さん、エドナさん抜いてるよ! おめでとう!


そんなことよりお母さんに会いたいよ。…本当のお母さんに。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。