グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:

北の宿から介護保険、改正版。


♪あなた変わりはないですか 日ごと手足が弱ります  

 来てはもらえぬヘルパーを

 オムツ濡らして待ってます~


という替え歌を披露するのが樋口恵子氏。


なんだろう、このノリ。(嫌いじゃない)。


ご御大で近寄りにくい人かと思っていたが、今回の討ち入り参加にあたって、いきなり直接電話で話ができたり、気さくというか、つい惹き込まれる(巻き込まれる)。


2003年都知事選では、「軍国おじさん」慎太郎に対抗して「平和ボケおばさん」を自称、82万票を獲得。

今回の署名活動も、短期間で15万ほど集め、集会には5党の代表議員を出させるパワー。


1932年生まれ、75歳。とても後期高齢者とは思えない。

要介護になっても、きっとハツラツと介護職を呼び込むだろう。


介護人材の待遇が人並み以下であるのは、社会的な不正義である、義をみてせざるは勇なきなり、女がすたると明快な行動派でありながら、肩肘を張り過ぎない、力の脱け具合がいい。


「介護予防やPPK(ピンピンコロリ)もいいけれど、元気だった人が急に亡くなることを一説には「変死」という」、とか。「要介護を経験しないとあの世へ行けなくなりました」…。


確かに、認知症や障害をもって生きるのがフツーになる時代、それでもどうフツーに豊かな暮らしを続けるかを考えると、社会的なケアの充実が不可欠だし、介護職を低待遇の「社会のヨメ」に放置して、人材不足を招いては自分たち(特に長生きの女性)の暮らしが成り立たなくなるという危機感は、的を射ている。


ただ、参加者それぞれの的は、よくみると大小さまざまで、矢のベクトルが全く一致しているわけでもない。


とにかく出演者が賑やか、「現場」からは私も入れて15名、「家族や応援団」からは10名。「政治家」は5名。


介護職と家族の違い、

現場と経営者や団体の違い、

女性と男性の違い、実収入の違い、

介護イメージのマイナスとプラスの違い、

党派の違い、戦略の違い、

そして、とんちと趣味の違い…。


それらの違いを、ガーッとあわせ飲んで、討ち入りの怪気炎につなげる。

壇上に、はちまき締めて、のぼり旗掲げて居並ぶ女性の会の大迫力。

あと十余年、きっと要介護でも認知症でもみなこの調子、、、


うゎ、やっぱり介護職逃げよっかな…。


つづく。


TBSニュース『介護ヘルパーの待遇改善訴えシンポ』。 動画あり、2人目が私。一生懸命アピールしでんだけど、鼻つばってんだよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20071210/20071210-00000014-jnn-soci.html


あと、発言がたまたま最後だったものだから、うっかり「じゃぁ貧乏自慢のトリを飾って」とか言ったけど、そこはカットされてます。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

いや、パワフルな集まりに圧倒されっぱなし。

高齢社会をよくする女性の会主催、『介護は待ったなし、介護人材確保のための大集会!』


会場は8割が女性でしょうか、野次こそ飛ばないが、拍手喝采とひそかなブーイング。

特に5政党が参加したシンポは、それぞれの芸が出て盛り上がった。


通称3万円法はじめ、介護職の労働条件を上げるにはどうすればいいか。

政治家はどう考えて動いているのか?


自民党・丹羽元厚労大臣「課題はわかるが、財源はどうする?消費税上げるなど国民の理解は?いまも国債が700兆円、子や孫の世代のことも考えないといけない」(後ろのおばさんの声「すりかえてるわ」)


公明党・古屋さん「福祉の党です。高齢者虐待防止法にも尽力しました。育児保険も検討中。女性も継続して働けることが大事、アイルランドはそれで税収・GDPアップです」(同つぶやき「何にも内容がない」)


民主党・山井和則さん「3万円法の実現に財源3000億円必要。介護人材確保法を検討中、介護報酬の前倒しアップと、報酬増が人件費増につながる担保が必要。俸給表を指定し報酬の要件にするとか」


共産党・小池晃さん「報酬アップと、別枠での公的補助も要検討。財源は自民党政権でもやる気と工夫次第。在日米軍への思いやり予算2300億円、米兵1人588万円、思いやる相手が間違っている


社民党・福島党首「毎年2200億円の社会保障費削減の影響大。マージン率の設定や公契約条例で事業者の賃金比率にも目安要。女と若い者の善意に国はつけこんでき過ぎたのではないか」


さすがメディア慣れしている小池さん、共産党お得意の防衛費・大企業優遇税制の数字を持ち出して対抗しつつ、共闘模索の党略を反映してか、ちゃんと他党に同意したり期待したりも忘れない。

しかし、イージス艦1400億円買ってる、商社通してゴルフ代まで乗せてるとか、大企業5兆円・大資産家2兆円の減税やっているとか、道路特定財源の話とかいちいち具体的だ。

拍手の多かったのは小池晃と福島瑞穂だが、丹羽氏も負けていない。

山井氏が民主党の公約に介護人材確保を入れるから応援をというと、「党派を超えて知恵を出さないといけないのに、選挙のことで頭がいっぱいなのかな(笑)」と応酬。


また、司会の堀田力氏が「介護労働は命の問題、道路が大事なのか、命が大事なのか」と熱弁を振るうと、「私どもは評論家じゃない、若年世代の負担の軽減を考えると、高齢者にも所得の高い高齢者がいる、堀田センセイなどもそうとは言いませんが(笑)」と応酬。


「政治家」の面目躍如といったところ。


もっとも、一番パワフルでおかしかったのは、樋口恵子さんだった。


つづく。


樋口先生と女性の会が考える待遇改善策や財源については、

けあともインタビュー http://www.caretomo.com/caresp/id=710


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご支援のメッセージ・コメントありがとうございました。


コムスン残党で再出発とかいいながら、稼動はまだちょっと先(NPOの認証は来春)の話、メンバーもグループホームや訪問介護の現場を「本業」でやりながらの、活動なのでした。


フツーに人不足なところ、追い討ちをかける流行風邪の猛威。

急な高熱、ノドが痛い、声が出ない、便が出ない、早番がいない、夜勤も出ない!

ううううっとシフトは崩壊! 休み返上でフォローするうちに周りもまた体調を崩す。

埋め合わせに私も連続夜勤で、眠い、つらい、ケアうまくいかない。

そんなときに限って、昼間は打ち合わせやご家族の相談ごとが続いたり。

夜は不穏で寝ない入居者の方がいたり。

24時間、さらに36時間働きっぱなし。



お~い寝ようよ!何でわざわざお部屋から出てくるの…あぁそのお布団気持ちよさそうじゃない…。

代わって寝ちゃいたい。

いっしょに寝る? 

というのも一興だが、本気で寝入りそうなので、ぬいぐるみのキリンさんと寝ていただき、もうおひと方とは昔話を小一時間。

浅草軽演劇、ロッパやエノケンを生で見たっていう話、真偽は定かではないのだけど、うらやましがって聴いてると、そのうちチャップリンにも会ったとか言っている。怪しい。

「ほんとですか~? いやー見たかった」

「見ればいいじゃないか、あんたそんとき何してたの?」

「まだ生まれてないですよ」

「そんなことないよ、俺と5歳くらいしか違わないんだから」

「は…? わたし昭和45年ですよ」

「俺は大正11年だ。ほら全然変わんねーじゃねーか(怒)」



ううう。せっかく和やかになったところ水もさせず。

そしたらあー!転倒リスクのある方が出てくる!…

…眠い。

そんな介護職のサバイバルを見かねて、「介護保険あって人材なし」の窮状を訴える介護人材確保のための署名および集会(討ち入りシンポ)。

樋口恵子さんや堀田力さんが旗を振る。

http://www7.ocn.ne.jp/~wabas/syomei.html#katudou

署名は10万人を超えてまだ続々と集まっている由。

いよいよ集会は9日(日)、東京虎ノ門にて。

当日参加も歓迎とのこと、ぜひご参加を!!!

私も当日、介護現場で働く人の1人として登壇する予定です。熱弁限定2分。


…って眠くてあとのオチが出てこない。


事務局さまのコメント引用

「皆様のお力を結集して、なんとしてでも『介護従事者の待遇改善』を実現させたい。誇りと夢と希望を持って働ける介護の場づくりに一丸となる、なれる日が12月9日です。次々と届く署名用紙を前にして、感動しながら準備作業にも熱が入って参りました」

熱が出すぎてまたシフト崩れぬよう。

おやすみなさい。


…ダメだオチが弱い。

せめて、とんちを効かす余裕を実現させたいわね。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

11月30日、グレースケア機構は、東京都にNPO法人の申請を行い、受理されました。

来年の3月末までに認証を受ける見込みです。


ご支援ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。


介護職の人材不足と、上質なサービスの不足。

そんな課題の解決に、事業を通して取り組みます。


今後ともどうぞよろしくお願いします。

*************************************************


コムスンは同日をもって、ほぼ全事業所を各社に承継・譲渡。


6月の厚労省の処分以来、4,000人以上の介護職が辞め、事業所の閉鎖・縮小が相次ぎ、譲渡に当たっても「半数以上が辞めた」(鳥取)、「これほど多く辞めるとは思わなかった」(神奈川)などと報道されている。

http://www.asahi.com/special/070607/TKY200711010387.html

現場の介護職や事業者が、悲鳴を上げているなかで、これを実のところ「成果」と考えるのが、厚労省や自治体。


2004年秋に始まった介護給付費適正化推進運動

大規模事業所等への監査指導を優先的に取り組むこととし、運動の目標の目安はズバリ介護給付費の1%程度の抑制。ほっといても高齢者*は5%ほど増えていく。それをマイナスに抑え込むのだから、役所も必死だ。(*特に介護ニーズの高い75歳以上)


2007年度の介護給付費の見込みが約6兆4000億円。コムスンの年間売上が800億円*だったから、約1.25%。

(*保険外含む)。あら、ちょうどよい規模、一発で目標達成だわ。


1社がふっとべば、利用者は振り分けるとは言え、救いきれない方々が出てくる。

大手介護企業の社長も「え~当社の年間売上は当面マイナス1%です」とはいえず、各社とも保険外事業に生き残りをかけるが、コムスンの承継を受ければ、売上だけは一気に伸びて格好がつく(赤字も増える)。


これで適正化、ひと段落かと思いきや、厚労省がますます徹底させようと用意しているのが、介護給付適正化プログラム

http://www.wam.go.jp/wamappl/bb05kaig.nsf/2c9fefd2431b24884925689b0049dddd/69c8f1bbf8c85e0d492572ac00240fde/$FILE/20070328_4shiryou1.pdf


適正化推進運動では、まだやってない自治体が2割もあるし、内容にバラツキがあって生ぬるい。都道府県はプログラムをつくって、これまでの事例を集め、今後の目標・取り組みをきめ、市町村にやらせなさいっ!

で、「具体的な支援策には、国による…予算上の措置等を有効に活用することが考えられる」。


「優良事例」として、例えば、広島県E市。

ケアプランの点検や訪問介護事業所などの請求の適正化を行い、「成果」として約7,000万円の過誤請求を見つけたという。かかった職員の人件費は2,000万円で、効果額5,000万円なんだとか。


今年度の厚労省、介護保険の適正化にかかる概算要求は、11億円。

この予算が、「優良事例」の出し方によって、流れてくるという寸法。


コムスンがもうなくなるっていうのに、自治体によっては、8月も9月もしつこく入り続け、重箱のスミをつつくような指導と返還請求。他社不問でも。そして今は承継先にも追いかけてきて、またまた指導という。


そこまでする謎がとけた。


今年は「優良事例」がいっぱい集まりそうだよ…。


つづく。


*************************************************


グレースケア機構では、現場介護・福祉職から、利用者や家族が元気になった、

地域で愉快な実践ができた、仕事がツボに入っている等の「事例」を集め、

奨励金をお渡しするキャンペーンケアエイド2008を企画しています。


介護業界の魅力を存分にアッピール!

低賃金に重労働、そのうえ取り締まられてるばっかりじゃないっつう心意気。


企画へのご意見・ご提案・ご協力、

および奨励金のもととなる、ご寄付・スポンサー様を求めています。

ご支援のほど、どうかよろしくお願いします。


11億円もいりませんからね。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。