グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:

NHK特集、グーグル革命~あなたの人生を検索が変える。


検索連動型の広告が、売上を左右するため、グーグルの上位に表示されるために苦心する事業者。

ケータイ比較のホームページ上、グーグルにリンクした広告収入が月90万円にのぼり、リッチな高級マンションで暮らす若者(以下ジョン君)。


強迫的なまでに世界中・古今東西のあらゆる情報を収集しつくそうとするグーグル社。

「便利になるためには情報を与えなければいけない、信頼できるところに預ければ安心…」とCEO。

趣味や関心、検索履歴からいまいる位置まで、投げかけると、個々により一層ターゲットを絞った情報が得られ、便利になるという。これ、利用者にとっていいことのようだけど、得られる情報は、結局、企業広告というカラクリ。スポンサー企業がお金をかけて必死にリンクさせているもので、資本の思惑がより精緻に生活にいきわたる、といった印象をもつ。


ジョン君はすっかり信頼して、キャッシュカードのナンバーも、買い物や行き先検索の履歴も、み~んなグーグルに預ける。いわく、「個人情報はもちろん、記憶すら預けている」「自分が忘れていた過去のことも検索結果で出てきた」「自分の記憶に存在しないことでも、インターネットの世界では永遠に存在することを知りました…」


『ウェブ進化論』などでは、どちらかというと、グーグルを、一部メディアや大学に握られていた情報をとことん一般に流通させ権威を無化することや、富の分配・経済的な格差の是正を掲げていることなど、ポジティブに評価しているが、今回のNHKの立場は、バランスをとっているように見せて、結構ネガティブな面を強調している。(ほんとはNHK、グーグルみたいのは嫌いなはず)。


確かに、「グーグル政府」とか「グーグル通貨」といった社員の発想の落書きを、そこだけ取り出すとかなり怪しい。中国では天安門事件がリンクされないとか、検索上位から突然消された企業と「グーグルにとってそのホームページはどうでもいい」みたいな弁護士の言い草なども、反感を呼びそう。個人情報を預けるのも心配…。


きっとでも、検索エンジン自体が新しいテクノロジーというだけで、どう使いこなすかは、自分たち次第。


例えば、認知症は記憶障害だが、その記憶を脳以外のところに保存しておき、それを外部記憶装置として、障害を補うことに使えれば、初期のころには役立つかもしれない。昔は紙の日記、いまはPCのハード、そしてネット上のどこかへ。


やがて本人は、パソコンの使い方も忘れてしまうだろうが、過去の趣味や生活史を、サポートする人が記録を覗き込んで参照できるとすれば、かなり援助には使える。いまは、本人の断片的なことばや、家族からのヒアリングによってアセスメントを行い、本人のことをできるだけ理解し、その希望や志向を半ば想像しながら、ケアプランをつくっている。


徘徊して行方不明になりがちなら、え~っと本人20~60歳までの地図検索の履歴をみると、銀座3,308回、新宿124回、秋葉原3回、鶯谷56,336回、…、よし鶯谷だ!あやしい!


夜間不眠がちなら、え~っと本人がグーグルを使った時間帯の割合は、21~22時:11%、深夜2~3時:34%、…、よし、しょうがない!PCの前にどうぞ~! 眠剤なんて使わないで済む。


スーパーに同行しても、なかなか自ら選んでもらえないなら、買い物履歴を「フード」「お菓子」などに絞って検索、…あぁ、おばあさん、やっぱりこれが好きだったのね、『おばあちゃんのぽたぽた焼』8,046回、とか。


朝の更衣介助、コーディネート任されても困るので、「ファッション」検索で、本人の好みを探り、じゃぁ今日はこれとこれでどうですか? 35歳のときのアバターを意識して…、とか。


う~ん、やっぱり何となく、イヤね。

いまのうちから、変な検索ばっかりしないように気をつけよう…。「由利徹」とか…。



福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

ケアプランの素、並んでいます

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

欧米で人気というリアリティー番組


特別な環境や条件におかれた数名の人たちの様子を映し、ゲームや視聴者の投票で脱落、勝ち残り者に賞金が出るというシロモノ。


無人島での生き残りでは日本版も作られた『サバイバー』。崖からのとびこみ、みな恐がってイケず、リアルってつまんないなと思わせた。


本場では、妻同士を入れ替えて他人の家族内で12日間過ごすものだとか、上司が入れ替わるもの、ダイエットで減量を競うもの、富豪の課題に応え出資を得るもの、セレブや新婚家庭に入り込むもの等々、いろいろなバリエーションがある由。


19日の朝日夕刊によると、隔離された住居で共同生活を送る様子を撮った、『セレブリティ・ビッグブラザー』のなかで、インド人女優に対し白人女性が「まともな英語も喋れない」「スラムに帰れ」などと偏見丸出しで罵り、それが英印両政府を巻き込んだ騒動になっているとか。


CNNの報道 http://www.cnn.co.jp/world/CNN200701180004.html


人種差別との批判に対して、テレビ局は「社会的・文化的衝突」、白人女性の代理人は「ストレスの強い環境下での個性のぶつかり合い」と反論、要は、放送コードを飛び出して差別を含むリアリティまで映しとられたということだろう。


似たような番組で思い出すのは、『ザ・ガマン』。

六大学対抗で、ゴキブリの袋とか、逆さハリツケ、おしっこガマンとか競い、決勝戦はたいてい、絶食で勝負。脱落した人が、豪華なディナーを目の前で食べ始める、それを実況する三遊亭夢之介。欲望との葛藤を目の当たりにさせられ、人間の正体を浮き彫りにする切なくもシビアで、そしてくっだらない番組だった。


もちろん、毎回欠かさずみた。

(ガマンしすぎで火傷を負う事故があり打ち切り)


認知症ケアの切り札!とひところもてはやされたグループホームも、正式な名称は「認知症対応型共同生活介護」。

施設の集団処遇に比べれば、確かに個別ケアはゆきとどくも、「共同生活」の不自然さは否めない。まして、個性の煮詰まった80歳、90歳を越えた認知症老人、いきなりの共同生活…。


今日もご飯前、「こらっ!手を出さない!まだ食べちゃダメだ!」と叫ぶおじいさん、一方で、目の前にある美味しそうなものには、素直に手を伸ばすおばあさん、


あるいは、ペーパーやら湯のみやら台ふきやらスプーンやら、持ち帰ってタンスにためこむおばあさん、それをいちいち見咎めて、大声で責めるおばあさん、


足が弱くて動けずウトウトしているおばあさんの周りで、イソイソ掃除なんかしながらまったく信じられないよこの図々しさと嫌味を並べるおばあさん、、、


それぞれの思いを汲んで、仲介したりスカしたり気をそらせたり巻き込んだり。立ち回りがヘタだと、いっしょになって、責められたりして。「あんたもちゃんとしなさいよ!ボサボサ突っ立ってないで!」


ううう。

ガマン。


どんなキャラクターでサバイバルを図るのか、スタッフ間でも、自分の持ち味の出し方が工夫のしどころ。視聴者がいたなら、ゼッタイ一番はじめに落とされるよなっつうキャラほど、けっこう強い。応援したい人が、リタイアして退職したり…。


とまれサバイバルは、やはり年の功、関東大震災も戦地や空襲も生き抜いてきた入居者に、職員はかなわない。ふりまわされて、ガマンして、そしていつか、やっぱり亡くなるときがくる。


それってでも、共同生活の場からは立ち退くけど、ご本人負けたというより、勝ち抜けですよね。


最後に勝ったら、実生活で負けっぱなしだった人でも、まぁいい人生だったといってひっくり返せるのではないか。


そんな介護職のささやかな自負のために、差別も抑圧もない共同生活を!

放送されても大丈夫!

タイトルはやっぱり『ザ・ガマン』!

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

欄外退場をクリック一票で救おう

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

その心は、やり手のサラリーマン。


大手商社にお勤めだった、本山さん(仮名、78歳)。ロンドンにサンフランシスコと海外赴任も長い。

激しい雨も何のその、とにかく、行かなければいけないところがあるらしい。


雨やんでから、車さがすので、ちょっとこっちでお願いが、内勤が残っています、会議が2階で…等の言葉かけやお仕事は、一時的に足をとどめることはできるが、ほとんどムダ。すぐに、「じゃっ」といって出かける体勢、玄関で靴を履き替えている。

どこに行くのか伺ってもはっきりしない。昔住んでいた地名が出てきたり、商店の名前が出てきたり、何でいちいち言わなきゃいけないんだと不機嫌になったり。

この切羽詰って追い立てられるような勢いには、「じゃ本山さん気をつけて行ってきて下さいね」と送り出すしかない。で、分からないように後をつけていく。

といっても、ふらつきもある方なので、すぐ手を出せる近さで、足元の先も見通せるよう斜め後ろから歩く。傍から見たら紐のない電車ごっこ風、ほとんど連なって歩くのだが、本山さん、一心不乱なのでバレない。


どこへ行くのか、わからない。

ミステリートレイン


商店街を右折、まっすぐまっすぐ早足で歩く。本人が他のおばあさんに借りた折り畳み傘、叩きつける雨で前方は見えにくく、足元には水たまり、よけつつ行くのでふらつき度はいつもより高い。この緊張感。


大きな通りで右左、迷っている。見慣れない風景への戸惑い。信号は渡らずに右へ、次の通りでも立ち止まり、遠くの様子に目を凝らしている…。


ここで右へ行ってくれたら、すぐに公共の施設がある。ホームに戻る方向にもなる。さらに先に行くにはそろそろ足元も限界か、雨もひどいし、靴の中もぐしょぐしょだし。

あぁ、まっすぐ行く? どうする? …いまだ!と、全然べつのところから現れた風に、ぐるりと本山さんの前に出て、「あぁこんなところで!いつもお世話になってます、ちょうどよかった、こっちでひとつお願いします!」とかなんとか。


本山さん、何となく釈然としないながらも、右へ。不快な表情は変わらない。そこで調子よく、公共施設に案内。チラシを各種とり、本人に渡したり、冊子を調べたり、ベンチを勧めたり。「いや助かった、これで大丈夫です、仕事終わりました」とか言うも、本人納得せず。「じゃ、行きます」と、また一人で出て行こうとする。雨の中。うううちょっと待って…。


「何かご利用ですか?」と、そこへ職員の人が声をかけてくれる。あぁありがたい! 小声で認知症です、仕事をしにきたので、これ受け取ってください…とささやき、本山さんに「じゃぁ書類を渡しておきましょう」とか何とか。もっているチラシを職員の人に渡していただく。「よろしくお願いします、いやこれでよかった、間に合った! これで済みましたよね?」と職員さんに言うと、「はい大丈夫です!ありがとうございました」。うまい。


本山さんは…、ちょっと戸惑いながらも、間をおいて、「じゃ、よろしくお願いします」と軽く会釈。

はぁよかった。

ただ、仕事を終えたことにするにはちょっとあっさりし過ぎか? これで納得して落ち着かれるか?


「いや、雨のなか、来てよかった、やっぱり本山さんが来ると話しが早い! 助かりました、ありがとうございますっ」とか何とか、ダメ押し。ほとんど、人見明の課長に取り入る植木等である。昭和30年代の。(ネタが古いが、本山さん、植木等より2つ下の同世代だし)。


で施設を出て、右左。本人がどちらに行くか様子を伺うも、迷っている。そこでじゃぁ行きましょうとホームの方向へ誘う。「帰りましょう」というべきか、本人の気持ちがわかりかねる。これで一応満足されたのか、まだやり遂げることがあるのか…。


ただ、歩き方は、急にゆっくりになった。さっきのように、追い立てられるように早足ではない。しかも、傘はほとんど斜め前、顔を隠して前を見てないし、メガネは曇っているし、私と同じく靴のなかはぐしょぐしょだろうし、歩幅も小さく身体も前のめりになってきたし、寒いし、、、言葉をかけても、返答はほとんどない。


ここここ。やっと、ホームに着いたら、明らかに安堵の表情を浮かべ、玄関のベンチに座り込む本山さん。

お帰りなさい! 雨の中、お疲れ様でした! 寒かったでしょう、着替えてお茶をどうぞ~、というスタッフの声。

30分余りの旅、無事出発駅に戻って、今日はこれでおしまい。

次は書類を出すだけじゃなくて、打ち合わせもお願いしますね。英語で。


駅方面に向かったら、今度は駅前の英会話スクールに対応してもらおう…。

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

クリックでほかのブログにフライト

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます!


「…………」


「あけましておめでとうございます! 新年ですよ、元旦、1月1日でーすっ。

あけまして、おめでとうございます! お・め・で・と・う


「…………」


「あけまして、おめでとう! おめでとうございます。お・め・で・と・う!


「……、何?」


「おめでとう、ございますっ」


「……、ありがとう


ううううううー。

つう挨拶から始まった今年のお仕事。


とにかく正月のホームは気楽だ。

昨年の正月とだいたい同じ。


↓↓正月勤務の醍醐味↓↓

http://ameblo.jp/yari123/entry-10007673500.html


天気がよかったので、近所の八幡さまの初詣も、珍しく行列。

スロープで脇から入るも、宮の前までは入り込めず、不老長寿を願うも斜に構えた体でちょうどよいかも。みんなすでに長寿なので

三々五々、でも去年よりも車イスが増えている。スタッフ数も限られるから、来年はもっと何往復か必要そう。独歩の人も帰りは結構ふらふらだったり。行きはよいよい、帰りは恐い。転倒。


今年のホームの新趣向は獅子舞。地元で細々とやっているのを探し出して声をかけた。

正月らしく、ひと踊りしていただき景気をつけたい。


悩ましいのはお祝儀。どれだけ出せばいいのか?

おひねりか祝儀袋か?

入居者に相談すると、あ~昔はよくきたよ、三河万歳…、とかなんとか。


結局、どっちも用意。小銭を用意して、みんなでひねっているうちに、獅子舞が賑やかに乗り込んできた!

早い、用意ができていない、しかも、この獅子舞、2匹とも、かなり本気だ! 派手に動き回る、ホームなんて狭い家ん中みたいなものだから、かなり迫力がある! おっきい。これは踊っているのか、脅かしているのか、う~ん、生の獅子舞っていうのは、なかなか激しい。ひねった小銭、一人一人から口に入れてもらおうと思ったのに、驚いた一人が慌てていくつもまとめて放り込む。あぁ、それでも許してくれない!


そして、また別の入居者は、急に体を震わせて泣き叫び出した! あ~ごめんなさい、恐かった恐かった…。 慌ててお部屋へ誘導。布団をかぶって超不穏、怒っている。あ~、驚かせてごめんなさい…。


手拍子うって、喜ばれる人もいるのだけど、結構びっくりして、呆気にとられる感じ。

初めてみた!と興奮しているのは96歳のジイさん。入れ歯と痰が飛び出しそう。いや、この歳になっても初体験があるっていうのは素敵だと思う。


普段はマメな働きもののカナメさん(仮名・86歳)、お金のこだわりが始まるととめどないのだけど、今日も、小銭を触ったし、しかもバタバタっとしたから、イヤな予感はしたのだが、案の定、夕方も、夜も、夜中も、「私、300円、ついね、獅子舞に出しちゃったけど、あれ、いやいいんですよ、お金のことで汚く言いたくないですから、でもね、つい私、がま口から出しちゃったんです。人に言われて、早く出せっていうから。えーっと3,000円ね…」、明け方も…。


ホームで祝儀用のお札や小銭は用意したのだけど、自分で払ったと思い込まれている。いや、獅子舞すごかったですねぇ!と話題を変えるも、当然、通用しない。たいていは、カナメさんの言い分をうなずいて聞けるのだけど、お金に関してはなかなか難しい。


で、お金心配なら、数えてみましょうか?(と本人もっているお金)というも、「いやいやそんなことは…、そこまでしなくていいです、縁起物だから、そんなにたいした金額じゃないし、ま、3,000円出しましたけど…」と納得されていない。

話を聞きつつ、なんかしているうちに気が紛れたり、近くで叫びだす方がいて、そっちの世話に走ってくれたり(こだわりには、別のこだわりで制す。もっと大変)。


やっぱり悩ましい。


あと無粋を承知で、獅子舞に、祝儀の領収証をもらう。怒られて大きな口で噛み付かれたらどうしよう、とか、逆に愛想良く口にペンを加えてさらさら首を振って書かれてもイヤだなと思ったが、普通に太鼓の係りの人が太鼓の上で書いてくれる。


で、獅子舞からも年始がわりの包みをいただく。

中身はタオルとか手ぬぐい、かな?と思ってみたら…


大小の祝儀袋セットが入っていました。

来年は、これを使って、お獅子にたくさん食べさせて下さい、小銭やティッシュではお腹をこわして暴れます宣言?


これもまた、悩ましい。


景気よく悩みが積まれた、初春でした。

1年つかって考えよう…。


福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

正月勤務の醍醐味ランキング

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。