グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:

コムスンが怪しいのは当たり前だが、マスコミの動きもそれ以上に相当怪しい。


景気回復で介護職がいよいよ集まりにくくなっているなか、2万3千人もスタッフがいるコムスン。なかには、ほんと、どうしようもないヘルパーも紛れているだろうし、クレームも最大手と思われる。利用者も7万人近いし。でかいし。


介護保険開始当時の、急拡大(1200拠点)→急縮小(400拠点)ほど極端ではないにせよ、いまだに走りながら慌てて形をつくる社風(よくいやベンチャー)、ふりまわされるスタッフや顧客はたまったものではない。


が、今回のマスコミ報道、なんで年末のこのタイミングなんだろう?


グッドウィルの株、一気に売られて大暴落かと思いきや、急上昇で持ち直すし。コムスンの反撃が功を奏し、読売の誤報、あるいは大きな問題ではないという世評を反映?(またはどっかの筋が入ってる?)


モルガン・スタンレーのレポートは、介護報酬の組織的な過大請求について、「誤報の可能性が高い」とする。東京都福祉保健局にモルガンさんが聞いたところ、「厚生労働省との協議によって本年度から影響力の大きい大手介護事業者を集中的に実地調査することになっており、その一環。…監査という言葉は適当ではなく、読売新聞に誤解があったのではないか」との答え。また、ニチイ学館にも聞いたら、通常の実地調査に同社も協力している由。


読売は、「都は実地指導をしたが、…従わなかったため、今回は行政処分も可能な『監査』に踏み切った」と書いている。これ、明らかに事実と違う。コムスンが激怒するのもわかる。では、何で、そんなテキトーな記事が、大新聞の1面を飾り、他紙やテレビでも引用されてしまったのだろうか?


そもそも記事中、問題とされている事例は、以下のとおり。


読売 (関係者によると、とする)

・家事援助などで「見守りサービス」もしたことにして時間を長くする

・服薬介助のみで、保険対象外のケースなのに、他のサービスも行ったことにする


毎日 (都によると)

・介護報酬を請求できない掃除や皿洗いにかかった時間を加算して請求

・実際にはやっていないサービスを提供したように装う


日経 (都への内部告発として)

・ヘルパーが実態よりサービス時間が長かったことにしている

・本人が1人でできるのに買い物に付き添い、介護したことにしている


朝日 (昨年と今年の調査結果として)

・散歩や話し相手、マッサージなど、保険対象外のサービスについて請求

・服薬介助など、数分で終わるはずのサービスを「30分間の介護」とする

・2日に1度、部屋の掃除をするなど、不自然な請求


これ、マスコミが直接、コムスンの利用者やヘルパーに取材して挙げているわけではなく、そもそも行政の取材なので、曖昧で、今ひとつパンチに乏しい。4月改正の保険請求Q&Aをみるよう。そして、記事自体が、ここまでは認めないっつうレベルを周知する役割を果たしている。


モルガンさんのレポートでは、企業と取引を行っており客観性に影響を及ぼす場合があり得る、と正直に打ち明けている(このブログだってそう)。

読売さんの場合は、いちおう客観中立じゃなきゃいけないハズなので、どこと取引しているのかわからない。でも、ネット上、「コムスンが過大請求」の記事と同日にアップされたのは、以下の記事(強調はアタシ)。


「介護予防」基準を4月から緩和、対象者集まらず

 厚生労働省は27日、介護保険の「介護予防事業」の対象者を拡大する方針を決めた。来年4月から、選定要件を緩和する。
 同事業は、今年4月施行の改正介護保険法の目玉事業。高齢者が要介護状態になるのを防ぎ、給付費を抑制する狙いがあるが、現行の選定方法では対象者が予想以上に少なく、このままでは目的が達成できないと判断した。
 介護予防事業は、介護サービスを使う前の虚弱な高齢者が対象。厚労省が作った基本チェックリストなどで市町村が選定し、希望者は筋力トレーニングや口腔(こうくう)ケアなどの予防事業に参加する。
 厚労省は、65歳以上の全人口の約5%、事業初年度の今年度は約3%が該当すると見込んでいた。


引用終わり。


一方は叩いて減らし、一方は受け皿を拡大する。

この発表のタイミング、あまりにも露骨…。


来年の介護事業の先行きを示す、キビシイ年の瀬。

大新聞の提灯だけが、こうこうと明るい光を放っている。


木鐸でいい。介護負担に苦しむ家族や、正月なく低賃金で働く介護職も照らして欲しい。

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

隅の方も探すためにワンクリック

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

介護保険法改正で、露骨に給付のしめつけが始まった2006年。

ケアマネ難民、介護難民を生み出した「適正化」、、、


最後の〆めは、介護の最大手をスケープゴートにした、マスコミこぞっての叩きのめし。

確かに、事業所によっては書類の未整備や、人員配置の不備などもあったろうし、ヘルパーの派遣でも、法律(しめつけ)と顧客のニーズ(もっと)のハザマで、グレーな部分はあったろう。


例えば、よく聞くのは通院時の付添い。基本、病院のなかは介護保険法の給付対象外。でも、歩行が難しいやら認知症の高齢者とか、院内でも当然介助が必要。つうと、本人とケアマネの了解と、あと念のため市町村に相談とかして、計画書にうたった上で、給付請求が認められる。


が、さらに、診察室のなかに入ってしまうと、これは法的には完全にダメ。だから、そこだけは、正確には自費の契約になる(100%お客様の負担)。別の契約を結んで残して、初めて、家を出てから帰るまで、全部、請求できることになる。病院じゃ当然、待たされて時間が延びたり、すると、そのつどそのつど、時間変更も含めて、ケアマネと書類をやりとりして…。


と、この求められる書類と手続きの多さは、もう、ほとんどカフカの世界。正直、手間を考えるとやりたくない。それに見合う報酬もない。(介護予防もそうで、書類は面倒なのに安いから、みなやりたがらない、→ 給付抑制大成功)


でも必要な人、困っている人はいるし、会社は少しでも売り上げを伸ばすようキビシイ。そこで何とかかんとか、ヒーヒー言いながら落としどころを探っているのが実態。

今回の読売の報道は、「都の実地指導に従わなかったので監査に踏み切り、過大請求の返還や業務改善命令を検討」というもの。


それに対してコムスンの説明は、実地指導は大手他社とともに受けているが、監査の実施や組織ぐるみなど「一切事実無根であり、悪意に満ちた事実誤認」と言い切っている。読売に対する法的措置を検討するとまで。

都も改善を認め、努力を評価しているとか。

http://www.goodwill.com/gwg/pdf/20061227143221.pdf


でも、その後、朝日も毎日も時事も、トーンはやや弱いがほぼ同じ内容の記事を掲載している。


いったいどっちが正しいのだろうか??

つづく…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いや流行しましたね、今年のノロ。ホームでもとにかく感染予防! うがい手洗い食事に注意なのだが、これだけ流行してしまうと、もし事業所で出したところで、あんまり目立たない。


ホテルメトロポリタンだとか、秋田県庁だとか、芝浦食肉衛生研究所だとか、ちゃんとしたところでも出てるし、先日は本社の感染予防担当者も、あちこちの現場を飛び回って、とうとうダウン。


グループホームって、病院じゃないし、そんなに衛生面だけ気をつけてどうすんのよ、入居者と食事つくるのに、そこまでできない、「ウイルス」のケアじゃなくて、生活のケア!、いちいち手袋したり、30秒も手洗いしてらんないし! きつい消毒薬で手が荒れちゃうし!


という声もあり、他方、きっちり清潔マダムが、普段の「不潔ぶり」の不満をこの際全部出して逆襲、生野菜ダメなら果物はどうなのよなんつって、いっそうの管理を試みたり…。


ま極端に走らず、全員でそこそこ予防に努める必要あり。

16日は朝日の夕刊トップ、NHK7時のニュース2番目。ブームは最高潮といったところ。


予防に取り組むための言い方例。

力点のおきかたで、上司が何を大事にしているか丸わかり。3の会社を守ることばかりだったりね。


1.入居者がつらい、重篤になる危険も

 感染したら、なにより本人がつらい。嘔吐下痢、脱水に栄養不足に誤嚥性肺炎。ゲロが詰まって呼吸困難も。


2.自分がつらい

 罹ってもつらい、身体もツライ、休むのでパートなら収入減。

 残ったスタッフもシフトがツライ。感染対策(消毒や清掃、食事や排泄介助、保健所等への報告)で仕事もかなりツライ。


3.事業者がつらい

 大流行で目立たないとはいえ、入院や重篤化、まして死亡につながったりすると、質を疑われる。

 報道されたらイメージダウン。


4.この際スキルアップを

 介護に感染予防はつきもの、専門職として入居者のみならず、自分の身を守るため、この際実践してみる、とポジティブに。

 見慣れた便も、ちがって見える…。


5.年末だし

 見渡してみると、そもそもキッチンのみならず、トイレも洗面所も風呂も、汚くない? まとめて大掃除っつうことで。 

青空好児も、地域の清掃22年。いまや区議会議員。
http://www.aozorakouji.com/katsudou_top.html

活動報告は、清掃と特養での講演の2つ。車イス、動員しやすいし…。


福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

各現場ノロ対策、除菌クリック

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ25年で最大最悪の流行といわれる、ノロウイルス。

いったん身近な人に出ると、嘔吐下痢で次々と倒れる、老人なんて死にかねないという勢いの「恐怖」の病。

実際、広島、大阪、岩手…で「死者が出た」との報道。


なんつって、本当は、かなり気持ち悪くて参るけど、1日2日で立ち直る、流行風邪の一種である。別名お腹の風邪

高齢者の場合でも、脱水起こしやすいから水分補給の注意は必要だし、肺炎など併発せぬよう、早めに受診して点滴などの対処は求められるが、ことさらに亡くなった例を強調し、恐怖を煽るのはちょっとおかしい。


厚労省のQ&Aでも、「ノロウイルスの感染による死者はいますか?」という問いに対して、「発生中に死者が出たこともあるが、もともと疾患や体力低下のあった方が亡くなった場合、ウイルスの感染がどの程度影響したのか見極めることは困難」(一部略)といっており、本来は感染が死に直接結びつくものではない。

http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/dl/040204-1.pdf

むしろ、いま一番流行っているのは、ノロウイルス以上に、感染予防のマニュアルである。

サラヤさんのような消毒薬・衛生用品メーカーが引っ張りだこ。あちこちで研修(と営業)。


私のグループホームでも、法人の本社から、連日メールやFAXで、「手洗い、うがいの徹底」「外部の客にも徹底」「貝や刺身、生野菜は食うな」「排泄介助はグローブ使用」「アルコールじゃ効かない次亜塩素酸ナトリウム(ジアノック)を使え」「ジアノックは強すぎるから使用後水ぶき」…・。普段は、電球1個から稟議書なのに、いきなりバンッと2万数千円の感染予防キットを配置。

これじゃ、サラヤさんの思うツボだわよ…。


オーヤラックスのピューラックス、サンケミファのハイポライト、花王のハイター、キョーリンのミルトン、ライオンのブリーチ、そしてサラヤのジアノック…。病院や福祉施設ではお約束の消毒薬、同じ次亜塩素酸ナトリウムでも、商品名はいろいろ。成分はたいして変わらないが、機に乗じての普及感染力、ノロの比ではない。特に、目に見えないウイルスとか世評に弱い民間企業は狙われる。


幸いまだ、勤務先では起こっていないが、近くの病院ではノロの患者が増え、隣市の保育園では集団感染が発生、すぐそこまで迫ってきている気はする。

食べ物は気をつけているので、あとは外部からの持込み。いったん感染者が出ると、いくらジアノックでげろ君をこすったところで、一気に広がるのは避け難い。あとはマニュアルをいかに全員が実施するかなのだが…


「手洗い すみずみ 30秒」とか言われても、介助中に、そんなにノロノロしてらんね~よ!つうのがオチ。

どうすれば、全員で感染予防に取り組めるか?

深刻に考えこむと気持ち悪くなる…

つづく…


福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

ウイルス感染はパソコンだけに

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スウェーデンの「認知症緩和ケア」の研修にいく。

通訳つき。洋物の研修というと、どうしても、いわゆるキレイごと風で面白くないのが常だが、最近しきりとDMがホームに来ており、今回は、大御所のスウェーデン番記者・大熊由紀子氏の講演や、「タクティール」なる手技の紹介つきということで行ってみる。


まず大熊氏のレクチャー。冒頭「ゆき」と呼んでとあり、手際よく、スウェーデン社会を紹介。高福祉の結果、気力を失い自殺が多いという「スウェーデン病」の神話を斬りつつ、ノーマライゼーションのあらましから、日本での実践につなげた故・外山義さん、佐々木健さん、市川禮子さんら、お友だちの仕事紹介まで。


『「寝たきり老人」のいる国いない国』の初版が1990年。その後、在宅サービスの充実や介護保険の施行があり、いまや特養の原則個室化など、スウェーデンモデルにあやかるような取り組みも定着している。

国際医療福祉大学教授。昔の名前で仕事ができる。うらやましいぞ、ゆき。


その後、王立シルヴィアホームの認知症ケア研修。

これ、例えてみれば、浴風会や至誠ホームが、海外にいって研修するようなものだろうか。


言っていることは、ごく当たり前のこと。

各職種チームワークの重要性、家族と利用者を分けそれぞれの支援をすること、コミュニケーションと関係づくり。

倫理や基本的原則も、「害を与えない」「ためになること」「公平」「自立性(自己決定)」と、そのとおり。

自己決定の難しさについて、薬や食事の拒否、認知症者の判断力の見極め、援助者との関係性による違いなど、その課題も日本と変わらない。


ただ、特徴的な点として3点ある。


一つは、認知症のケアを、明確に「緩和ケア」と位置づけていること。

治療が目的ではなく、QOLの向上を目指して全人的な視点でケアをすること。

認知症は現在の医療では治らない。痛みや苦しみを和らげ、最期まで人間らしく暮らすことを援助の大前提にしている。

そして症状をコントロールするための視点として、身体的・精神的・社会的・生存的の4側面を挙げる。がん末期とか、ホスピスケア的な発想とリンクするが、あまり日本では流行っていない。なにより、発症後の経緯が数年にわたるからだろうが、もっとあっていい。


「老人に明日はない」。今日を、その日その時を大事に。周辺症状に対処するという、ケア負担の軽減という発想よりも、本人がどうありたいか。アセスメントの「センター方式」などで、当人を中心としたケアが進められており、「その人らしく」とか「ばあさんの生きる姿の尊重(和田行男)」とか言われる。目標は、同じ全人的なケアなのだろうが、出発点が、「緩和ケア=痛みや苦痛を和らげる」なのか、「自立支援=その人らしくできることはする」という違い。日本の方が、なんだか積極的な印象だ。ムダに積極的なのか?


もう一つは、介護と医療に分けるとするなら、もともとは医療系の枠組みがあること。認知症の当事者のことは「利用者」ではなく、「患者」と呼ぶ。認知症を、一般の老化現象とは異なる「病気」ととらえることで、ご本人たちも「病気をもった人として扱う」。介護職であれば、病院でない限り、通常は「利用者」とか「お客様」と呼ぶだろう。


認知症状を「病気」と焦点化するのは正しい反面、認知症の人をまるごと「患者」に位置づけるのは、全人的な関わりには妨げになる気がする。フツーの暮らしをしたい人が、たまたま病気を持っているだけなので。


これは、スウェーデンでは准看護師が認知症のケアを担う専門職らしい点(介護福祉士のような資格はないのだろうか?)と、そもそも「王立」、税金で運営できているという背景もありそう。日本は保険制度で、本人は自己負担1割があり、事業者は民間参入ありで、どうしても「お客様」呼ばわり。ご本人の権利はどちらがより担保されるか、一概には言えないが、日本は市場化が進んでいる(というか市場化をテコに一気にインフラ整備を図った)ことを意識させられる。


そして、3つ目が「タクティール」。触れる、タッチするという意味とのこと。手をとりオイルを塗り、ゆっくりと指、手首から指の股、指の関節、手のひらと、もんだりさすったり。両手で約20分。リラックスが必要なので、と途中、インタビュアー・解説者を遠ざける。


これはでも、ただのハンドマッサージではないのか?


舞台設定は「スウェーデンの認知症ケア」と大看板、そして、あたかも、隠された秘儀のように披露されているが、何だか釈然としない。不穏症状のときに使えるのか、といった現場からの質問も相次ぐが、普段の関係がタクティールでできていると、背中に軽くタッチしながら、誘導して落ち着きやすいとか、手技のみならずコミュニケーションや考え方が大事…など。


このあと、タクティールの講座案内(有料)がある。これ、スウェーデンの思想の奥へいざなうための、広く設けた間口ということなのか? 天理教の手踊りみたいなもの? 

タクティールをする専門職は4万人とのこと。日本なら50~60万人くらいに相当する。


研修時、スウェーデンのガイドブックが配られる。それによると、対外的に見られる偏見に「金髪美人」「白熊」「自殺」というイメージがあるという。日本でのイメージは今むしろ「福祉大国」や「福祉先進国」。制度やシステムからケアの中身まで含めて、本当にそうか? 「金髪美人」の美しさ、ホンモノかどうか見極めたい。

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

認知症ケアの秘儀をもっと探す



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

スウェーデン国王ご一家の住むお城の隣、シルヴィアホーム。2000年5月に天皇皇后両陛下はこの認知症グループホームを訪ねている。タイミング的に介護保険施行記念だったのか?


そこで、陛下のまえでスウェーデンのお家芸、テーナによるオムツ交換を披露したのが、准看護師のアン・ソフィ・ウルソンさん。


「敬意を表するため黒地の洋服に身を包んだ私は、失禁パッドTENAの交換のデモンストレーションを両陛下の前で行いました」

「両陛下は最初、少し恥ずかしそうなご様子でしたが、最後まで熱心に見てくださいました。緊張しましたが無事にやり遂げることができ、すばらしい思い出になりました」

( http://www.tena.co.jp/forum/kontakt/konfeature20.html より引用)


両陛下は、恥ずかしそうに何を見たのか? 


まさか、実際に利用者の方のモノを交換をしてみせたのだろうか?(恥ずかしいのは利用者)


あるいは、黒服の介護職、ベッドに横になったりトイレに立ったりしながら、テーナを着脱介助されたのだろうか?(恥ずかしいのは介護職)


それとも、テーナの通気性や吸収力のアッピールをひたすら見たのか? 一晩換えなくて大丈夫!って、失禁する立場からは、早く換えてくれよとか、トイレ行かせてよって言いたくね? とか熱心に考えていたのかも?(恥ずかしいのは…)


以前働いていた老健では、テーナを使っていた。「福祉先進国」スウェーデン謹製。テーナは高い、けど吸収力が強い、だから一晩であんまり取り換えない、もったいないから…っていうシロモノ。

ま、パッドやオムツ交換の回数が少なくなれば、家族や介護職の負担は減る。吊りリフトの多用もそうだが、日本では、現場的にまず自立支援、本人の力使って!と頑張るところ、北欧などは意外と、介護者側の健康・身体的負担への配慮が出てくる。


シルヴィアホームで国内外からくる研修生に、認知症ケアを指導するフリース教授によると、


「スウェーデンのケアスタッフたちは、薬の処方の仕方やパッド交換のやり方、家族との接触の改善方法など、日々のケアの諸問題に対してより具体的で的確な助言を求めます。


一方、日本のケアスタッフたちは、例えば、痴呆症の方のケアをするスタッフは心的ストレスはどのようにしたら防げるか、人生の最終段階にある人々にどのようにしたらよいケアを提供できるかなどといった、より包括的な内容の研修を求める」


教授はこれをケアスタッフの関心の違いと考えているが、きっと、日本から行く人たちが研究者や管理職、マスコミなど、現場の介護職ではないことからくる違いだろう。包括的、一般的な問いしか出てこない。


その結果、フリース教授には、「日本社会は…十分な知識をすでにもっていると思いますよ。ただ、痴呆ケアという分野では、スウェーデンの方が少し先を歩いているかもしれませんね」などと嫌味なことを言われてしまう。


今度グスタフ国王の来日時には、ぜひトイレ誘導のデモスト、させてください…。黒服着てやります。最後まで熱心にご覧ください。最後まで。


「おトイレ行きましょか?」「あんた何だよ!黒服着て!葬式でも連れてこうってのかい!!」

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

王様のお気に入りの介護は??

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

老人の介護の業界では、いましきりと「自立支援」てなことをいいますな。

そこでいっしょうけんめい、いっしょうけんめい、おジイさんおバアさん相手にね、少しでも「自分でできることは自分で!」なんてやっている。


もうさんざやってきてね、80年90年ですよ。いやぁ疲れた、ちょっともう足やら腰やら頭やらが自分の言うことを聞かない。自分だって言うことをきかないんだから、他人様のヨメや孫なんてのは、もっと聞かない。

そんで仕様がないからお金を払ってね、いうこと聞いてもらおうと思ったら、また聞いてくんない。自分でやれ!って言われる。


まあまあでも、困っているのはお金をもらって商売で介護している方も同じなんだそうで、昔は言われたとおりに世話してりゃぁよかったわけですが、いまは、なんとか残っている力を引き出せ、自立支援だっつうわけです。


え~ムリですよーとか言っちゃいけない。すぐは言っちゃだめ。なんとかしないと、専門職失格とか言われる。

それでまあ、いろいろやってみるわけですが…



はいはいはい、じゃトイレ行きましょう。

いやトイレですよトイレ。


えっ、ここじゃないです。ここは違います。

あっちがトイレです。ほらあっち。トイレ。


いや、どかなくていいです。「どいて」なんて言ってません、トイレです。

ト・イ・レ! だからどいてじゃないです。大丈夫大丈夫。

ここにいていいです。

…いやいやトイレです、あっち、行くんです。


え~と、おしっこ! おしっこ! おしっ、こ!

…そう、お手水(ちょうず)。お手水。お手水に行きましょう。

さすが、ご隠居さん、難しいこといいますね、お手水だなんて。


はい、じゃぁ行きますよ。あちらへ。ちょっと立てますか?

え? いや、私じゃなくて、ご隠居さんが行くんです。

いやだから私はいいです、もうさっき行ってますから。

どうぞ、どうぞ。遠慮なく、さぁ行きましょうよ。


いやいいです、私はもう先に行ってますから。

行かせて頂きました。ほら、あ~すっきりしたってね。


行きましょう。面倒くさいだなんて、もうほら、昼前に行ったきりですから。

もうだいぶ経ってますよ。


いや、だから私が行っても代わりにできませんから。
お願いしますよ。


…はい、じゃぁ私も行きます。

そう、私も漏れそうなんで、いっしょに行ってくれませんか?

そう、すみません、お願いします。すみません、いつも。


一人じゃわかんないんですよ、お便所、じゃなくてお手水。

ご隠居さんがいっしょに行ってくださると、ほんと、助かります。

いゃーよかった。


はい、じゃ立ちますよ。おとととと危ない危ない。
しっかり立ってくださいね。手をここについて、ここをもって。

はい、よいしょっと。はい。しっかりしっかり。


どこ行くのってトイレですよ。トイレ。

いやいや、どいてじゃなくて、…お手水。手水場。

いや、私だけ行ってもしょうがないですから。

今度、ご隠居さんの番。ねっ。


いやすぐそこ、すぐそこですから、さぁ行きましょう。

せっかくですから。せっかく立ったんですから。

ね、そう、はい私もいっしょに行きますから。


歩けます歩けます。そう右足を出して。

おとととと、そう、ゆっくりでいいですよ。

大丈夫大丈夫。歩けます歩けます。


わぁっ! 危ない危ない。ちゃんとほら、左足、右足。出さないとコケます。


あ~っ、ととと気をつけましょう、ほらもう少しです。あそこです。お手水。

もうちょっと、頑張って…。


いや、それは他の方の車イスです。

乗らないですよ。あぁぁ、ととと、座らない。いや、この持ち主、すぐ怒りますよ。恐いですよ。だから、座らないで…、頑張って…、ご隠居さん…、ほらもうちょっと。


そう、ねぇ、膝が痛いですね。膝が痛い。右膝。ん~なかなかよくならないですね。また先生に診てもらいましょう。膝が痛い。つらいですよね。薬効かないですかね?


ああああぁ! ガクっていわさないで、おとととと、落ちます落ちます。頑張って頑張って。

つつつ、あぁダメ、じゃそそそそっちのイスで少し休みましょうか。

なかなかたどりつけません。つづく…。


福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

座布団3枚!よそのブログへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。