グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:

昨夜は、商店街で阿波踊り。


グループホームの近くなので毎年歩いてでかける。私は場所とりという重責

6時スタートなのだけど、入居者の皆さんどうせゆっくり、ごはんを食べたり、行かないわよと一応言ってみたり、着替えや手さげが気になったりして、開始後40、50分。ようやく2人、3人とスタッフと連れ立って現れる。


それまで、どんどん人は混んできて、なかには年配の方や妊婦さんなどもいて、場所は持ちこたえられず、もう「まだ来ないですから~」と座っていただく。ボチボチ着はじめると遠慮して立とうとするけど、まだまだゆっくりしか来ないので、こちらも慌てて座っていてもらう。


カネと太鼓とすごい熱気。男踊りは駆け回り、女踊りは足並み美しく…。


スタッフも大混雑のなか、必死の形相。人ごみにちゅうちょしている若手には、車イスに乗っているばあさんに一言「斬り込み隊長お願いします!」、そしてすみませんすみません車イスです!と、祭りの騒音に負けない大声で、なかば足をドツキながら進行、隊長は車イス上で持っている杖を振り回し、映画『十戒』の湖のように割れていく通路、そのあとに、手引きや杖でヨロヨロしながら歩むおじいさん・おばあさん。預言者モーゼに従う受難者のような神々しい光景…、えらいやっちゃえらいやっちゃ…


これ街の人の力量も試される。通りますよ~とほかの人にも伝えて協力してくれる人もいれば、もう迷惑!人ごみに車イスくるな!この非常識!と露骨に嫌な顔をする人もいる。

(つうと車イスの人に遠慮させるのが常識か???街の常識度をチェックするには、あちこちの阿波踊りやよさこいに車イスででかけてみるといいかもしれない)


あと、うちは小さな子どもが、と乳児を眼前に突き出されたりすると、ううう、それも大変だ、と少しひるむ。でもそこは、(こっちはもう最後かもしれないので!!と心中叫び、すみませんすみませんと斬り込み続け、ようやく、席にたどりつく。


はあ疲れて一休み、、、できるわけもなく、チャンカチャンカチャンカチャンカドンドンドン!!!


でも、おばあさんたち、ホント目を輝かせて、うちわを振り上げて、喜ばれる。嬉しい。ちびっこたちの踊りは特に気に入りだし、また車イスや年寄り集団が一角で目立つのか、ひょっとこや三味線の人が寄ってきては、目の前でのけぞったり、変な踊りをしてくれたりして、それがまたばあさんたちに大ウケ。手を叩いて、腕を伸ばして、大喜び。普段は、うとうとしている人も、さすがに目覚め、腕で振りマネをはじめている…。昼間大喧嘩して出て行けとか罵り合っていたばあさん同士が、ほら見てみてと笑顔でうなずきあっている…。


この通りの一体感、昔見慣れた着物やハッピの風俗、踊りの活気。

私たち以上に、年寄りに対する希求度は高いと思う。

願わくば、また来年も、みんなで楽しめますように。

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑


カネと太鼓に合わせてワンクリック

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

『社会福祉法人経営改革の課題』が11日、厚労省?でまとまったとかで、

NHKの時論・公論が取り上げていた。


番組の内容自体は、報告書の報告がひたすら続き、この解説者は

読み上げソフトなのか?と思わせる。


サービスが画一的、同族経営、行政の管理つよい、補助金だより…等の課題、

そして何より、同じサービスをしているのに社福は非課税であること!!!


これ、民間企業からみると、すこぶる許しがたい。

職員の待遇も、最近はかなりリストラ、非常勤化が進んでいるとはいえ

行政並みの俸給表のなごりで、民間よりはマシ。

(法人によっては、また経営陣によっては、私腹で至福の社福もあり…)

(ちなみに私のところ、賞与も昇給もナシ。そんなんあり…?)


その非課税特権のいいわけとして挙げられている社福の使命が

1.低所得者の利用料減免

2.手間のかかる人を断らない

3.自主的なサービス展開(ひきこもり、自殺願望、虐待、ホームレスなど)


確かに、生活保護含め、経済的に厳しい人もちゃんと見てくれる、という面あり。

民間企業は、率直なところ、生保の人はリスクと見がち。

(ただ、それも業者によっては、逆に生保はカタイと考えるところも…。

国がスポンサーだから、とりたて漏れがない。くわばらくわばら)

でも、利用料減免分、行政が補助している。


手間のかかる人を受けるかどうかは、相談員と介護職の力量(や力関係)次第

一般的には、民間企業の方が、必死になって空室をつくらないようにするから

胃ろうに、暴言暴力、不眠でしょっちゅう転倒、感染疑いなんて人でも、

「NOというな!」と営業責任者にどやされるから、目をつぶって受け入れたり。ううう。


先日、私のグループホームを退居して社福の特養に移ったSさんのところへ行く。

Sさん重たい人ばっかりのところで、症状が進んじゃったかな…?との予想に反して、

意外と軽い人ばっかりで、Sさんがむしろ目立って重度、さらに進んじゃってるし。

(施設は重度じゃないと入れないと思っていたけど、どうしてだろう??)


自主的なサービス展開にいたっては、どうしてもNPOや任意団体(法人格すらない)が目立つ。


番組では、いちるの期待として、地方の社福が、都内の新設特養を受注している事実を伝える。

(17・18年度、18ヶ所中で5ヶ所)。

確かに、多拠点展開し、他の社福に勝ち抜く社福もあるだろう。でも、そもそも特養の受注、

民間企業全部排除してやってるんだから、競争になってないではないか???


また、地方から都に進出する法人の中身、受注の理由が不明だ。

多拠点、多角化、巨大化がいいわけでもない。

(報告書は実力のある法人への合併を促すとする)


例えば、社福の大看板、勝ち組法人といわれた「聖隷福祉事業団」。

その実態の一部は、元職員から実名入りで詳細に伝えられている(…セクハラまで)。

http://www.eonet.ne.jp/~noi-no/main.htm


番組の最後に、読み上げソフトがいう。

「社会福祉法人の使命がなくなることはない。あってよかったと思われるよう、不断の努力を求めたい」


社福の使命はなくならないだろうが、社福はなくてもよい、ほかの法人がその使命を果たしているならば。


※今回の報告書はネット上で探せず。2002年時点での社福の課題は、

東京都がまとめている。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kaikaku/kaikaku/mokuji.htm

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

金儲けはイヤだと社福にひきこもり



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NHKのドキュメント、日本の現場。今回は特養で迎える最期。

一人一人の願いを叶える…との番組案内に惹かれてみるも、実態はまだまだ貧しい。


特養はもとより、最近はグループホームも、最期の暮らしの場として考えられている。

余命の診断のないホスピスみたいなもの。「老人に明日はない」、今日できることは惜しまず、明日のために我慢せず。いかに日常を、基本的な健康や安楽をもちつつ、それぞれなりにぶっ濃く送れるかが勝負。


今回の番組では、「部長」(ケアスタッフの主任なのか、施設ケアマネなのかよくわからない)が個別に入居者やご家族と面談をする。そして希望や思いを聞き取る。いま、ケアプランの形ではどの施設でも、形だけはやっていると思うが、番組中ケアプランに落とすところへの言及はない。


主に4者が登場する。

酸素吸入しつつほぼ寝たきりになっている櫻井さん。娘が毎日ついており、最期を迎える。

やり手の研修ウーマンだった鈴木さん。当初「人の役に立てなくなったら死にたい」と漏らすが、櫻井さんの死を経て「生きるだけで娘さんが喜んでいる。…もっと長生きしたいと思う」。

夫の墓参りを8年ぶりに実現する河野さん。「一人で寂しかったでしょ、私も寂しかった」と涙。「年1回くらいは行かせて欲しい」。

ご夫婦で入居の宮本さん。認知症だが、お嫁さんが頑張って月1回、自宅に連れ帰ると、表情よく歩いたり洗濯物たたんだり。


それぞれ、美しい。が、同時に、あらかじめ描かれたきれいな「物語」が透けてみえてしまい、息苦しい。

もっと、ワイルドでエキサイティングな年寄りを登場させた方が「現場」に似つかわしい。


気になるのは、やっぱり、家族(しかも「娘」と「嫁」)の思い入れに頼っていること。

毎日きて付き添ったり、月一回家に連れ帰ったり。多くの家族は、まずできない。やりたくない。


人の役に立てなくてもいい、と鈴木さんが思いを変えたのは、先をいく人をみて自らの老いを受け入れる、切ないけど避けられないプロセスであったけれど、その論理が「子どもが喜ぶので、生きていてもいい」というものなので、家族関係に乏しい人、孤独な人にとっては、充分に生きていていいよー!というメッセージにならない。(鈴木さんも3人の子どもがいる、とナレーションで触れられるが登場しない)。結局、家族次第というのはツライ。


家族に嫌われ10年間一度も面会に来ない、とか数年ぶりに来たら葬式の段取りを相談されちゃうとか、そのうえ、きつい認知症で、大声は出す、机はバンバン叩く、ほかの人のご飯に手を出す、セクハラする暴力ふるうなんて入居者でも、、、でも生きていていいっつう強力な論理が欲しい。介護職だけは、半ばあきれ、あきらめ、でも関わり続ける。迷いながら。


そんな人がいたら、誰だって、心中「くたばれっ」と毒づかないではいられない。鈴木さんも、見送ったのが優しい櫻井さんではなく、そんな暴力老人だったら、考えを変えないで済んだかもしれない。


それから、一人一人の思いが、あまり引き出されている感じがしない。

河野さんの願いも、車で20分のお寺で墓参りをするだけの、ささやかなこと。きっと、自費で、ヘルパーを雇い、介護タクシーを使えるのなら、毎月でも毎日でも行けるはず。夢はかなう!お金があれば、というのは、老いも若きも関係ない事実。ただ、現状の介護報酬の枠でも、施設職員をやりくりして個別外出できる、という事実は大きい(職員配置や自己負担額などは不明だけど)。それから、車イス自走の練習意欲に結び付けているのも、いい(実際に役立ったかは不明)。


ラストは七夕で願いごとを書いているシーン。「寿司を腹いっぱい」(職員の代筆?)はいいけど、あとのネタに乏しい。経験的には「家に帰りたい」「息子に会いたい」「金持ちになりたい」「好きなだけ寝ていたい」「バナナを食べたい」などなどいろんな欲望が出てくるはず。(なかったのか、映せなかったのか)。特別な願いでなくても、日常のなかで、この人員配置のなかで、どうささやかに叶えてみせるか、その知恵や工夫も知りたい。


続編に期待、というか、やっぱり裏物をつくらなきゃだめか?

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑


クリックでもっといいレビューを探す


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。