BOOM CLASH 2017 優勝!

テーマ:

BASS ODYSSEY戦勝利!

BOOM SOUND CLASH 2017 優勝!!!

{FABB2BA4-B2EC-4C22-8902-CD01BBCE80E3}





まず最初に、

応援してくれたみんなに本当に感謝です。

ありがとうございました。




3月に始まって10週間、

各国各地を代表する8つのサウンドで始まった

タイマンサウンドクラッシュシリーズ。

いよいよファイナル、決勝戦。




今回はファイナルって事で、

会場が変わって今までの3-4倍規模、

CockburnpenのClingCling

サッカー競技場での開催でした。

デカかった!


夕方のサウンドチェック。



前回のREBEL TONE戦から1週間、

前日にST MARYでダンスが入ってたので

正味5日半での準備。相当キツかったね。^_^

ただやれる事は全部やったつもり、

当日の会場入り寸前までダブ録りと準備。

スケジュールがパツパツで

起きた瞬間から寝落ちする寸前まで

作業する毎日。

笑っちゃうくらいだったよ。



このクラッシュでは同じ曲、パターンを

なるべく使わないようにしてきた。

そうすると自分達のダブボックスが

どんどん浅くなっていくわけです。

あとはルールで最初のラウンド以外は

メドレー&コンビネーションがかけれない。

ここが悩まされたね。



当日のジャマイカ新聞STARでも紹介されてた。

We were in a yesterday STAR!!! #yardbeat #newspaper #star #jamaica

A post shared by YardBeat_Desem (@desem_yardbeat) on





結果から言うと3-2(YB vs BO)

詳細はこんな感じ。


コイントスで勝ったBass Odysseyが
後攻を選んだのでYard Beat先攻で開始。

1st Round (Juggling)
Bass Odyssey 

2nd Round (Deejay)
Bass Odyssey 

3rd Round (5Super Cat)
Yard Beat

4th Round (Singer)
Yard Beat

毎度の事ここで再度コイントス、
勝ったBass Odysseyが後攻を選んだので
Yard Beatが先攻。

5th Round (Tune Fi Tune)
Yard Beat


{73DD7475-88F7-4C27-A170-276CA6950271}


{531B7FE6-1121-4902-890D-2126CF045A4E}





=========== 詳細&個人的見解

ファイナルは今までの3戦とは全く違った。

色々な部分が正反対に動いたかな。

RENAISSANCE戦、

RUFF CUT戦、

REBEL TONE戦、

この3つは全て1&2ラウンド奪取してました。

全ていいスタートを切ってたんです。

&3ラウンド目はいつもドローか落としてた、

今回は間逆。

===========



1ラウンド目

完全におれが会場に呑まれた。

かけたかった曲も全部かけれずラウンド終了。


{793D2928-458D-45DD-A2E3-14ED06B0BC20}


そんでBOが出てきてクラッシュに火を付けた。

ここは流石BOだなと思った。

Dem bust up di place n clash tun up!!!

Bo took the round obviously! 


{7218C297-2C51-444C-AC23-4AA275D736F7}



思ったのが、
全体の音のヴォリュームが全然違った。
YBの時とBOの時と。
おれらの時モニターの意味ないくらい
モニターから音が出てない状況だったかな。
&
外音も同様だったみたいで数人のジャマイカ人友達がバックステージ来て伝えられて確信。
1ラウンド後にエンジニアに伝えて
直して貰ったよ。

これはね、
2?3戦目?でも同じ様な事があった。
おれらのこと勝たせたくない奴もいっぱい。
これは今回のクラッシュ全て通して
肌で感じたよ。
どアウェイってか異国ならでは。
リアルトーク。



2ラウンド目
おれらのプランが全然ハマらなかった。
本気で笑っちゃうくらい。

うわー半端ねえ、
これウケねえのかあ〜っていう。

おれらプランがお客さんとコネクトしない。


ジャマイカも世代変わってきて、

昔の曲まで掘る人が少なくなってるんだね、

こっちのサウンドマンも含めて。

常に新しい曲がアップデートされていく

正にレゲエ国ジャマイカ。

みんな掘るよりも今を生きてるから

ディープに行き過ぎた結果だったなあ。

奥行きすぎるとこうなるんだな、

と思った瞬間。世界各国ほんと違うよね。


{B43BE01C-F03C-42BB-B474-D90D9978E41E}



3ラウンド目で状況が変わった。

もう絶対ラウンド落とせない崖っ淵。

ここはスピーチと曲がハマってきたかな。

逆にBOは2曲のみのForwardだったと思った。

ここはジャッジ前でおれらが獲ったのは

ステージから見て一目瞭然。

案の定おれらが3ラウンド目奪取。



さあここから巻き返し。

エンジンかけたよ。


4ラウンド目

コネクトしてたね、いい感じだった。

BOはボイルダウンし始めた感が。

Tune Fi Tuneはおれらが完全会場ロック。

Bass Odysseyは後半3ラウンド目から曲が

コネクトしなくなっていく感じだったかな。

最終切り返せなかったね。

っていうわけで、ぶった斬り逆転勝利!!!

no bwoy can tell wi nuttin!!!!


{3F60FFD8-6A09-4161-B304-B0CE030146FC}

{4FEE989B-4DCB-48AB-BBD2-8FEA3AC0BBA4}





トロフィーと賞金ゲットしたぜ〜
{58CFEF9E-048E-4E96-9DA2-471635B37631}




YARD BEAT サウンドクラッシュ通算11勝目!

現地ジャマイカ、自国日本、

アメリカからヨーロッパの兄弟やサポーター

更には母さんや姉さん、

沢山のお祝いのメッセージが届いてます。

読みきれないほど!

みんなありがとうございます!嬉。

空から父さんも観てたかな。

観せたかったよ。両親に心から感謝。

{8C4DEBA1-B315-4BF6-BAD6-B229EAA272CE}

{FC6BBD68-3DC4-4706-A2D7-7A41DBBD6C67}

{136357A1-8F89-4554-B51F-84BF0BA5BE49}



ステージでのインタビューが終わって、

ステージから降りると

YBファンに胴上げされて、直後に担がれて

そのまま箱の外に連れていかれた^_^

そこにはなんと

ジャマイカの首相Andrew Honnest!!!!

車の中から

Congratulations!! って!

びびったびびった。これは驚いた。

居たのは知ってたけども

途中で帰った説があったので更に驚き。


{209413BC-399F-4C5E-B26C-54B3D707D20B}



翌日の新聞は表紙でした。

街歩くと5分に1回顔バレしてるのに気付く。

近所のKFC行って並んでれば並んでる間

ずっとクラッシュの話される。^_^

実感全然ないけど凄い。レゲエ国。



いつものごとくチームで闘いました。

Mitch, Lion & Vitoも毎日話して

共通の考えを日々アップデートしていく作業。

このチームを誇りに思います。いいチーム。

{22B1821C-85CA-479E-BA73-0A7208C675B0}



ジャマイカ人にも沢山アドバイス貰ったし

おれらの経験値も更にアップしたよ。

10週間の結果が出せてよかった。



今年はおれらの毎年春の恒例ダンス

Spring Breakがこのクラッシュ出場によって

出来なかったから本当に結果が出せて嬉しい。



4サウンドの首とトロフィー持って帰ります。

{80BCCC59-82F7-454D-A1E8-90F16338E992}


もう引き返せないよ。

世界がおれらの話をしてます、

が、謙虚に驕らず、変わらず昇進します。


みんなありがとう!Respect!!


Bless.





AD