2017年04月13日(木)

ZX-14Rフロントフォークオーバーホール

テーマ:ぐっさん日記

こんばんは、ぐっさんです。

 

本日のテーマは ・・・・・

 

『ZX-14Rフロントフォークオーバーホール』です。

 

ZX-14Rも2回目の車検を迎える車両も増えてきましたニコニコ

 

そこで ・・・・・キョロキョロ

 

今回、フロントフォークのオーバーホールのご依頼を頂きました爆  笑
T様、ありがとうございます 真顔お願い

走行距離は、14.000Km弱 オイルシールの漏れなどはありません
使用方法は、ツーリングがメインで、車両の状態からも
丁寧な乗り方をされている車両です。

 

まず、フォークオイルの状態を観てみましょうキョロキョロキョロキョロキョロキョロ

よ~く観ると ・・・・ポーン
オイル自体は、そんなに汚れていません
がっ、しかし ・・・・・
細かな、鉄粉がトレイの底でキラキラキラキラしておりますびっくり

オイル自体は、酷使されていないのか、ほぼ新品と同じような
色合いです、スポーツ走行等で酷使されているものだと
グレーとか黒っぽい色に変色します真顔

 

先程見て頂いたように、鉄粉が多く出ています
サスペンションもエンジンと同様に 『慣らし』 が必要です
オーバーホール無しに使い続けていると、オイルがヘタって来るのは
当然として、鉄粉がサスペンション内でかき回されて、スラッジとして
堆積していきます

そうすると ・・・・・

サスペンション内の、オイル通路やダンパーシムにスラッジが付着し
また、オイルも汚れて、本来のダンピング性能を発揮しなくなります
結果として ・・・・・

『乗り心地が悪くなる』 ガーン

『コーナリング時に安定感がない』ガーン
などの症状として出てきます。

 

っと、前置きが長くなりました、すいませんてへぺろお願い

 

特殊工具を使って ばらばら にしていきますニコニコ

ちなみに ・・・・

ZX-14Rのフォークはカートリッジタイプと呼ばれる構造です。

この状態にしてから、各部品を洗浄して、新しいオイルを入れて

エア抜きをしつこくやって、油面の調整をして、組み立てれば

作業は終了です。ウインクチョキ

 

フォークには、フリーバルブタイプとカートリッジタイプがあります

画像の左側のスプリングが付いている部品がインナーカートリッジになります

簡単に言うと、車体を支えたり、車軸の位置を決めているのが

画像右側の、インナーチューブとアウターチューブで

ダンピングやプリロードなどを担当する、インナーカートリッジ 

と言った感じでしょうかね

 

ご質問等ございましたら、お気軽に

 

サービススタッフまでお問い合わせください!!グッ

 

メンテナンスのご相談も

 

八尾カワサキまで

 

ではパー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ライムパンサー【八尾カワサキ東大阪】さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。