ニュータウン裏山探検記

やのみー探検隊が行く!
by Yanomii Tanken-Tai

足あとメッセージボード


広島市南東部にある安芸矢野ニュータウンの「裏山」を探検しています。背後には、絵下、発喜、明神の矢野三山。豊かな自然とそこを舞台に繰り広げられた歴史の痕跡があります。しかし、私たちニュータウン住民の多くは、身近にある素晴らしい自然や歴史を知らずに暮らしています。私たちは今、その山に入りながらいろいろなことを学んでいます。

霧やのみー探検隊 隊長 HS


●やのみー探検隊の関連サイト

パソコンやのみー探検隊のHomePage

パソコンやのみー探検隊のFacebook

パソコンのろしリレーのHomePage

パソコンのろしリレーのAmeblo

パソコンのろしリレーのFacebook

パソコンヤマレコ「YanomiiのHP」

パソコンルートラボ「やのみー探検隊」

パソコンひろしま森づくりコミュニティネット「やのみー探検隊」


●やのみー探検隊の作品

クリップ矢野全域の山地図(PDF)右矢印矢野山地図 (2015.11.4)

クリップ矢野のバス案内(PDF)右矢印矢野バス路線図 (2012.8.21試作中) 

クリップ矢野観光案内(PDF)右矢印矢野の歩き方 (2012.10.21試作中) 

クリップ矢野三山たんけんマップ第2版(PDF)右矢印案内面  右矢印地図面  (2012.3)

クリップ矢野三山たんけんマップ第1版(PDF)右矢印案内面  右矢印地図面  (2011.1)


テーマ:
 ギリシャのパルテノン神殿で行われるオリンピックの採火式は、凹面鏡から火を採っている。太陽光から起こす聖火のイメージを、のろしリレーの着火に採用できないかと思ったのが始まりだ。光の収斂(しゅうれん)による着火だ。
 ステンレスのボウルなども使ってみたが、うまくいかない。インターネットを調べて、アルミ缶の底を使うことにした。
01
 「ピカールの金属磨きに限る」と書いてあったので、ホームセンターに買い求めにいったが見当たらず、アサヒペンの製品を購入。
02
 綿にしか見えないが、研磨剤が混ぜ込んであるらしい。
03
 少し湿らせて、アルミ缶の底を磨くと、綿は黒く変色してくる。缶の表面が研磨剤で磨かれていくようだ。
04
 3分も磨くと、ピカピカになった。いくつかやってみたが、うまくいかないのもある。のどごし生、メッツ、Gokuriはうまくいったが、コーヒー缶はことごとくダメだった。
05
 ビフォーアフター。比べるとこんな感じ。
06

 太陽が出た昼間、マッチへの着火を試みる。
 光の吸収をよくするため、火薬部をマジックで黒く塗る。
07
 割ってない割りばしの先にマッチ棒を挟む。鏡面を手で隠すのを防ぐためである。少し下をガムテープで縛り、挟む力を強くした。
08
 アルミ缶を太陽の方向に向けて、焦点を探す。太陽直視状態かも。目を傷めないようにしなければ。
09
 まず、割りばしの広いところで光が集まる位置(焦点)を確認、ゆっくりバックさせて、マッチの火薬部にフォーカス。
10
 そして、ファイアーーー!
 ちょっと感動。
11

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。