二次試験終了

テーマ:
昨日の23日、中小企業診断士の2次試験を受けに広島へ行ってました。

昨年1次試験を合格したが、2次で不合格。
2次試験は2回受けることが出来るので、今年ラストチャンスということで受験しました。
落ちたら来年1次から受けなおしなので、何とか合格したい。
が、後は結果を待つばかりである。

中小企業診断士。結構マイナーな資格である。
しかし、結構難関資格の一つで、合格率は、1次、2次共に20%前後。
1次2次通しての合格率となると、0.2×0.2=0.04=4%の計算になる。

科目も財務会計、企業経営理論、中小企業政策など、7科目もあり学習範囲は気が遠くなるほど広い。
昨年1次に受かったのが奇跡的である。

今年は2次ということで4科目の試験であったが、これも結構手ごわい。

①事例Ⅰ<人事戦略> 80分
②事例Ⅱ<マーケティング・流通戦略> 80分
③事例Ⅲ<製造戦略> 80分
④事例Ⅳ<財務戦略> 80分

トータル320分の試験時間、しかも全て記述式であり、体力勝負の様相を呈している。
10月に実施されるのは気候のいい時を狙ったとしか思えない。

1科目に付、80分でおよそ500~600文字戦略について書くわけであるから、手首は痛くなるし、歯を食いしばって書くので歯もガタガタである。

とにかく紙面を埋めるので精一杯であった。

合格するといいなぁ、と切に思うのである。

帰りは広島駅周辺でお好み焼きを食べようとしたら、修学旅行生で満杯。
仕方なくアナゴ飯を食し、新幹線に乗ろうとしたら、駅の食堂にお好み焼きを発見。
腹いっぱいであったが、やけ食いのように食べて帰りました。(^^)
AD

一次合格

テーマ:
本日中小企業診断士の合格発表があった。
自己採点では合格水準にあったが、やはり正式な発表が出るまでは不安を隠せない。
会社で発表があることに気がついたので、ネットで見る。
が、受験番号を忘れていた。
嫁に電話して受験票を探してもらうが見つからない。
焦る。
しかも、今年は例年の合格率24%を大きく下回り15%程度だったとのこと。
早く確かめたいが、受験票を探さないといけない。
仕事が終わったら速攻で帰宅。
何とか受験票を見つけて、発表のウェブサイトを確認。
無事、合格していました。

やはり、うれしいです。(‐^▽^‐)
AD

V!

テーマ:
8月7日8日は中小企業診断士の一次試験。
広島まで受けに行ってきた。
2日間、計7時間の長丁場で非常にしんどかったがなんとか歯を食いしばって頑張ってきた。

中所企業診断士の一次合格要件は、
①7科目の総点数の60%以上であり、試験委員が相当と認めた点数。
②①に加えて一科目でも40点未満の科目がないこと。

さて、本日協会より回答速報が発表されたので早速自己採点してみた。

1経済学・経済政策  56点
2財務・会計     56点
3企業経営理論    75点
4運営管理      67点
5経営法務      62点
6経営情報システム  64点
7中小企業経営・政策 64点
ーーーーーーーーーーーーーー
 計         444点
 平均        63.4点

多分何とか合格だと思う。

よくもこれだけムラ無く6割位を得点できたもんだと
ちょっと感心した。
が、今度は2次試験の勉強をせねばならない。
あと2ヶ月ちょっとしかないが、全く手付かず。
また早起きして一踏ん張り、であ~る。
AD

試験学習法

テーマ:
今年の目標として、中小企業診断士の試験合格を上げたが、正直言ってスタートが遅かったので学習時間が足りない。
通常、1000時間が目処となっているが、1月5日から勉強を開始したので、8月の本試験までには正味7ヶ月。
約200日として、1日1.5時間の学習で300時間、週末などを活用して平均2時間としても400時間。
4割の時間で合格しようとするのだから、かなり効率的に勉強しないといけない。
そこで、宅建でやった勉強方も加味して以下の方針を立てた。

1.教科書、問題集は1種類に絞る(今回の場合、通信教育の教材のみ)
2.余計なノートは作らない(作るくらいなら、教科書に全て書き込む)
3.資格試験は問題を解いた回数が者をいうので、同じ問題集を4回はやる。
4.とにかく、繰り返しが大事なので、初回学習は10日間で1科目消化する。
  これが7科目なので2ヶ月半で一回目を終了、2回目以降は1週間で消化すると
  ちょうど7ヶ月で4回の学習となる。
5.「勉強は回数」と割り切って、理解しにくい箇所もとりあえず流す。

さて、結果はどうなるか未定だが、早起きも身についてきたので、何とかものにしたいところです。

合格!

テーマ:
嫁さんの出産で忘れてましたが、 10月に受けた宅建の合格発表が12月2日にありました。
結果は何とか合格。

合格ボーダーは34点で、私の得点は35点だったようです。
ギリギリですが受かったもん勝ちということで、素直にうれしいです。

試験終了

テーマ:
昨日の18日、宅建の本試験を終える。
先月の模試では高得点をマークしたが、それからの勉強が進まず、10月の模試では33点とボーダーギリギリの成績まで落ち込んだ。

本試験の自己採点名は気合で34点。
35点あれば安心といわれる宅建得点であるので、ギリギリ1点で落ちるかもというレベルである。
本番前に気を抜いたので自業自得であるが、後は結果を待つのみ。
発表は12月2日である。

明日からは中小企業診断士の勉強に取り掛かります。
8万円近い通信教材を買ってしまったので、元を取らねばならない。
今までの生活ペースを崩さないように、早起きしよう。

公開模試

テーマ:
今年から開始した宅建の勉強であるが、10月18日の本試験に先立ち、公開模試を受けることにした。

これまでの5ヶ月間、問題集4冊をそれぞれ3回ずつ解いた。(計約3200問)
平均勉強時間は多分1時間半位であろう。

これだけやったのだから何の効果もないのは悲しい。

結果は・・・45点(90%) о(ж>▽<)y ☆
しかも間違った5問の内3問は、○×の付け間違いのケアレスミス。

苦手の用途規制と37条書面の問題が少なかったので、予断は許さないが、本番への弾みがついたのは確か。

次の模試は10月4日(日)
その翌週は合同稽古、
その翌週が本試験。
と強行軍だが、希望が見えてよかった。

宅建試験対策②

テーマ:
宅建の勉強も習慣づいてきたので、問題集をこなす速度を上げて行きたい所。
得意分野(民法など)は割と早く進むが、暗記が多い、都市計画法、建築基準法などは覚えていないと歯が立たない。
予定より早いがサブノートを作ることにした。

これが下書き↓。鉛筆で項目の全体像を書き出してみて、配置・内容を検討する。

true-note2

これが清書(違う範囲だが)↓。書き出す内容が固まったら、色紙に色ペンで書く。
色の刺激で記憶の定着が促進されると勉強法の本に書いてあった。

日々徒然-note1

書き方は10年ほど前に本を読んで会得したマインドマップ。
本当はフォトリーディングも習得したいところだが、独学ではなかなか・・・
セミナーは10万円するし・・・

ノートをまとめるのはそれなりの時間がかかるが、ノートにまとめた後は問題を解くスピードが4倍くらいにはなる。やはり急がば回れ、ということだろう。

宅建試験対策①

テーマ:
今年の目標の一つに10月の宅建合格というのがある。
別に宅建の資格がどうしても必要というわけではないが、

 ①早朝に起きて勉強する習慣をつける
 ②過去、予備校に通って勉強したことがある(そのときは転勤でポシャったが)
 ③嫁の実家が商売をやる時の店舗建設、賃借の助けになる
 ④多くの会社が赤字の昨今、自己防衛のため、資格の一つ位は持っておいたほうが良い。

との理由で始めた次第である。

①は先々、中小企業診断士や語学の勉強、その他読書の時間に振り替えることが出来るのでぜひとも習慣化したい。

さて、4月初めから勉強を始めて、2クール学習を進めることが出来た。
学習スケジュールは
 1.テキストの熟読 10日~2週間
 2.過去問題集(3冊750問)1回目完了(1ヶ月間)
 3.過去問題集2回目完了(2週間)
 4.過去問題集3回目完了(2週間)
 5.サブノート取りまとめ(10日間)
 6.予想問題集1回目完了(10日間)
 7.予想問題集2回目完了(10日間)
 8.模擬試験及び復習(1ヵ月半)
 ↓
 試験本番(10月18日)

半年の期間をかけてこれだけ勉強すればさすがに合格するだろうと思う。

2クール終えて宅建の知識の概略が見えてきた。

・民法が基本
・民法で補い切れない部分を借地借家法、区分所有法、宅建業法などで補足している。
・建築基準法、都市計画法などは土地家屋を売買や賃貸することよりも、
 建物そのものを建てるために知っておかねばならない規制。
・土地建物を売買するときに掛かる税金は多々ある。(少なくとも4つあるのではないか?)

これを踏まえると、今後のスケジュールは民法に重点を置かなければならないことが分かる。
明日から3クール目、ここからは加速度がついてやりやすくなると思う。
がんばろう。