逝った人達

テーマ:
年末年始と後輩、先輩が亡くなりました。

後輩は交通事故で。未だ29歳でした。若すぎる死はあまりにも勿体無いと思いました。
彼は合気道を大事にしていました。合気道を楽しむというより味わっているかのようなその姿勢が私は大好きでした。
もっと一杯話や話しをすればよかったと悔やまれます。

先輩はいつも稽古を楽しくしていました。初めて先生の道場で稽古をしたときに相手をしてくれました。
今までの合気道が駄目だと身をもって気付かせてくれました。けれども偉そうなそぶりは全く見せないとても良い先輩でした。
子供たちもかわいがってくれました。息子が「ウナギのおじちゃんと」呼ぶように魚屋さんであるのでいつも旬の魚を分けてくださいました。
子供たちの成長をもっと見せてあげられたらと思うと寂しいです。

父親がなくなった時は色々な感情が入り混じった状態で「悲しい」と思いました。
親や兄弟家族が亡くなるより悲しいことはそうはないと思いますが、2人が亡くなりとても「寂しい」と感じています。
親より亡くなって寂しい人達がいるんだなというのが分かりました。

2人の冥福を心からお祈りしています。
AD

道着作りへの道①

テーマ:
さて、先日道着を作ろうとの話をしましたが、本格的に活動を開始しました。

まずは縫製工場探し、知り合いに商工会議所を通じて児島の縫製工場を調べてもらったが、あいにくジーンズで儲かっているので道着を作る気持ちのあるところは見つからないとの返答。
その代わりに県内の内職斡旋業者を数件紹介してもらった。

多くは人材派遣会社的なものであったが、その中で一つ縫製工場があった。
県北の会社であるが、浴衣、作務衣等の和装を作る会社であり、内職も多数抱えているそうなので早速メールしてみた。

その翌日、早速社長さん(42歳)から電話があり、「道着のノウハウは無いが、前向きにやらしていただきたい」との良い返事をいただけた。

その週末の日曜日に会う約束をして、サンプルを準備、生地代の下調べなどをしてターゲット価格を調べて会談に臨んだのであった。
AD
---続き

さて、稽古後は楽しい宴である。
久々の先生宅での料理は絶品おでん&カツオのたたき。
料理の皿がテーブルに供される度に大量のフラッシュ。料理の美味さを少しでも記録しようとする者達のカメラ撮影である。
食べる前から何かを吸収しようとしている、ある種異様な気合を感じつつ食事が始まる」

「おでんの底にジャガイモがあるけど、これを食った物は極刑に処す」との先生コメント。
これが後のお楽しみであることはいうまでもないが、この時点ではどんなお楽しみか知る由もない。
カツオのたたきには酢だちの皮が磨り込まれており、芳醇な香りが口の中を飛び回る。

本日は身重の嫁のため帰宅せねばならないから酒はNG。
しかし、うれしいことにノンアルコールビールが準備されていたため、気分は十分に味わうことができた。

「ノンブ、稽古が消化不良なら自分で(道場を)やるしかないだろ!」などとノンブをチョシつつ食はすすむ。
樋渡さんが岩間時代に先生にいじられたエピソードなどを交えつつ歓談は続き、やがておでんの具が尽きる。

「さて、お楽しみだ」と出てきたのはなべいっぱいのカレーうどん。24玉入りとのことだが、具を入れると優に30人前はありそうな迫力。
「別腹なんか要らねぇ」とでも言われてるかのような食の嵐。
美味さと量とにノックダウンされそうになりながら、更に歓談は続く。

「お前達、言っておくが本番は明日だから」と先生に突っ込まれても勢いは止まらない。だって楽いから。

さくさく時間は過ぎ、午前2時半。
「じゃ、そろそろ寝るべ」と先生は就寝。
片付けに入る道場生達、話にふける遠来の方々を後に家路に。
しかし、減量で縮んだ胃に大量の美食。ノーダメージと言うわけにはいかない。
途中のコンビニで腹を抱えて気がつけば3時半。自宅に着いたのは朝4時となっていた。

そんなこんなで合同稽古本番の朝を迎えたのでした。

続く・・・
AD

E(イー)会の世界

テーマ:
今日の仮面ライダーディケイドはアマゾンの世界。
そこは大ショッカーに支配されている世界であり、それゆえ人民はショッカーに帰依している。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.tv-asahi.co.jp/decade/story/28.html

挨拶は勿論「イー!!」
大ショッカー小学校も存在し、成績優秀者は幹部登用への道もあるらしい。
この学校の生徒はアイラインを入れた悪顔。
先生は勿論ショッカー戦闘員。

これをみて大笑い。

まさにB型の世界。
先生の言われたB型の世界が現実になるとこうなるんだろうな、と思いました。

三元の話を聞く

テーマ:
日曜日に所用があって先生宅へ。

そこで先生より三元の話を聞く。(一霊、四魂、三元、八大だったかな?)

・固体 流体 気体
・松 竹 梅
・動物 植物 山物(鉱物)

等を大先生の言う三元にあてはめて色々説明を受けました。
内容は難しかったけれど妙に納得できる話でした。

やはり、大先生の考えは広く深いなぁ、と思いました。

非才な身であるので、先生から受ける説明から理解してゆくしかありませんが、一つ一つ頭にいれてゆければと思います。

マダムの園

テーマ:

最近道場生又は、先生の学生時代の弟子同士の結婚が多いせいか、元道場生の主婦が増えつつある。

そんなある日の嫁との会話


ねぇねぇ旦那さん、その内「道場奥様会」を創ろうと思うの。

あの人が会長で、この人が№1、私は№2位かしら。


う~ん、作るのはいいけど「道場奥様会」は昭和40年代のネーミングだぞ。


そうか、じゃぁ 「マダムの園」にしようかしら。


それとも「セレブの集い」がいいかな?


・・・(゚д゚;)


時々嫁の発想にはついていく自信がなくなる。

縁無しメガネ

テーマ:

最近「ガリレオ」なるドラマの視聴率が高いらしい。

主演は福山雅治。二枚目である。

実は私と同い年。


嫁は福山ファンだからして、当然のごとくドラマをチェック。

福山扮する主人公は縁無しメガネを掛けた学者さん。


そんなときの一コマ


やっぱり縁無しメガネが似合う男はいいわね~。


私も縁無しメガネだけど?


えっそうだったっけ?

全く気がつかなかったわ。


(゚д゚;)・・・・・


てなもんである。

ショッカーの隊員の身分は

テーマ:

ショッカーに限らず、悪の秘密結社の構成員の職業はなんだろうと疑問に思っていたら、意外なところで答えを発見。


「時効警察」最終回の一場面。


夢の中で葬式で受付をしているのよね、そしたらショッカーがやってきて、職業をなんて書くのか興味津々で盗み見してたら、「団体職員」だって・・・


E会の皆さんは団体職員だそうです。

佐野、吉方の披露宴。

テーマ:

昨日9月15日は文理女子部員史上 最強の漢こと吉方京子と佐野のプレ結婚式がありました。

本番は11月ですが、岡山近辺の者が参加した、楽しき会だったと思います。


yosikata1
まずはツーショットから。

たすきには

「世界一の幸せ者」

「本日の主役」

とありましたが、「世界一の辛いもの」、「本日の定食」に見えてしまった。

yosikata2
とりあえず我が子と。

子供は三人ほしいそうです。

先生が 兎人(ラビット)、兎美(バニー)と名づけてました。

三人目は 兎耳(ミミー)なんてどうでしょうか?


yosikata3

お祝いの席には欠かせないのがコレ。

まぁ幸せの報酬だと思って。


旧交を温め合う和やかな式でした。

私も親バカ200%発揮してしまいました。