さあ建築だ

テーマ:
棟上げが終われば後は急ピッチで建築を進めるばかり。何せ建築確認まで時間がない。
ここで、工務店の善し悪しが分かれるので注意が必要です。
ほっといてもサクサク作業を進めてくれる工務店が一見よさそうですが、私はなんでも確認を求めてくる業者をお薦めします。
なぜかと言うと、手抜きをしている業者ほど現場を見られたくないので、作業を早める傾向があるためです。
小さな工務店が自社元請けでやっている場合は信用第一ですからそんなことはないと思いますが、下請けの場合は要注意です。
設けの薄い下請け仕事はさっさと終わらせたいのが人情。手抜きがないとは言い切れないところが辛いところです。
私の頼んだ工務店さんはいい大工さんを抱えていたので細かいところまでよく気にしてくれました。
遅くまで現場で打ち合わせたこともたびたびでした。(^^;

$日々徒然-muneage3
棟上げの前は骨組みしかなかったが

$日々徒然-muneage2
大工さんたちのおかげで・・

$日々徒然-kentikuchuu1
家のかたちを整え

$日々徒然-kansei2
完成に近づく
AD

やっと棟上

テーマ:
基礎が出来たら配管その他を行いやっと棟上げにいたります。
その間にも細かい仕様のうちあわせも随時行うので結構忙しいです。
年末の基礎うちから約一ヶ月でやっと上棟式をとりこなうことができました。





AD

家は基礎から。

テーマ:
建築許可が降りて基礎工事にはいったのはやっと12月も20日を過ぎてからである。
当時(2011年)は震災があったこともあり、地盤改良にナーバスにならざるを得ない状況だったので、結構真面目に打ち合わせました。
地盤調査に始まり、杭の種類の選定等です。
地盤調査ですが、結構な数の杭を打ち込んでみて地下の様子を量るのですが、この土地は農地だったこともあって14m位までシルトで残念ながら岩盤まで届きませんでした、。(T-T)
しかし、工務店の社長曰く、このような農地跡で、下手に地下数メートル岩にぶつかると、そこにガラが埋まっていることがあるのでかえってよかったとのこと。
単純な地盤の悪さは杭の本数や深さで補うことが出来るが、ガラが埋まっていると後のトラブルが予想出来ないからだそうです。
若干慰められた感もありますが、納得ずくで買った土地なのでよしとしました。
杭の種類は鋼管杭がベストですが、そうなると費用も160万円掛かるので、コンクリート杭にしました。それでも100万円しましたけど。
本数はハッキリ覚えてませんが20本くらいあったと思います。
杭の上に基礎を打って地面をくわえ込んだ形にしてやるわけです。

↓基礎を打った直後。一見狭くみえますがこんなものらしいです。

日々徒然-kiso