手続きとスケジュール

テーマ:
さて、やっと土地が見つかりましたが、これで家が建てれるわけではありません。
何故かと言うと、そこが農地だったからです。
日本には農地の売買を規制する農地法なるものが存在しますので、農地を宅地として売るには転用許可と開発許可を受けなければなりません。

開発許可が出るまでには、長い場合1年位かかることもあるそうですが、幸い3ヶ月で許可が出ました。
(工務店さんにとってはとても長い3ヶ月だったそうですが)
何故かと言うと、地主さんが既に更地にしていたからです。
そこは上手くやっていて、
①農地を一時的に資材置き場として転用
②更地にして資材置き場として使用
③転用期限が終わるころに売りに出す
④更地になっているので許可が比較的で易い
こんな感じのからくりです。まぁ私には関係ありませんが。

9月に土地の売買契約を結び、開発許可が出たのが12月初め(ここで融資が実行できる)
後は建てるだけですが、ここからが急ピッチとなりました。

理由は、長期優良住宅の補助金にあります。
これは申請料を差し引いて70万円出ますので、受けられると大変助かります。
長期優良住宅の要件は色々ありますが、私は性能重視で家を設計しましたのでそのあたりは楽勝でクリアできたのが大きかったです。
この補助金の期限は年度の終わりの3月末。
確認申請を含めると3月半ばには家が完成(登記できる状態)に成っていなければなりません。
つまり実質3ヶ月で家を完成させる必要があるので大工さんたちの苦労が想像されます。

続く

AD

土地探し②

テーマ:
さて、家の打ち合わせや、会社の忙しさからばたばたしてしまい、前回の更新から1ヶ月以上が経過しています。
土地探しでは苦労しましたが、家の方は建てはじめてから概ね順調に工事が進行し、来月には引越しが出来そうな状況です。

さて、そんなわけで、土地探しの苦労話も今回で打ち切り、次回からは建物の話、手続きの話に進んでいきたいと思います。

検討した土地で、非常に惜しいことをしたのが、箕島の土地。箕島小学校のすぐ裏手にある分譲地で、保育園も目と鼻の先。
バイパスの近くで嫁の通勤にも子供の通学にも便利。
難点は55坪程度と狭いこと。
しかし、不動産屋さんの薦めもあったので、嫁が会社帰りに見に行きました。
嫁はすごく便利なので気に入った様子。私もそれならと言うことで一緒に週末に見に行きました。
仮押さえするのに保証金が30万円程要るのでちょっとためらいがありましたが、場所が非常によく、南向きで近所の家も新築、小さい子供のいる家庭のようだったので、GOを掛けました。
が、既に他人に抑えられた後でした。
いい物件はすぐに埋まることを身をもって実感しました。

それからは箕島~茶屋町周辺の土地の紹介を数々受け、また、自分でも車で徘徊し、売り地や空き地を見つけては不動産屋さんに調べてもらう日が続き、疲れる日々でした。(ちょうど夏だったし)

そんな中で、漸く2つに絞り込むまでになりました。
ひとつは、箕島の旧道沿いから1本入った土地。今の家から車で5分ほどの距離なので、位置的にはほぼ希望通り。坪単価は少々高かったが、市街化区域なので、転用の手続きにかかる費用が抑えられるのでまぁOK。
気になったのは小学校まで遠く、旧道(車が多く歩道がない)を行かなければならないこと。南側に既に新築の家があり、日当たりがちょっと気になり、駐車スペースのとり方も難しそうで、また、裏に用水路とごみステーションがあったことである。

もう一つは豊洲小学校とバイパスに挟まれた土地。
小学校にはすごく近い(ついでに保育園にも)ので、その面ではOK。もちろんバイパスまではすぐに出れるし、ついでにコンビにも近い。南側は道路なので、駐車スペースをとるのも問題ない。
ここで問題になったのは、バイパスから50mほどしか離れていないおらず、騒音と排気ガスが心配だったことである。

工務店さんにも相談したが、結局豊洲の方が良いかな、70点位しか出せないけど仕方ないかな、と決めかけていたところでした。

そんなときに見つかったのが今の土地でした。
ギリギリのタイミングで紹介されたのですが、位置など、全て80点以上あげれる土地だったのですぐに決めました。(その後の手続きが大変で、工務店さんには迷惑掛けましたが)

土地を決めた後、不動産屋さんへの値引き交渉依頼(これはがんばっていただけました)や転用手続きを急いでもらう働きかけなど、色々やることがあり、少しの間気力なくなりましたが、まぁ気に入る土地が見つかってよかったと思っています。

続く
AD