3月7日の稽古

テーマ:
本日は懸案になっていた子供へ四方投げに挑戦、が、あえなく失敗。

<子供>
・体操
・受身、膝行
・体の変更、同気の流れ
・体の変更からの脱出
・片手取り回転投げ(半身半立ちで)
・両手取り四方投げ(同。が、失敗)
・片手取り一教 表裏
・杖の素振り(直突き~面打ち後突きまで)
・座り技呼吸法

六の杖はほぼ形になっている。
突きや剣の打ち込みができると技に幅が出るので楽しみである。

<一般>
・体の変更、同気の流れ
・諸手取り呼吸法
・肩取り一教 表裏
・肩取り三教 表裏
・肩取り四教 表裏
・座り技呼吸法

肩取りの四教の裏技はあまりやらない技であるが勢いでやってしまった。
やはりやりにくい技、面倒な技だなぁと感じる。
AD

「食われる前に食え!」

テーマ:
成長著しい我が子テンテンであるが、彼の食欲は日々すさまじくなる一方である。

食事のときは人の皿の中身を狙う。
しかし、彼なりの(B型的な)こだわりがあるらしく、自分の皿に口をつけてから人のを欲しがる。
一応、自分のを食べましたとの意思表示のようであるが、一口しか口をつけてないので中身はまだまだタップリ。

そんなわけで日々子供に飯を狙われる日々。
私は兄弟が多いので、テンテンより先に完食してしまうことが殆どだが、一人っ子の妻はのんびり食べているので取られる率が高い。

「さっさと食べんから取られるんだ。」と私。

「食事くらいゆっくりさせてよ」と妻

「いや、家の掟では“食われる前に食え!”だぞ、銀河鉄道999でアンタレスが鉄郎に“宇宙では撃たれる前に撃て!それが掟だ!”といってただろう?」

「そんな掟はいや~!!!」
AD

3月2日の稽古

テーマ:
本日は夕方から急に冷えこんだため、弟子が来ないもんだと勝手に思い込み、鍛錬棒連続1000回に挑戦。
しかし、8時を過ぎたときにおじさんがやってきた。
400回振った直後の稽古は握力に堪える。

・体の変更、同気の流れ
・諸手取り呼吸法
・片手取り四方投げ 表技
・同        裏技
・片手取り三教 表技
・座り技呼吸法

三教の極めはマンツーマンだと教えにくい技の一つ。
その割には形が伝えられて良かった。
AD

2月28日の稽古

テーマ:
本日は子供のみ参加。

・体操
・前回り受身、後回り受身
・体の変更、同気の流れ→脱出
・諸手取り呼吸法
・剣の素振り 1~6
・杖の素振り 突きの部 5本
・座り技呼吸法

一般クラスは参加者が居ないので素振り

普段出来ない、早い稽古をやってみた。
体の変更素振りは左右で差が大きいので更なる修練が必要。
素振りを数百回繰り返した後に、振り棒。
300回でも堪えました。

2月25日の稽古

テーマ:
北中6回目の稽古
白帯一名の参加(といっても大人の弟子は1人だけど)

・体の変更、同気の流れ
・諸手取り呼吸法
・剣の素振り 1~7
・右の合わせ
・左の合わせ

武器技、体術を問わず、最初はゆっくりやることを心がけるべき。
岩間の合気道には厳然たる基本がある。
基本は繰り返し行うべきものであり、流して行ってはいけない。
繰り返し行うので、確実に出来る速さで行い、徐々に早くなっていけばよい。
そう思います。

・早い稽古はいつでも出来る・・・気の流れから入る合気道では体感できない部分ではないかと思います。

稽古後、色々雑談をする。
色々な武道を経験しているようで、「○○○は良い武道だと思うが、他武道の悪口を言うところが納得できない」と仰られていた。

「ダメと言うな!違うと言え!」と斉藤先生は仰られていたそうだが、将にその通りなのだと思います。