子供クラス体験

テーマ:
最近色々な筋から子供クラスの稽古をしては?との話が出ている。
私は教えるのが好きな方だと思う。
が、子供に教えるのは大変そうだとも思う。

なにはともあれ、体験にこしたことはないとおもい、大先輩の道場へ。

着いたら幼稚園児のような子供たちがワラワラ・・・・と走り回っている。
一番小さい子は4歳とのこと、3歳から通い始めているそうだ。
実に和やかな雰囲気だが、先生は別格との認識も出来ている様子。
年長の子供(中一)が実によくほかの子の面倒を見ていたので。

さて、稽古。子供15人を並べて整列。二礼二拍一礼。
・軽くランニング
・体の変更、気の流れ
・諸手取り呼吸法 

これは合気道だから当然。
ここからは子供クラスだけの内容。

・正拳突き     10本×15人
・二段突き     10本×15人
・前屈立ち逆突き 左右5本×15人

全員一緒に合わせるには空手の突きは有効とのこと。(参考になる)
まじめに付き合ったので相当バテた。

次に受身の稽古。
子供たちが自分でマットの準備をする。
自分のことは自分でやる習慣は良いことだと思う。

一人ずつ前に出る。年長の子がその子をマットに投げる。
投げられた子はマットに受身を取る。
可能ならばそのまま2,3回連続で受身。

次に子供たちがマットを囲んで立つ。
一人がマットの周りを走りながら立っている子を突き飛ばす。
突き飛ばされた子は、後ろ受身。

最後に俯けに寝そべって「人間絨毯」
寝ている子の上を一人が転がる。これを道場半周程。

最後にマットの上で座り技呼吸法(全て先生が一人で相手にする)

子供には技よりも、体をとっさに動かすこと、集団の中で人に合わせることを
教えることが重要だと理解できた。
技は徐々にで良い。
その中で真面目にやっている子は伸ばしてやればよい。
そんな風に思いました。

余談であるが、子供と稽古したおかげで腰痛がぶり返しそうになった。
が、翌日にはスッキリ。
思うに正拳突きが背筋を刺激して腰の負担を和らげたのではないか?
そういえば鍛錬棒を毎日振っているときは腰の調子が良くなったような。
背筋と腹筋で腰を支えているのだなぁと実感。

ところで子供クラスの実現は?
不況の煽りで運営費が捻出できるかどうかの状況なので思案中です。
AD

12月2日の稽古

テーマ:
本日は肩取り。@35才とTU川さんと組む。

・体の変更、同気の流れ
・諸手取り呼吸法
・肩取り一教表技
・同      裏技
・肩取り二教
・肩取り腰投げ
・肩取り入り身投げ(正面打ちを受け流してから)
・同          (正面打ちから直接入り身)
・座り技呼吸法

腰の養生のため自由稽古は見学。
先生の話を色々聞く

「座り技呼吸法が完成したかもしれないという発言にはショックを受けた。

・「肘を上げずに手のひらを返す」ことが出来れば相手に思い切り握られても出来る。
・大先生の呼吸法を研究したら出来るようになった。

とのこと。

また、動き全般についても示唆に富む話を拝聴。
・手のひら足の裏に均等に力(重力も)がかかるように行う。
 →杖、鍛錬棒、体の変更全て

話を聞きながら、以前本で読んだ、「迷路の必勝法」を思い出した。
迷路を100%攻略する方法が一つだけある。とにかく一方の壁に手を着いたまま進み続けることなのだが、ここで思ったのは、迷路は型である、ということ。
決まった形の中で自由に動けるようになって初めてゴールへたどり着くことが出来るのである。
出口が見えないからといって形を勝手に変えるのは、迷路の壁をぶち破って外に出ることであり、反則である。
そういう人には一生正しい方法は見えないであろう。



AD

11月30日の稽古

テーマ:
早いもので11月も最終日、明日から師走に突入。
しかし、会社は不況のあおりで超暇。
かねてからの構想である、子供教室への活動を本格化させるべきか?と思案していたら道場のTU川さんが子供を習わせたいとのこと。
本気で活動して見よう。

<体術>
・体の変更、同気の流れ
・諸手取り呼吸法
・座り技正面打ち一教 表裏
・立ち技正面打ち入身投げ
・半身半立ち正面打ち込みの入身投げ
・立ち技正面打ち込みの入り身投げ(2撃目で入り身)
・同                    (3撃目で入り身)
・座り技呼吸法

正面打ち入り身投げだが、相手の庇い手を斬りおとしつつ入り身するものである。
「斬りおとしつつ」がポイントで、「斬りおとしてから入り身」でも、「入り身して斬りおとす」でもない。
やってみるとわかるが、斬りおとしてから入り身すると相手が前のめりになって引き寄せるのが重い。
また、入り身して斬りおとすのは相手の手が邪魔で無理がある。

師匠の動きから多くの情報を捉えるのには知覚脳が必要。
認識できない動きは目に入っても憶えられない。
武道的な知覚脳を鍛えるのには稽古以外の時間で何を見、考えるかが鍵となる。
考えたことを稽古で再現することで体に認識を焼き付けることが出来ると思う。

<武器技>
・回転払い素振り
・回転払いの合わせ(止める、合わせる)
・剣対杖 三(止める、合わせる)
・同変化
・剣対杖 四
・同変化

剣対杖の稽古は頻度が少ない。
技術的に難しいからだが、その為、初めて行う道場生も何人か居る。
初めて難しいことをやると、緊張のせいか間合いが遠くなりすぎるようである。
安全に配慮することは大事だが、良い間合いを認識することは武道の修練ではかなり重要な点である。
当ててしまうのが怖いなら、止められる速度で打ち込めばよい。
思い切り早く打ち込むのが良い稽古ではない(緊張感は必要だが)
正確な打ち込み、間合いの取り方を意識して、丁寧に稽古する気持ちがないと良い稽古にはならない。

AD

11月29日の稽古

テーマ:
坐骨神経痛により足掛け2週間ほど稽古を休んだが、どうにか復活。
名医を見つけたおかげで神経痛は完治。
背骨が腰の辺りで詰んでいる感じはまだ抜けないがそこは時間薬。養生しよう。

・体の変更、同気の流れ
・諸手取り呼吸法
・両手取り四方投げ 表裏
・両手取り腰投げ(側方に捌いてはいる)
・同(相手後ろ足の蹴りを警戒して直接腰投げに)
・同応用技(相手が手を離さなかった場合、その手を自分の腰板にあてて腰投げ)
・両手取り呼吸投げ(外側から)
・同変化(相手に近い方の手を小指から握って入り身のように後方に投げる)
・座り技呼吸法

先生の指摘で、技に右左は無いとの話が出た。
相手との半身の組み合わせでやり易いやり難いはあるが、本来は相手の体勢のどこを攻めるかにある。
相半身、逆半身どうなっても的確に技に入らなければならない。
黒帯は技の形を覚えているのであるから尚更注意しなければならない。