どうも


停電地獄のヤンゴンよりお届けしております


毎度お馴染みローカルです。



さて、ローカルと言えば


ヤンゴンのグルメハンターとして


これまで様々なレストランを


ご紹介してきたわけですが


いつも感じることは


やっぱり


ミャンマーの人は


辛いのが好き


ですよねー!



モヒンガーやシャンカウスエ


先日お伝えしたミャンマーヒン


などのミャンマー料理は


そうでもないんですが


HOT POTと呼ばれる


「鍋料理」や


ミンランを代表とする


「ヤカイン料理」などは


どれも


ぶったまげるほどの辛さ


です!



いやマジで


ローカルもこれまで何度も


激辛鍋や激辛シーフードに挑戦してますが


2,3口食べただけで


口から火を吐くほどの辛さで


正直言って


味を楽しむ余裕もないくらいなんだぜぇ。。



それでも


今ご紹介したような激辛レストランは


どこも連日


地元のお客さんで賑わってるんで


どんだけミャンマーの人が


辛い料理が好きなのか


よく分かりますよね。



んで、そんな


辛いもの好きのミャンマー人の間で


今、


とある商品が


大注目されてるんだぜー!



「ヘクブルダックポックムニョン」


だぜー!



そうだぜ、


韓国のインスタント麺


だぜー!



最近では


ミャンマーでもフェイスブックを使った


ネット販売が盛んですからね


特に若い世代から


このいかにも辛そうな


韓国のインスタント麺に


注文が殺到してるんだぜー!



調べたところによると


この



「ヘクブルダックポックムニョン」は


今年の1月に


韓国で発売され


今現在


韓国史上一番辛い


インスタント麺だそうだぜー!



その辛さ


実に


「辛ラーメン」の4倍!!



そんな殺人的なラーメンを


作ってもいいもんなんでしょうか?



おそらくは


ミャンマーの若い人たちの間でも


そのような情報が共有され


話題となってるんだと思いますが


これを食べた人たちは


みんな


「辛くて美味しかった」


と平気な顔で言ってるそうです。



ばんなそかな・・・



果たして


ミャンマーの人たちは


どのレベルの辛さまで


美味しいと感じてるのか?



・・となれば


やるんです!



元祖「体当たりブロガー」として


やっちゃうんです!!



ミャンマー人の味覚を


大検証してやるんだぜー!!



てことで、ローカルも


ネット販売で注文して


この


「ヘクブルダックポックムニョン」を


手にすることが出来たんで


早速、鍋に入れて


調理開始だぜー!



いや~見てくれだぜ、




この


悪魔のような


スープの色。




麺は


辛ラーメンと同じような感じですが





少しすくっただけでも


強烈なスパイスが


鼻を衝くんですけどー!!



そいじゃ


ウォーミングアップも済ませたところで


イグゼ!



韓国史上最恐のラーメン



掛かってこいやー!!



・・さあ


DOなんだぜ?





あれっ?


意外と・・・って






やっぱ


アカ~~ン!






なんだぜこれ~~!?



これなんだぜこれー!!



もはや一口食べただけで


むせてしょうがないんですけど~。。



いやマジで

こんなもん


クールな顔して食べるって


チャン・グンソクでも無理やろ~!?



見てくれだぜ



この滝のように流れる汗。。



いやでも


ここまで来たら




やってやるんだぜ!



ミャンマー人の味覚を




この舌に刻み込んでやるんだぜ!


・・って



やっぱ無理なんですけど~~。



あまりの辛さに


ローカル自慢のパーティー鼻まで


吹き飛んじゃったんですけど~!


ってやかましいわ!



・・まあそんな感じでね


相変わらず最後は


ふざけちゃいましたけど


本当にこの辛さが平気だと言うのなら


やっぱ


ミャンマー人が


辛い料理を求めるのも


自然のことなんだなあ


と身をもって体感した


昼下がりのローカルでした。




↓顔芸に頼りすぎだろ!クリック、ポチッとお願いだぜ↓


にほんブログ村
AD

コメント(3)