2008-02-24 12:04:52

CINEMATTIC 第4弾 七里監督スペシャル上映会

テーマ:イベント情報

映像イベントCINEMATTIC。

第4回は、3/26(水)~3/28(金)にシアターキノで上映される最新作、『眠り姫』の公開を記念して、

七里監督スペシャル上映会を開催します!


全回、七里監督のトーク付き!

各回30名様限定です。


<開催日>

2008年3月29日(土)


<上映プログラム>
14:00-15:20 「眠り姫」 (CAST: つぐみ、西島秀俊、山本浩司)
上映終了後、七里監督トーク(15:45終了予定)

★ゲスト: 阿部幸弘(ATTIC代表、漫画評論家もやっているフリーター精神科医)


nemuri3 nemuri1



16:00-17:10 「ホッテントットエプロン・スケッチ」 (CAST: 阿久根裕子、ただてっぺい)
上映終了後、七里監督トーク(17:30終了予定) ※終了時間を訂正致しました。


hotten


17:40-19:02 「のんきな姉さん」 (CAST: 梶原阿貴、塩田貞治、大森南朋、三浦友和、佐藤允)

札幌初上映!
上映終了後、七里監督トーク(19:30終了予定)

★ゲスト: 富田克也 (映画監督)

<上映料金>
「眠り姫」
当日券のみ1,400円


「ホッテントットエプロン・スケッチ」
電話&メール予約 1,200円/当日 1,400円


「のんきな姉さん」
電話&メール予約 1,000円/当日 1,200円


<七里圭監督プロフィール>

1967年生まれ。早大卒。高橋洋らがいたシネマ研究会に所属し、在学中から映画の現場で働き始める。約十年間、廣木隆一、鎮西尚一、西山洋一らの助監督を経験し、監督及び脚本家となる。2004年、山本直樹原作の『のんきな姉さん』、短編『夢で逢えたら』で、劇場デビュー。その後、室内楽団の生演奏付き映像の演出や、美術館製作のアート映画『ホッテントットエプロン-スケッチ』 (2006)など異色の作品を発表。脚本作は、『犬と歩けば チロリとタムラ』(篠崎誠監督)、『ラマン』(廣木隆一監督)など。2003年よりTBS「世界遺産」の構成も担当している。映画最新作としては渡辺淳一原作の『マリッジリング』 がある。


<問合せ先>
ATTIC
011-676-6886(担当:小野、梶田)
cinemattic@a-yaneura.com

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ATTICさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■ありがとうございました!

初めまして。

29日の「CINEMATTIC 第4弾 七里監督スペシャル上映会」
に参加させていただきました。
元々の目的は「ホッテントットエプロンースケッチー」を
東京の方で1度見ていて、札幌でも上映するということで
もう一度見たい!と思って足を運びました。

ただ、この上映会は監督のトークもあり、
監督の映画がまとめて3本も見れるということで
3本とも見させていただきました。

映画もどれも余韻力が強いものばかりで
終わった後もずっと後に残るもので、
終わってからも映画の世界に引っ張られています!
また、トークも監督の考えや感性なども、
受け取ることができて、ホントよかったです。


今回初めて、ATTICさんに足を運びましたが、
また、是非とも行ってみたい場所になりそうです!
ありがとうございました!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。