2013-06-21 11:19:07 テーマ:今野敏

隠蔽調査

隠蔽捜査 (新潮文庫)/新潮社

¥662  Amazon.co.jp

この主人公の竜崎、警察小説史上最高な「型破り」です。



普通、警察小説の主人公は「警部補」が多い。

「踊る大捜査線」の青島、「アンフェア」の雪平夏見、「ストロベリーナイト」の姫川玲子・・・・・

全部、「警部補」です。


ちなみに、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監の順に偉い。

ノンキャリアの場合は最高でも警視です。



そこで、この小説の主人公の竜崎は警視長!

実は、あの古畑任三郎でさえ警部補で、それより4階級も上なのだ!

嫌な奴でしょう!?


そして、この竜崎の台詞がもっと嫌らしい!

「東大以外は大学では無い」

「家庭のことは妻の仕事である」

「部下であっても決して信用してはならない」

本当に嫌な奴でしょう!


でもね、この小説を読み終わる頃には竜崎のファンになってしまうのです。

もちろん、基本的に竜崎は嫌な奴なのですが。



それにしても、この竜崎の妻、冴子がスゴイ!

本当に凄い!

あまりにも凄すぎて、これは今野さんの女性に対する理想像だな!なんて思ったくらい凄い!

ヤンボウ惚れました!


ご免なさい!

「隠蔽捜査」の説明としてはなんのこっちゃ?って感じになってしまいました。

正確な情報を得たい方は、是非http://profile.ameba.jp/hy3311/ 「杉下左京」さんのブログでご確認ください


左京さんは、この本を「お薦め」としていますが、実はヤンボウ、ちょっと異論があります。

ヤンボウは「絶対お薦め」です!(笑)






同じテーマ 「今野敏」 の記事
PR

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

私のブログを紹介いただきありがとうございますm(_ _)m
「果断」も含め、絶対お勧めですね(笑)
竜崎のキャラクターを創造した時点で、このシリーズの成功は約束されていた!
それほどの主人公です。

2 ■Re:無題

>杉下左京さん

有り難うございます。
左京さんに無断で、紹介させて貰って怒られたらどうしようと思っていました(笑)

仰る通り、この竜崎、あり得ないですよね(笑)

コメント投稿

[PR]気になるキーワード