1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年09月02日

9月3日は睡眠の日~睡眠の実験

テーマ:睡眠学(かたい話)

睡眠の日を前に、当地の自治体が実験を始めました。
勤務時間帯を前倒しする、「いわゆるサマータイム」みたいなもの。
企業では以前から取り入れているとはいえ、
また、県庁でも省エネ対策としても取組んでいるとはいえ、
部署内で希望者を募って、限定的にスタートさせたということですが、
もう秋です、日が短くなっていくこの季節の始める意味がわからない。


今年7月から国家公務員でも始まったとニュースになりました。
10月までの3か月間で、検証できるだけの結果が出てくるでしょうか。
省エネ効果をアピールし、経済効果を大いにうたっていますが、
はたして???



2008年に出された日本睡眠学会の見解は、
「サマータイム制は、日本人の国民性にそぐわない」です。


まず生理学的に、体内時計を無理矢理前倒しするのは、身体に負担です。
生活の時間リズムを定着させるには、約1か月かかるといわれます。
ようやく体が慣れても、猛暑日と熱帯夜の連続の季節は消耗戦です。
睡眠時間が確保できるわけでもない。
3か月たって元の時間帯に戻す時も、
体内時計の調整には数週間かかります。(時差ボケを治す感覚)


体内時計がうまく働かないと、
生活習慣病のリスクが高くなることは明らかです。
また「うつ」になりやすいこともわかっています。
それでもやるメリットがあるのか?


朝の涼しい時間帯に効率よく仕事をしようというのも、職種によります。
事務系の仕事はいいのです、体を動かす方は同じにいかない。
また、時間帯の切り替え後1か月以内の事故率の高さは、
海外でも問題になっています。



そして、まじめな日本人という国民性が問題になります。
仕事のスタート時刻を早めるのは「よいことだ」と賛成し、
切り上げ時刻をきちんと守れない、守りにくい。
ついつい、いつもの時刻まで「残業」する人は少なくないはずです。
みんな同じ働き方をすることに慣れているせいか?
ランチの時間さえ十分取らない多くの日本人は、過労に陥るしかないな。


経済効果の話では、
「ゆう活」で消費活動や自己啓発の時間ができると期待があったですが、
活かしきれた人はどのくらいいるでしょう。
省エネと言いながら、
仕事場以外の別のところでエネルギー消費するのですから、
全体としてみればたいして効果は上がりにくいと思われる。
(照明も家電も省エネタイプが普及してるし)


検証する際には、エネルギー消費、個人の消費活動など経済面からだけでなく、
身体と精神面への影響(後遺症的なものも)、
ミスや事故での損失など、幅広くメリットとデメリットを明らかにすべきでしょう。
やってくれるかなぁ、厚労省、経産省。。。


動物としての「ヒト」の活動時間は、
機械仕掛けのように、簡単に変えられません。
日が昇り明るくなって活動し始め、日が沈めば休む生活。


ふと思うに、
時代劇に出てくるような、寺の鐘で時刻を知る生活は健康的です。
明るいうちが昼、暗くなれば夜。
日の出から日の入りまでの時間が季節変化するのも承知で、
それぞれ6等分して時刻を作る和時計の刻み方は、
ビジネスには向かないけれど、身体への負担は少なそうです。
(和時計について参考にしました→http://ammo.jp/monthly/0211/index.html



さてさて、わが自治体の試みは、1か月限定の実験です。
身体がようやく慣れてきたころ終わる予定です。
参加職員の健康診断は、少なくとも追跡調査してほしい。(from納税者)

当店前の駐車場の隅に、咲き誇る晩夏のアサガオ。

こぼれ種から育った。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年02月22日

いつ寝るの?

テーマ:睡眠学(かたい話)

昨日のニュースで、驚きの報告が出ましたね。
情報セキュリティ会社の調査ですが、
スマートフォンを使用する子供たち の生活が見えてきました。


モバイルフォンを使用すると回答者のうち、スマホ利用は、

小学校高学年ですら40%程度、中学で65%、高校生では96%。
今の時代のこと、やむを得ない背景はありますが、
使う際のルールが、あまりにも放任され過ぎでしょう。


女子高生のスマホ使用時間が、平均で7時間、
いったい、いつ勉強して、いつ眠るんでしょ。
(インターネットを使っての調査なので、

対象がヘビーユーザーに絞られる可能性、

とびぬけて長時間使用の少数集団が、

平均値を大きくしている可能性が考えられます)


取材に答えた大学の先生は、
「依存症になる恐れがあります」と控えめに話しておられましたが、
もうすでに陥っていますよね。
直に話すというコミュニケーションが、ずいぶん下手になっていますし。


街頭でインタビューしたある女子高生では、
トイレにもお風呂にも手放さない、と話していました。
どう見ても依存症でしょう。
日に15時間もスマートフォンに縛られていると、
学校の授業にも集中していないでしょうし、
家でも、かたときも手放さない。
当然、睡眠時間を確保することすら難しい生活です。


なんか、おかしくなります。
身体がおかしくなる。
その前に、神経的に参ってしまう。
生体リズムの知識不足、自尊意識の脆弱、いろいろ問題はありますが、
病気の実感がないまま、成人になる怖さがあります。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年06月13日

睡眠薬の処方に関する指針

テーマ:睡眠学(かたい話)

睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン
~出口を見据えた不眠治療マニュアル~

http://www.jssr.jp/data/pdf/suiminyaku-guideline.pdf



医師向けの指針ではありますが、
そもそも安易に出しすぎるきらいがあった睡眠薬を、
処方する前にきちんとした問診でチェック、
処方したのちも定期的なフォローをすることとし、
薬をやめていくという方向づけがはっきりしました。


眠れない、眠りが浅くすぐ目が覚めるといった訴えの患者さんは、
若い世代から高齢者まで幅広く、とても多い(約3割)。
一人ずつに生活の見直しや生活指導の時間をさけるお医者さんは、
残念ながらそう多くはありません。


高齢者の場合では、「せんせ、眠りにくいんやけど」と言うだけで、
簡単に睡眠薬が処方に加わったりします。



今回の指針が目指すところは、
睡眠薬は、必要な場合に適切な使い方で服用すること。
そして患者の睡眠の状況を聞き取り、正しく減薬。
最終的には、薬なしでも眠れるようになること。



今まで睡眠薬にガイドラインがなかったことが、不思議なくらい。
こういうところからでも、少しずつ医療費削減にもつながる一歩です。


このガイドラインをまとめた国立精神・神経医療研究センターの三島和夫氏が
NHKのTVとラジオの番組に出演、詳しく解説をしてくださいました。
インタビューするアナウンサーらとのやりとりで、
一般的な思い込みとのギャップも感じました。


しかし、このガイドライン全部で79ページ。なかなか読みごたえがあります。(^^;


睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン
~出口を見据えた不眠治療マニュアル~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年01月20日

睡眠障害対処 12の指針のこと

テーマ:睡眠学(かたい話)

ナショナルジオグラフィック日本版>Webナショジオ の中に
「研究室に行ってみた」というコラムがあります。

専門家へのインタビューで、研究の一端を数回の連載で紹介するもの。
日経ビジネスオンライン にも再掲されています。)



自然科学の記事が多い中に「睡眠学」というのも、今の時代らしい。
人間も自然界に生きる動物であることを再認識させられるのが、
睡眠という生理現象だものなぁ。


国立精神・神経医療研究センター 三島和夫先生への取材です。
6回にわたる連載で、
日本人の睡眠時間の現状、最新の睡眠研究の紹介、今の不眠治療の話と、
コンパクトによくまとめられています。



第1回 眠らなくなった日本人


第2回 体内時計25時間はウソだった!


第3回 理想は8時間睡眠もウソだった!


第4回 眼からウロコの不眠症治療法


第5回 世界初!睡眠・覚醒リズム障害の原因を解明


第6回 ぐっすり眠るための12の指針



最終回に取り上げた「睡眠障害対処 12の指針」は、
「睡眠障害の治療・診断ガイドライン研究会」がまとめたもので
一般人がわかりやすい形になっています。

ただ、それでも解説が必要になるようなので、
三島先生が、注意点を含め、活用の仕方を語っています。


ここでは、12の指針だけ掲載します。
どう理解するか、どう活用するかのヒントは、
上記の記事で読んでみてはいかがでしょう。



【睡眠障害対処12の指針】


(厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費
 睡眠障害の診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究班、平成13年度研究報告所より)


1. 睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分
睡眠の長い人、短い人、季節でも変化、8時間にこだわらない
歳をとると必要な睡眠時間は短くなる


2. 刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法
就床前4時間のカフェイン摂取、就床前1時間の喫煙は避ける
軽い読書、音楽、ぬるめの入浴、香り、筋弛緩トレーニング


3. 眠たくなってから床に就く、就床時刻にこだわりすぎない
眠ろうとする意気込みが頭をさえさせ寝つきを悪くする


4. 同じ時刻に毎日起床
早寝早起きでなく、早起きが早寝に通じる
日曜に遅くまで床で過ごすと、月曜の朝がつらくなる


5. 光の利用でよい睡眠
目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計をスイッチオン
夜は明るすぎない照明を


6. 規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣
朝食は心と体の目覚めに重要、夜食はごく軽く
運動習慣は熟睡を促進


7. 昼寝をするなら、15時前の20~30分
長い昼寝はかえってぼんやりのもと
夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響


8. 眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きに
寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る


9. 睡眠中の激しいイビキ・呼吸停止や足のぴくつき・むずむず感は要注意
背景に睡眠の病気、専門治療が必要


10. 十分眠っても日中の眠気が強いときは専門医に
長時間眠っても日中の眠気で仕事・学業に支障がある場合は専門医に相談
車の運転に注意


11. 睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと
睡眠薬代わりの寝酒は、深い睡眠を減らし、夜中に目覚める原因となる


12. 睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全
一定時刻に服用し就床
アルコールとの併用をしない



--------------------------------------------------------------------------------
《文献》
内山 真:睡眠障害の反応と治療ガイドライン(株)じほう、2002



当店でも、最近はこういう話に時間を割くことが多くなってます。
枕の調整や敷ふとんのご相談に乗りながら、いろいろ・・・・


睡眠改善インストラクターが、いますから (^^)v

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年12月10日

オヤジが早起きになる理由は?

テーマ:睡眠学(かたい話)

おもしろい資料を見つけました。

睡眠と体温の関係は
もう皆さんご存知ですよね。



体温が下がると眠くなる
ここでいう体温は、深部体温(ヒトでは直腸で測定します)。


体温時計によって、
深部体温はほぼ24時間の周期に調整されています。

めざせ良質の睡眠 ~老舗ふとん屋が発信する快眠情報~



目に入る光によってリセットされること、
食事によっても調整されることも
広く知られるようになりました。



さらに女性の場合、
女性ホルモンと深い関係があることもわかっています。

生理前・最初の1・2日に眠けを訴えることが多く、
また排卵日を過ぎた黄体期には、眠りにくい。
生理周期と体温の変化が密接に関係しているのが、
睡眠にも現れます。



ところで、男性はどうなんだろう?


男性は、
若い頃には女性よりも夜更かし傾向が強かったのが、
50代の後半頃から朝型化するという、
就寝・起床時刻の変化をグラフで表したものです。


めざせ良質の睡眠 ~老舗ふとん屋が発信する快眠情報~



代謝の低下(老化)、体内時計の老化により、
女性も、若い頃に比べれば、しだいに朝型に変化しますが、
男性ほど極端なカーブではありません。



男性特有の加齢変化(オヤジ化)と言ってもいい?



ご夫婦で、就寝・起床の時間帯がずれてくると、
奥さんの方がだんなさんに合わせようとすれば、
不眠の原因になりかねない、というほどの問題です。


個人差はもちろんありますから、いちがいには言えないことですが、
別々のふとんで寝る、寝室も別にする、
そういうことも考えてみてはどうでしょう。



この記事は、武田薬報465号の特集「体温と睡眠」
(日本大学医学部精神医学系 内山 真 主任教授のお話)を参考にしました。



= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =   


☆お店はココ   

☆ 地図

ショップ「ぐっすりベビー」 もヨロシク


☆「キレイ肌(膚)」売ってます(え?)→「リスブランのブログ」 お役に立ちます


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。