テーマ:睡眠学(かたい話)
2015年09月02日

9月3日は睡眠の日~睡眠の実験

睡眠の日を前に、当地の自治体が実験を始めました。
勤務時間帯を前倒しする、「いわゆるサマータイム」みたいなもの。
企業では以前から取り入れているとはいえ、
また、県庁でも省エネ対策としても取組んでいるとはいえ、
部署内で希望者を募って、限定的にスタートさせたということですが、
もう秋です、日が短くなっていくこの季節の始める意味がわからない。


今年7月から国家公務員でも始まったとニュースになりました。
10月までの3か月間で、検証できるだけの結果が出てくるでしょうか。
省エネ効果をアピールし、経済効果を大いにうたっていますが、
はたして???



2008年に出された日本睡眠学会の見解は、
「サマータイム制は、日本人の国民性にそぐわない」です。


まず生理学的に、体内時計を無理矢理前倒しするのは、身体に負担です。
生活の時間リズムを定着させるには、約1か月かかるといわれます。
ようやく体が慣れても、猛暑日と熱帯夜の連続の季節は消耗戦です。
睡眠時間が確保できるわけでもない。
3か月たって元の時間帯に戻す時も、
体内時計の調整には数週間かかります。(時差ボケを治す感覚)


体内時計がうまく働かないと、
生活習慣病のリスクが高くなることは明らかです。
また「うつ」になりやすいこともわかっています。
それでもやるメリットがあるのか?


朝の涼しい時間帯に効率よく仕事をしようというのも、職種によります。
事務系の仕事はいいのです、体を動かす方は同じにいかない。
また、時間帯の切り替え後1か月以内の事故率の高さは、
海外でも問題になっています。



そして、まじめな日本人という国民性が問題になります。
仕事のスタート時刻を早めるのは「よいことだ」と賛成し、
切り上げ時刻をきちんと守れない、守りにくい。
ついつい、いつもの時刻まで「残業」する人は少なくないはずです。
みんな同じ働き方をすることに慣れているせいか?
ランチの時間さえ十分取らない多くの日本人は、過労に陥るしかないな。


経済効果の話では、
「ゆう活」で消費活動や自己啓発の時間ができると期待があったですが、
活かしきれた人はどのくらいいるでしょう。
省エネと言いながら、
仕事場以外の別のところでエネルギー消費するのですから、
全体としてみればたいして効果は上がりにくいと思われる。
(照明も家電も省エネタイプが普及してるし)


検証する際には、エネルギー消費、個人の消費活動など経済面からだけでなく、
身体と精神面への影響(後遺症的なものも)、
ミスや事故での損失など、幅広くメリットとデメリットを明らかにすべきでしょう。
やってくれるかなぁ、厚労省、経産省。。。


動物としての「ヒト」の活動時間は、
機械仕掛けのように、簡単に変えられません。
日が昇り明るくなって活動し始め、日が沈めば休む生活。


ふと思うに、
時代劇に出てくるような、寺の鐘で時刻を知る生活は健康的です。
明るいうちが昼、暗くなれば夜。
日の出から日の入りまでの時間が季節変化するのも承知で、
それぞれ6等分して時刻を作る和時計の刻み方は、
ビジネスには向かないけれど、身体への負担は少なそうです。
(和時計について参考にしました→http://ammo.jp/monthly/0211/index.html



さてさて、わが自治体の試みは、1か月限定の実験です。
身体がようやく慣れてきたころ終わる予定です。
参加職員の健康診断は、少なくとも追跡調査してほしい。(from納税者)

当店前の駐車場の隅に、咲き誇る晩夏のアサガオ。

こぼれ種から育った。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。