1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010年01月28日

寝られへんって、その枕

テーマ:ふとん(やわらかい話)
寒い時期には、肩や首からの冷えも重なって、
使っていた枕が合わないと感じることがあります。

暖かい時期とは、筋肉の緊張が違う、
敷ふとんの上に重ねるものが違う(体の沈みが違う)
条件が違ってくるので、
夏用枕・冬用枕を使い分けるのも一法だと、
白川修一郎先生がおっしゃっていました。


ウレタン素材は、温度によって硬さが変化しますから、
低反発枕は、通気性・吸湿性のなさに加え、このあたりも問題です。
(何度も同じこと書いてますが、
いまだにわかってもらえないお客さまがおられるんですよ(T^T)




さて、イビキストップ枕

何年かごとに、メーカーから紹介があります。
そのたびに、大笑いになるのですが。

「イビキがこの枕で止まります!」
「これでご家族が安眠できます!」

こんな広告よく見ますよね。
どんな枕か?

単純にいえば、横向き寝専用枕です。

絶対に、枕の中央で仰向けに寝られないしくみになってます。
中央部にでっぱり(メーカーにより、形や素材は異なる)があるので、
必然的に、枕の両端に頭を載せることになり、横向き寝。

めざせ良質の睡眠 ~老舗ふとん屋が発信する快眠情報~-イビキとまる枕

イビキをかくのは、仰向けの時がほとんどですから、
横向きならイビキをかかない。
でも、自由に寝返りができないから、熟睡はできません。


見本品を、説明用に店頭に置いています。
(販売する気は全くない!)

友人が、イビキがひどくて困っている、と持って帰りました。
「寝られへんで~」と話したのですが、いっぺん試したいというので。

翌日電話で訊いてみたところ、
イビキは減ったのは確かだそうです。
それ以前に、寝違えたりしてなくてよかった。。(←その方が心配だった)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年01月22日

重ねすぎ!

テーマ:ふとん(やわらかい話)
大寒の日に記録的な暖かさだと、ニュースで報じられたとあと、
また季節本来の寒さに逆戻り。

こう寒暖の差が大きいと、どうも体にこたえます。
歯医者に通院中でして、
古い被せものを交換したり、親知らずを抜くなど、
ストレスが余分にかかるせいか、
何年ぶりかな、口唇ヘルペスも出ました。
(塗り薬は手元にあるので、1日で違和感が消えました)


年明けすぐに来られたお客さまの話。

ベッドだけれどスプリングマットレスなし、
普通のふとんを敷いているが、どうも具合がよくない、
と言う70歳くらいの女性が、ご相談に見えました。

話によれば、畳ベッドでもなく、板張りだそうです。
仰向けで寝られなくて、横向き寝になる、
ところが、腰骨が床にあたる感じで痛い。

腰骨のところが痛いので、アタリをやわらげようと、
家にある敷ふとんを重ね、クッションを当てたり
さまざま工夫をしてみたけれども、
腰の突っ張った感じが解消しない。。
(今は敷ふとんを3、4枚重ねているという)

1時間くらいかけて、
ダンナは詳しく聞いていました。

新築のお宅に移り、家事をこなし、
就寝前にはストレッチもなさっている、
寒いので電気毛布を使っている、などなど。



まず、敷ふとんの重ねすぎでしょう。
2枚程度なら腰の支えが出来ても、
枚数が多いと、腰部分の沈み方が大きくなって、
寝る姿勢が悪くなっていると思います。
そうなれば、ぐっすり眠れなくてしんどいですね

キャメル敷をお貸しいますから、
今の敷ふとんを1枚だけ敷いて、その上に置いてください。

本来なら電気毛布もやめたいところですが、
もう使い始めてしまったのですから、
今シーズンは使い続けてもかまわないでしょう。



はたして・・・

ちょうど1週間後に、電話で商品のご注文を頂戴しました。
いい具合で眠れているそうです。
横向きになっても、腰の当たり方が前とぜんぜん違う、
その上、仰向けで寝られるようになりました、と言うのです。

とても明るい調子のお声で、こちらもうれしくなります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年01月15日

ぬくぬく眠ろう(続き)

テーマ:睡眠環境(33度50%)
前回記事の足裏マッサージについて補足します。

入浴後、暖かくして
保湿クリームなどを塗って行うのが最も良いのですが、
寒がりの無精者(誰のこと?(^▽^;))は、入浴中に簡略にやってしまう。

下の図は当店で扱っている
リスブラン化粧品のリーフからコピーしたものです。

 めざせ良質の睡眠 ~老舗ふとん屋が発信する快眠情報~-基本の刺激ゾーン


めざせ良質の睡眠 ~老舗ふとん屋が発信する快眠情報~-冷え性


むずかしく考えず、足指をつまんでぐるぐる回し、
あとは土踏まずをゲンコツでぐりっと。
これだけで、足の循環がけっこう良くなりますよ。



冷えてしまってから温めるには、入浴が一番効果的ですし、
あとは冷やさないことです。
ふとんに入るまで、厚めの靴下などで対策を。

ふとんの中では、靴下を脱ぎましょうね。
足首の締め付けが、かえって冷えを悪化させるだけでなく、
足から放熱するのを妨げてしまいます。



ふとんの中の湿度が低い環境(50%程度)に保たれていることは、
あたたかく眠る条件として大事なところです。

朝、起きてすぐにふとんを押入れに入れるとか、
掛けふとんをきれいにベッドメイクする方はご注意ください。
寝ていたところの湿気を、上手に発散させていないと、
ふとん自体が冷たい。

寝室の暖房を入れる際には、
ふとんを敷いたら、掛けふとんをめくった状態で。

どうしても冷たいのがかなわん!という場合は、
足元だけにアンカや湯たんぽを。
温めるのは膝から下だけにしましょう。


参考までに→  もくじ「眠ることについて考える」
          ずず~っと下のほうに「冷えと不眠のこと」もくじがあります。
          同じようなこと、何度も書いているので。。。。くどい?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年01月12日

ぬくぬく眠ろう

テーマ:睡眠環境(33度50%)
寒がりは今でも変わりませんが、

冷えて眠れない、ということがなくなって、
人間の体は変わるものだ、と実感した経験があります。


体温は、一日の中で変動します。
人により、最大0.5~2.0℃も変化します。
そして体内時計のリズムの乱れを、とても敏感に反映します。


低体温の女性が増えている、
とマスコミで取り上げられたのは10年も前からです。
社会全体が、夜型にシフトし、
学校や保育所に通う子供たちにまで、
低体温児が見られるようになっています。



理由は、生活リズムの障害と睡眠不足。


夕方4時頃にピークに達した体温は、
その後しだいに下降するもなのに、
体温のピークがずっと遅い時刻になる人では、
寝つきにくく、また夜更かしになります。


本来なら、朝4時頃が体温が最も低くなって、
その後上昇に転じ、活動に備えるわけですが、
ピークがずれると、上昇のタイミングもずれる。
朝、起きられません。



生活リズムの改善が必要なことは、
重々わかってるけど・・・

(誰のこっちゃねん?苦笑)


仕事などの都合で、どうしても夜更かしになる人には、

できるだけ毎日、湯船に浸かる入浴をおすすめします。


外側からいったん体温を上げることで、

深部体温を下げやすくするしかけです。

シャワーではできません。


時間をかけて、ゆったり38~40℃のお湯に浸かる、
これが理想的ですが、それが無理でも、
足指ジャンケンや、足裏のツボ押しゲンコツ使えば簡単)
足首からふくらはぎへさすり上げるマッサージを数回、
すべてでなくても、いくつかを湯船の中でやってみて。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年01月08日

寝室の暖房は

テーマ:眠くなるまで(思いつくまま)
リビングルームのエアコンの取替え工事は
明日午後には出来ますよ、
というタイミングをねらったかのように、
電気カーペットが故障しました。

もぉ・・・・!!!



昨夕、エアコン工事が終了しました。
最新式って、パネルやフィンの動きがまるでロボットです。
(もちろん省エネタイプ)



この寒い思いをしている間にも、
寝室には、暖房をほとんど入れませんでした。

よほど冷える日にだけ、1時間で切れるようにタイマーセット。
(設定温度は22度くらい。ネコが出入りするからドアは開いてる)
敷いたふとんの体に接する面だけ、ほんのちょっと温める。
(実際、温かいと感じるまでは温度は上がりません)


入浴後は湯冷め対策に着こんでいます。(リビングにいるし)
その後、寝るときにパジャマ1枚になれば、
ふとんの感触は、一瞬ひやっとしますが、2分から3分程度のことです。

人間の体温は35度以上はあるわけですから、
ふとんの中の狭い空間なら、けっこう早く温められます。
(羽ふとんとパシーマとサニセーフとキャメル敷。)

自分の体が「放熱体」になっているのが実感できる、おもしろい感覚です。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。