1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
テーマ:眠くなるまで(思いつくまま)
2008年02月28日

睡眠時間(ブログネタ)

ブログネタ:睡眠何時間必要ですか? 参加中


「睡眠時間はどれだけ必要ですか?」と尋ねられたら、
一般論として世間で言われていることなのか医学的なことか、
その対象は誰なのか、個人にとっての場合、どういう条件下での話なのか、聞き返したいところですが。
ま、自分のことでいえば、ここ数ヶ月は平均6~7時間くらいは寝てます。


「短時間睡眠」が話題になっているそうですね。

仕事などのために、やむなく睡眠時間が削られているのではなく、
積極的に、眠る時間を短くして勉強や仕事に打ち込むスタイル。


人それぞれの価値観があるので、
眠る時間を短縮してでもやりたいことがあるなら、
それはそれでよいでしょう。


そういう短時間の睡眠の場合、
最初のノンレム睡眠に入るまでが早く、
一気に深い睡眠レベルまで進みます。


眠っているのが4時間程度でも、
深い睡眠の時間が確保できればOK。
仕事や勉強が楽しくてワクワクできる状況なので、
睡眠時間が短くてもストレスにもならないのでしょう。


以前にもこんなこと書いてたな~→最低2クールってのは


もともと眠るのが好きだから、
短縮する必要は感じていませんけど。


ダンナが勉強しているのに、留守番は遊んでいました。
定休日だもん。


久々にGペンを出してきました。
店内の掲示POPなどには、マーカーペンで書きますから、
最近はあまり使うこともないけれど、Gペンの使い心地が好き。



Pisces(一部)
↑アラまで見えてしまうので、クリックしないで~( ̄ー ̄;


さすがに手の感覚が戻らなくて、線が硬いな・・・・(×_×;)シュン

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:睡眠改善インストラクター
2008年02月26日

行って来ます

明日から、勉強会に行きます。

前に書いた講習 に、東京まで行きます(行くのはダンナです)


20~30代の頃と違い、出かけるのもついつい億劫になるトシになってます。


これまでも、勉強はずっと続けてきましたが、
専門の学者さんから直接、睡眠の生理や環境の最新の知見を、
体系的に学ぶ機会は、そうそうあるものではありません。


今回は、ちょっと気合入っています。

テキスト読んで、副読本読んで、まるで学生時代みたい(笑)


すぐに販売の場に活かせるものではありません。


ここ数年、たくさんの「睡眠」をキーワードにした情報があふれている中、

もっとも身近にあるはずの「ふとん屋」が、

きちんと知識を持たずに「睡眠の道具」ふとんを販売するわけにはいきません。


実は、勉強したがおかげで、かえってモノが売れなくなることだってあります。

(かつて経験済み・・・)

それでも、

お客さまがよりよく眠れて、より健康を維持できる知恵を、

何らかのヒントをお伝えできたらいい。


「眠ること」で悩んだら、まず、ふとん屋に訊いてみよう

そんな時代になればいいな。

→ダンナにプレッシャーかけてる??

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:眠くなるまで(思いつくまま)
2008年02月24日

クラシックな香水(今は昔)

ブログネタ:香水はお好き? 参加中

クチコミつながりで、「香水はお好き?」というネタ

訊かれたわけじゃないけど、
香水にこった時期がありましたので、書いてみましょ。


昔々の独身時代・・・約30年前の話(笑)
梅田にソニープラザ(だったっけか?)があった頃に
初めて自分で購入したのが、COTYのMASUMI
MASUMI

自分の給料で香水を買った思い出です。
今はもう作られていないのでしょうか、長いこと見たことがありません。
ですから、このビンも大事に保存しています。
トワレのほうは、たまに出してくるのですが
もったいなくてあまり使えません。

クラシックなフローラル、少し重厚な香りです。


もう一つも、似た感じの香り。
海外旅行のお土産にいただいて、気に入った香水です
LANVINのARPEGE

ARPEGE

これも、今は見ませんね。
web検索してもECLAT D'ARPEGEばかり。


海外土産の香水(や、コロン)というと、
NINA RICCIのL'AIR DU TEMPSが、やたら流行ったことがあります
甘すぎてほとんど使えず、親戚にあげてしまいました。


性格に合わなかったのでしょう→とんがっていたからなぁ(笑)


長らくデパートの売り場にも行っていないので、
最近の流行すらわかりません・・・
Bvlgariを知らない世代です(苦笑)
骨董品と言われそうだな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ふとん(やわらかい話)
2008年02月22日

羽毛ふとんの干し方

いい天気が2、3日続いたあとの定休日、
やっとふとんを干せました(うれし!)


一度に家族4人分を干すには場所が足りないので、
時間差つけて、洗濯物とも入れ替え戦です。

休みの日に一時にやろうとするからだよ・・・


ところで、「羽毛ふとんの干し方」については
まだ一般的には、
「羽毛ふとんは陰干し、直射日光に当ててはいけない」
と思われているようですね。


当店のお客さまでは、覚えていただいたかと思うのですが。


水鳥の羽毛と木綿の生地で作られたふとんが、

なぜ「日に干したらいけない」といわれるのか??



側生地が木綿、中わたも木綿という昔ながらの綿ぶとんは、

お母さんが、天気のよい日には日に当てていたはずです。


また、水鳥(アヒルやガチョウ)は、外で走り回ったり、水にもぐったり。

日に当てて、どうかなるものではありません。


なのに、羽毛ふとんになったら、「日に干すな」って?

おかしいやろ!



羽毛はたんぱく質ですので、人間の肌と同じく、

あまり長時間直射日光にあたると、日焼け(紫外線劣化)はします。

ですから、綿ぶとんほど長く(3~4時間)干すのは、避けたほうがいいでしょう。

せいぜい30分から1時間。


ただ、湿気を飛ばす(乾燥させる)だけなら、ふとん乾燥機でもよい。

直射日光に当てる理由は、紫外線による消臭殺菌作用があるから。


ダニが気になる場合でも、

ダニのサイズからして、羽毛ふとんの側生地(高密度織)の中に
もぐりこむことは考えられません。

ダニは、生地の表面(ホコリがたまりやすい縫い目など)に潜んでいるので、
外気に当て、軽く振り落とし、
さらに縫い目にそって掃除機をかければいいのです。

カバーは洗濯(水洗い)します。これで、餌になるものをぐんと減らせます。


困ったことに、売り手側の知識が不十分な店があります。

羽毛ふとんを販売しているのは、ふとん屋だけではなく

デパートならまだしも、安売り量販店、ホームセンターでも売っていますね。

商品知識が十分でない店、販売員だと、
なんのアドバイスをもらうこともできません。

昔から言われている「常識」のまま説明するだけです。



数年前から、商品タグ(サイズの表示等の記載がある)には、
「干し方」として、日干しを推奨する(ただし短時間)記述になっています。

ご覧になったことありますか?




参考過去記事 →羽ふとんは日に干すべし!

羽ふとんは日干しと水洗いで

羽ふとんの日干し効果 (必見!)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:睡眠環境(33度50%)
2008年02月19日

寒いの?暑いの?

「敷き毛布ください」と、ご来店の母娘連れ。

毛足の長い、いわゆるファータイプの敷きパッドを

イメージしておられたようです。




毛布らしきものが、店内に見当たらないので少し不安げ。


ホント、店頭にアクリル毛布はないんです。

ひざ掛け毛布くらいしか。




綿毛布の表地を使った敷きパッドをお見せし、

定番コース(笑)で、パシーマとサニセーフ の説明をしました。


娘さんが、

「え~!夏用の汗取りパッドみたいやん。こんなんでぬくいの?」

眉間のタテジワ、不服そうなお顔。

これもいつもの反応パターンです。


話をきくと、

娘さんが、1歳になるお子さんといっしょに寝るために使うとのこと。



ダニのこと、ホコリのこと、気になることはけっこうあるらしく、

ポチポチと話してくださいました。



お子さんと一緒に寝ていると、ゴロゴロ寝返り多くて、親がゆっくり眠れない。


いつのまにか、お子さんがふとんから転がり出ることも多く、
冷えるからと、下着とパジャマとベストを着せているとか。


大人が暖かくて気持ちいいと感じる環境と、
体温の高い幼児がぐっすり眠れる環境には、少しズレがあります。


お子さんに合わせた快適さを確保しましょう、
ふとんの中の湿気に目を向けましょう、とお話しました。



大人が、感触がいいからとアクリル毛布で包んでしまうと
ふとんから逃げるように転がって出てしまいます。
まだ1歳という小さい方では、
蒸し暑く感じても言葉で伝えることもできません。


ふとんから出てしまうからといって、重ね着させてしまうと、
やはり汗の発散を妨げ、蒸し暑さで、
ますますむずかることになります。



子供は、寝入りばなに大量の汗をかいて体温を下げるので、
その汗をしっかり吸い取る素材でないと、
ふとんの中の湿度が高くなりすぎて蒸し暑くなり、
「寝あがき」することになります。



洗濯を繰り返したパシーマやサニセーフ は、
実によく汗を吸い、表面がさらっとしたまま
保温性が保たれます。



ただし、今使っているアクリル毛布をパシーマに切り替えるのは、
季節が進んで少し暖かくなってからのほうがいいですね、と
綿毛布生地の敷パッドで、しばらく様子をみていただくことにしました。


羽毛ふとんの場合 でもそうですが、季節を考慮しないと、
せっかくのよい商品も「よさ」を実感しにくいことがあります。


ここは、じっと我慢。無理強いはしません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。