1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
テーマ:アロマ話
2008年01月29日

ユーカリ頼み

次男がインフルエンザ発症。。。


ほぼ毎日のバス通学(片道1時間)で感染したものか?


ほぼ毎日の押しかけコーチでもらってきたものか??



日曜日の朝に熱発して(なぜか医者が休みの時に限って体調崩す)

月曜の朝に内科受診したところ、

「インフルエンザA型」と検査結果が出ました。


去年は帯状疱疹(ヘルペス)、

今回はインフルエンザ、

ウイルスづいています(T-T)


細胞膜すらもっていない、

生物と無生物との境に存在するような

たかがウイルスに負けてどうする!!



めでたく?初めてリレンザ を処方されました。

吸入薬は初めてなので、吸入時には家族みんなで注目。

(のんきな家族(^◇^;)



家族内での感染を予防のために、

ひたすらアロマランプでユーカリを焚いています。


殺菌効果に期待しています。


熱は37度台に下がりましたが、

のど症状はまだきついようです。

食欲はあるので、あと2日くらい様子見ですかね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:ふとん(やわらかい話)
2008年01月26日

枕の素材、ゴーサイン

新素材エラストマー、けっこうよさそうです。


もともと、ふとんに入ったら、5分もしないうちに眠れるダンナ。
枕のお試し4日めも、きげんよく熟睡です。


西川のムアツ枕 や、
『通販生活』で人気という 「メディカル枕」 でも、
寝返りでズレることが多く、高さも合わない、
どうにも使いにくい感じがしていました。


けっこういろんな種類のモノを、自分で試してみたのですよ(笑)。
枕に体の方を合わせないといけないなんて、

本末転倒もいいとこですね。


体は毎日調子が違うので、自分で微調整ができる枕が望ましい。


ある程度の範囲内で姿勢に合わせて動く、
寝返りでずれることがない重さがあり、
滑らかな音の静かな小さい粒状の中身。



昔から使われてきたそば殻は、非常によい素材です。
きちんと手入れ(日干しや洗い)ができないと、がつく。

1~2年も使い続けると、砕けて粉状になったものが出てくる。
(そうなれば、かさべりしますので、買い替えです。)


質のよいそば殻は、今や、けっこう高価なものです。
質を問わなければ、めちゃ安価な製品が出回っています。



当店推奨の枕は、ポリエチレンパイプ使用の「5ユニット枕」 です。
たぶん、カタチとしてはこれ以上変更はないと思います。



硬さの好みという、微妙な課題はありますので、
今回の新素材にチャレンジです。
音がさらに静かで、首筋に当たる感触はかなりソフト。


いけそうです!


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:ふとん(やわらかい話)
2008年01月23日

枕の「素材」試行中

当店で扱っている枕は、基本的にパイプ枕です。


ストローを切ったような形の、
小粒で、すべりのよい、ポリエチレンパイプを使用しています。


以前から、「やわらかめの枕がほしい」というお声はありました。


最もやわらかい素材は「羽枕」ですが、
ベッドでのご使用ならともかく、
畳の上で使う場合には「軽さ」が問題でした。


寝返りの動きで、枕自体がズレてしまうのです。
それでは高さの調整をしても意味がありません。



パイプ枕では、枕自体の重みがあるのでズレないのですが、
「硬すぎる」といわれる方もおられるので、
ズレない程度の重みがあって、

ポリエチレンパイプより感触がやわらかい素材を探していました。


さらに、簡単に再調整ができること、
衛生的通気性があること等、
枕の中身に求める条件は、けっこうデリケートです。


今回、エラストマー樹脂のパイプを試すことにしました。


パイプ自体の感触はやわらかく、ポリエチレンよりすべりにくい感じ。
低めの枕を調整した場合にも、適度な弾力があり、
片寄りが抑えられると思います。



ただ、エラストマーのパイプには、わずかですが臭いがあり、
敏感な人は気になるかもしれないので、
店内で空気にさらしてみています。


パイプに直接鼻を近づけると、少しにおいがわかる程度です。
袋に入れ、さらに枕カバー(ピロケース)に入れると、
おそらくわからないだろう、と思われるのですが。


ダンナが試用してみています。

よい評価が出れば、店頭販売に踏み切ります。

HPでも紹介できればと思っています。


従来品と並行して、オーダー販売したいと思っています。


乞うご期待!(←気が早いか?)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:睡眠学(かたい話)
2008年01月21日

「大寒」なので冷え症対策

二十四節季で、今日は大寒
その通りに、強烈な寒波が来ました。


本来あたたかい当地でも、昨夜から冷たい雨が降り、
近隣地区では雪に変わったところも多いようです。


「冷えるんです」
「手足が冷たくて、眠れません」
そういう方は、とても多いですね。


冷え症とは、と調べてみました。
http://www.selfdoctor.net/q_and_a/2001_01/hiesho/hiesho.html
セルフドクターネット(大正製薬の提供サイト)


西洋医学上の定義は
「体のほかの部分はまったく冷えを感じないような温度でも、
手、足、腰、背中、ひざなど特定の部位のみがとくに冷たく感じるもの」で、
検査をしてもとくに異常が認められない場合をいいます。


漢方では冷え症が起こりやすい体質を、次のように分類します。
■ 脾陽(ひよう)不足証

■ 腎陽(じんよう)不足証

■ 寒湿阻滞(かんしつそたい)証

■ 水飲内停(すいいんないてい)証

■ 血虚受寒(けっきょじゅかん)証

■ 肝気鬱結(かんきうっけつ)証

■ 血オ阻絡(けっおそらく)証


詳しくはセルフドクターネット




すぐに取れる対策としては、
とにかく冷たく感じる部位を温めること、に尽きます。


重ね着、使い捨てカイロなどを利用して、
冷やさない、体の外側から温める・・・

すでに実行されていることと思います。


ちなみに、温めるツボとしては、こんな部分が有効とされています。


冷え症に効果のツボ

そして、首筋に1枚マフラーやシルクスカーフ。


衣服内部の温かい空気が逃げない工夫ですね。

暖房の効いた建物内では、こまめな衣服の脱ぎ着が必要です。




でも、これはあくまで起きて活動しているときのことです。

ふとんに入ってからは、同じような対策は使えません。

外部から温めることで、自律神経が正常に働かなくなり、
重ね着することで、寝返りを妨げたり、

衣服の締め付けがかえって血流を悪くすることになります。



眠るためには、深部の体温を下げ、

皮膚や筋肉の緊張を緩めてやることが大切です。

ふとんの中で汗をかいても、寝ている間は服を脱いだりできないので、
蒸し暑さを感じて、ふとんを蹴ったり剥いでしまい、
結果、こもった湿気が冷えて、体も冷やすことになります。


当然、熟睡できません。



ふとんそのものに問題がある場合もあります。
あまり日干ししていないふとんだと、

湿気が逃げないまま使い続けることになり、冷たく感じますし、
汗を吸わないアクリル毛布で包まれていると、
多く寝汗をかくので、寒い思いをします。


寝室で暖房器具を使い続けると、

鼻やのどの乾燥をまねきカゼをひきやすい。
電気毛布などで温め続けることも、

やはり乾燥しすぎや、心臓への負担、寝汗のもとですね。



ならば、どうしたらええのん??



自然素材のふとんを、

少なくとも7~10日ごとに、日干し
寝間着には、木綿などの汗を吸うパジャマ(締め付けのないもの)を着て、
寝室の暖房は、寝る前に切って、床に就く。
朝起きた時に、掛ふとんをめくっておき、中にこもった湿気を逃がす


そうそう難しいことではないと思うのですが・・・



体質改善には、時間がかかる覚悟で、
食事の内容から見直すのも大事なことですね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
テーマ:淡路島のろーかるな話題
2008年01月18日

13年前

昨日1月17日は、阪神淡路大震災から13年目でした。


地元の新聞「神戸新聞」の淡路版(地域ニュースのページ)で、

震災後の復興を検証する企画が連載 されていました。


17日版に掲載された写真です。

撮影日が記載されていませんが、おそらく震災当日か翌日かと思われます。


神戸新聞08.01.17淡路版の写真 ←クリックで拡大


なぜかセピア色に加工されているので、非常にわかりにくいのですが、

画面の左上に、当店の看板が写っています。


狭い町道をはさんだお向かいは全壊。

一人暮らしだったおばあさんの救出に、

当時消防団員だったダンナが走りました。


この店は、当時「本店」として営業していました。

あと6cmくらい柱がずれたら倒壊、

かろうじて踏みとどまった状況でした。


追記:写真の店舗は取り壊し、敷地の半分以上が道路に変わりました。

    現在の店は、この5年前に支店として営業を始めており、

    幸いにも被害は大きくなかったので、早い時期に再開できました。

    


当時は写真記録を残す余裕もなく、

貴重な写真が掲載されたので、残しておこうと記事にしました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。