1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007年01月29日

子供の睡眠時間、日本は世界最低水準

テーマ:睡眠学(かたい話)

なんだそうです。


今国会でも、教育再生が最大の課題と、現場の問題点がさまざま取り上げられ、
特に教室の正常化に焦点が当たっていますね。


小学校の上がる年齢になるまで、いや、保育所や幼稚園に入る前からの
家庭での基本の生活習慣が崩れている点は、
いったい、親の教育を今一度すべきでは、と思わせる例があるようです。



さて、昨年秋に開催された、「ねむりフォーラム」 で、
国立精神・神経センター精神保健研究所室長の白川修一郎氏の講演から。


睡眠時間が短い(睡眠不足の)子供は、
血中アルコール濃度0.05%の「ほろ酔い状態」と同じ程度の能力(集中力・判断力)になっている。


睡眠不足が続くと、意欲・感情・他人の心を推し量る能力などをつかさどる前頭葉の働きが鈍り、

記憶力にも障害が現れる。
また、食欲を促すホルモンが増加し、肥満にもなりやすい。

子供の睡眠時間は、アメリカよりも日本のほうが短く、「おそらく世界最悪」という。


接触時間の長い母親の生活習慣の影響を強く受けており、
早く寝かせようとしても、挫折することが多いという。



白川氏の訴え


(1)まず、ふだんより30分早く寝かせ、定着したらさらに30分早める
(2)未就学の子供は最低10時間、就学児童も8時間以上の睡眠時間を確保
(3)幼い子供に安心感をもたらす「就眠儀式」として、寝る前に親が本の読み聞かせや、話をしてやったりする


睡眠習慣については「三つ子の魂、百まで」という諺が当てはまりそうです。
しかし、今の若いお母さん方にとって、けっして簡単ではないかもしれないですね。

(家族の事情や仕事の都合を考えると)

ただ言えるのは、これを実行することで、
子供の健康のみならず、お母さん自身の健康にもよい結果となるでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年01月24日

ふとんの写真撮影って

テーマ:眠くなるまで(思いつくまま)

体調は回復、

食欲も順調・・・が、こわい。




ベビー用パシーマの、リニューアル品 が入荷したので、

写真を撮ろう(ホームページに載せなくちゃ)と、

息子のデジカメ借りてみたものの・・・



商品の撮影は、まことに難しいものですね~今さらですが。


補助用にスポットライトを用意もせず、

テーブルに、そのまま広げてみたのですが、

色が~~

影が~~

シワが~~


カメラを構えては、手直し、の繰り返しでした。


まだ、ベビー用商品は小さいからいい。

次に、シングルサイズの敷ふとんや掛ふとんを、撮ってみました。


四苦八苦です・・・

面倒がらずに、補助ライトをセットすべきだったかなぁ。

・・・ε-(´・`) フー


こんなんですけど(明るさの補正だけしました)↓


パシーマベビー(ハートキルト)



パシーマベビー(ハートキルト)

キルトがわかるように、と

接写してみたら、

色がうまく出なかった。

σ(^_^;)










セットふとん


こういうのは、

なんとかなるもんですが・・











多層式敷ふとん
丸めてみました。


誰か、ちょっと押さえといて~

と言いながらも、

ひとりでやるしかないもんなぁ。


まぁまぁ、ですか?

(‐^▽^‐)





本日、ちょっとうれしいことがあったので、メモしておきましょ♪

彼女に、Happy Birthday!

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007年01月21日

すわっ!ユーカリ

テーマ:アロマ話

数日前に、実家の母が胃腸炎に見舞われまして、
毎日かかりつけの内科医へ点滴を受けに通院。
アッシー君(古っ!)してました。


今流行のノロウイルス かもしれん・・と内心思っていたのですが、
当たりだったようです。

「宿泊施設で集団食中毒・・・ノロウイルス検出」新聞に出ていました!
母が調子を崩したその前日、まさにそこで会食してました(それも貝類!)。


で、一昨日の夜には、今度は自分が・・・・
気をつけて手洗いしていたので、
実家から持って帰ったのではないと思っていますが。

疑わしきは、昼食時に食べたカレーパン??
食べたしばらく後から、なんとなく不快感はありました。
夕食が食べられず、悪寒もしてきて、ちょっとヤバイ。


ダンナにそう言うと、
「ユーカリ焚くぞ!」


アロマランプでユーカリの芳香浴。
我が家では発熱したらユーカリと決まって?います。


ユーカリは、殺菌消毒作用が強いので有名です。
解熱効果、ノドや気管の炎症を緩和
鼻づまりや鼻水を抑えたりと、カゼの流行時には必需品といってもいい。
家の中での感染予防にも、強力な効果があります。


鳥インフルエンザが初めて報告された年にも、大いに注目されました。


ま、おかげで落ち着きました。

母は、今日には自分で買い物に行くまでになりました。
(ちょっとよくなると、すぐに外出したがるのが困ります。)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年01月17日

枕のお試し結果

テーマ:ふとん(やわらかい話)

先週、「枕なし」で寝ているお客さまに、枕を貸し出しました。


きっちり1週間後、再度ご来店くださって、感想をうかがいました。


「朝起きたときの、首すじの違和感がなくなった」とのこと。

そして、

「もう少し低いほうがいいみたい」


ではでは、これでいかが?

ほっそり体型の女性向けとしている高さより、

もう10%ほど、中身を減らして低くしました。


中身を少なくすると、ビーズが片寄りやすくなるので、

ちょっと一工夫しています。

(試行錯誤中の補助布をプラスしました)


もう一度、店頭で感触を確認していただいたうえで、

お買い上げいただきました。


それでも違和感を感じるようなら、いつでも調整しなおしいたします。





毎日の生活が違い、疲労感も違うので、

昨日はよくても、今日は具合がよくない、

ということは起こります。


以前にも書いたことはありますが、

枕については、「これが最善best」と言えるものがありません。


よりよいものbetterをめざし、合格点をクリアするのが目標です。

100点満点中、70点もらえたら「とてもよい評価をいただけた」と解釈します。


もちろん、それで満足するわけではありません。

一日一晩だけのことでなく、何日、何週か、何ヶ月もの間、

お使いの方が睡眠に満足しているかどうか、

その積み重ねの結果が、その枕の評価になります。



睡眠のお悩みは、枕の相談のさいによく聞くのですが、

実は、敷ふとんと一緒に考えるべきものとお話します。

敷寝具は、なかなか買い替えには、思い切れないものです。

「まずは、枕から」ということになります。


その後数ヶ月して、敷ふとんも新調しようというお客さまは、

残念ながら、まだ少ないです。

ホントは、敷ふとんごと貸し出すのがいいのかもしれないなぁ。





今日、1月17日は鎮魂の日でした。

NHK以外では、地元局だけで特番が組まれていました。

映像を見ると、記憶は鮮やかによみがえります。

地元では、「戦後」と同じように、「震災後」という時間の区切りを表現します。

「震災後」はまだまだ続いています。

移築された震災モニュメント「神戸の壁」 は、当店の近くです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年01月16日

枕、まくら、これでもマクラ

テーマ:睡眠学(かたい話)

いつもお世話になっております

睡眠時無呼吸専門クリニックの院長のブログ の、

院長先生が、本日16日(火)、TV大阪の夕方の番組「ニュースBIZ」 にご出演。



枕メーカーとして有名なロフテー社と、広島国際大学の先生が共同研究で造った

「ねむり博士」という商品 についての、コメントを求められたのことです。


就寝と起床の時刻睡眠時間、睡眠中の体の動き(寝返り回数)を記録して、

「快眠度○○%」という言葉で、生活のアドバイスをしてくれるモノらしい。

枕自体は、低反発ウレタンフォーム

価格は税込47,250円。(どひゃ~~!Σ(~∀~||;))


ちょっと話題になっているみたいです。

快眠コンソーシアムでも→

日経TRENDYでも→

すでにwebショップやデパートでも、販売されているようです。

(買った人いるのかなぁ)



番組中で、院長先生 がお話なさったのは、ごく短い時間でした。

(男前なお姿は、ほんの短時間しか拝めませんでした・・・残念だ・・)

一発本番の撮影ながら、さすがさすがのお話しぶりでした。



先生のご専門の、睡眠時無呼吸での検査でも使用されるという、

アクティグラフという検査器 を仕込んだもののようです。

(先生のクリニックでお使いかどうかは、存じ上げません。すみませんm(__)m)



寝返りの回数は、睡眠の質(熟睡できているかどうか)を判断する因子です。


ほかの、就寝時刻などは、時計見りゃわかるわい。。。オットォ!(・o・ノ)ノ


寝起きがよいかどうか、昼間の活動が普通にできるかどうか、

自覚できるんではないでしょうか??ヽ(゜▽、゜)ノ




ふとん屋の商品ではないですね・・・・寝具じゃないと思います。

検査機器?

おもちゃ?



かつてロフテー社には、枕の博士といわれた専門家が居られました。

数年前に退社なさっています。

「枕のロフテー」の名を、とどろかせた立役者でした。


ロフテーよ、どこへ行くの?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。