1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年05月30日

枕を考える・・・さらに続いて(笑)

テーマ:ふとん(やわらかい話)

まだ、枕のこと言うてます。


ふとんカバーを新調したいと、ご来店いただいたお客さまが、

「そういえば、枕も替えたいな~.。テンピュール、買おうか思とんねん」


y「その前に、うちの枕試してみ。10日くらい貸すから」


「今使いよんのが、寝にくいねんよ、ダブルの長~いやつな。」


y「え~!まだそういうの使うてたん?そりゃ、寝られへんやろ」






先月、ふとん屋仲間の勉強会で、整体の先生の話も聞いてきました。


枕を合わせるポイントについて、

また、首すじのストレッチ(家庭でできる方法)など。



ダンナが言うには、

「整体のセンセは、アゴ上がりの枕がいい、て言うんやなぁ。

そこは、ちょっと納得できへんかった。」




アゴ上がり・・・・・枕に頭をのせた状態で、あご先が少し上がっている




アゴ上がり枕


この図では、

かなり極端に描いています。





マウスでお絵かき・・・


(ええかげんペンタブレットを検討しよう(^▽^;)







アゴ上がりにすることで、気道を開くから、いびき対策にもいい、

というのが、推薦の理由ですが。



頚椎にとっては、よくない姿勢ですよね。

ほんの短時間だけ、ぐっと伸ばすのは、気持ちいいけれど。




当店で枕の調整をするときには、

アゴの線は、ほぼ垂直になるような高さを探ります。


肩が、枕と敷ふとんに隙間なく密着していることを確認します。



後頭部のカタチで、微調整が必要になる場合もあります。


店頭で調整するときに、お客さまにリラックスしていただく工夫も。

緊張していると、首にも肩にも力が入っていますからね。



貸し出しして、ご自分のふとんで使い心地を試していただくにしても、

無頓着な扱いをすると、5mm~1cmくらい簡単に違ってきます。


店頭で合わせながら、

「適正な枕はこういう感覚なんだ」ということを、ゆっくりお話しながら、

首や肩の感触を覚えてもらうようにしています。



だから、時間がかかる・・・・・

お一人に最低30~40分くらい。



ご本人が来店していただかないと、相当難しいことです。

たまには、お客さまのお宅まで行くこともありますけど。





困るのは、

寝転んでテレビを見る→そのまま眠る

という方です。


どちらにも使えるいい枕が欲しいって言われても、

そりゃ無理だよ!

お客さまには、面と向かって言えませんから、

「お気に召さなくて、申し訳ありませんでした」と、頭を下げるだけです。



追記(5月31日)

先週から原稿作りでウンウンうなっていた「お客さまレター」6月号を、

ようやく投函できました。

毎回のことながら、手書きイラストを入れるのが楽しみでもあり、

面倒でもある・・・σ(^_^;)アセアセ...


今回で11回目、まる2年になりました。=*^-^*=

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006年05月25日

ブログ本

テーマ:眠くなるまで(思いつくまま)

4月26日の記事 にトラックバックされた 目黒碑文日記さまの記事 で、


講談社+α新書「ブログ進化論」という本に、

当ブログが紹介されたことを知りました。



宝島社「このブログがすごい!」の編集をなさっている

岡部敬史氏の著書です。




ご紹介いただいたのは、うれしい反面、
何も連絡ないのが当たり前なのか?という疑問。



宝島社「このブログがすごい!2005」に紹介されたときも、
アメブロガーさんに教えていただいて、初めて知った次第。

「このブログがすごい!」選考委員
このブログがすごい!2005


田舎なもので、本屋さんには在庫がなくて、取り寄せてもらいました。
(講談社さんの売り上げに協力。(*´∇`*)

やっと今日、手元に届きました。


1ページにも満たない行数なのですが、記事紹介がありました。




正直言って、うれしいことはうれしいんです。


ただ、ルールがわからない。
web上に公開しているものだから、どう使おうととやかく言うなよ
というのが普通なんですか?



引用文に出典(アドレス)を明記しておけば、それでOKなんでしょうかねぇ?


よくわからないんですが、この本に取り上げられたことで、
少しは訪問してくださる数は増えたのか?
これも、よくわかりません。


流行るブログ消えるブログ―読者が多い人、情報が集まる人、楽しめている人にはワケがある!
というムック本では、
出版予定の2週間くらい前に、許諾確認のメール連絡をいただきました。
お返事しましたら、もう一度お礼のメールも。







講談社さん、ならびに岡部氏に、売り上げ協力です。

岡部 敬史
ブログ進化論—なぜ人は日記を晒すのか

全体に見て、肩のこらない読みやすい本です。

かの有名ブログが綺羅星のごとく紹介されています。







なんとなくテンション低い記事でしたm(__)m

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006年05月23日

枕を考える・・・続いてます(笑)

テーマ:ふとん(やわらかい話)

書店に行くと、

「あなたの○○症状は、枕が原因だった!」

「枕を替えたら、○○症状が消えた!」

などなど、週刊誌の特集やら、mook本やら、笑ってしまうくらいあるんですね。



で、情報の出どころは?


寝具メーカー(オフィシャル)・寝具メーカーの社員、

整形外科医や整体師、などなど・・・



書いていることも、悪くはないんですよ、

でも、うのみにできない「ちょっとしたひっかかり」を感じるのです。




頚椎のカーブが、立っている姿勢と同じものとして説明されている

首すじを支えるためとはいえ、

首にあたる部分と、頭の丸みがあたる部分を極端に差をつけている

(枕の中央が見てわかるほどくぼませている)


成型された枕を推奨している

カタチにこだわるあまり、素材に目を向けていない

手に入りにくい商品や、高価なものを紹介している


枕だけですべて解決できるわけでなく、

ちょっと問題アリ?と感じる記述もあるし。






ところで、枕に頭をのせるとき、

ちょっとだけ気をつけると、フィット感がアップする方法を。


枕の中身が自由に動く素材を使っているのが前提ですが


まず、枕のカタチを整えてください。

今朝起きたときのまま、

頭のカタチがあとかたとして残っている、そのままではいけません。


極端な片寄りを直して、

高野豆腐のように(≧m≦)、真ん中部分がわずかにへこんでいるカタチがよいでしょう。


頭をのせたら、枕の両脇を両手でちょっとつかみ、

肩のほうにグイッと引っ張る。


枕イラスト1




枕イラスト2




どうですか?

首と肩に枕が密着して、首がかなりラクになるはずです。


簡単ですが、お試し下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年05月22日

枕を考える・・・またかよ(笑)

テーマ:ふとん(やわらかい話)

何回目かな、枕についての記事・・・


やはり、店頭でのお問い合わせやご相談が多いのです。


毎回、どなたにでも、同じことをお伝えします。




今、お使いの枕はどんなものですか?」


敷ふとんは(ベッドは)、どんなものをお使いですか?」


体で、何か気になるところがありますか?」


「枕を替えようと思ったきっかけは、何かありますか?」



いろいろ質問させていただきながら、

実際にベッドに横になって、お試しいただきます。


当店で推奨している枕は、基本的には1種類です。


でも、店頭にはいろいろなタイプの枕を、10種類くらいは置いています。

お客さまに納得していただけるよう、お試しいただくためのものです。





たった1種類で、

すべてのお客さまに満足していただけるのか?



100%満足していただくのは、不可能です。

これを前提としています。(↑ココ重要!)


学校のテストで、100点満点の60点で合格とすれば、

70点か80点以上を狙いたいと思います。



TVや雑誌の広告で見ると、「お使いいただいた方の感想」な~んて、

「よかった!」「人にも勧めたい!」とか、

「よく眠れるようになりました」「肩こりが治りました」とか

もっともらしいセリフを見たり聞いたりします。


それで、100点満点の商品があると、勘違いなさるのですね。

枕では、まずありえない話です。


なぜか?





人間誰しも、毎日の活動が違うから。毎日の体調が違うから。


ある意味、ファジィに、フレキシブルな対応ができる枕が、よい枕だといえます。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006年05月21日

(3)季節対応の寝具(夏用)

テーマ:睡眠環境(33度50%)

なので、これからの季節にプラスしたいアイテムを。


お洋服なら、夏は引き算なのですが

掛け寝具は引き算で、敷には足し算します。


足し算??????


汗取り用アイテム



肌着感覚でお使いいただくサニセーフは、あくまで基本形です。





熱帯夜でも、クーラーを使いたくないとお考えなら、


より涼しさと吸汗性を追求した「麻パッド」 をお使い下さい。




クーラーを使う場合でも、設定温度をあまり下げなくてもいい。

または、タイマーが切れて、目が覚めてしまうことが少ない。



これは、麻の中わたが、

すぐれた吸汗性があり、熱を逃がしやすいこと、

表地の麻ちぢみが、

肌に密着せず、ひんやりした感触(シャリ感)を作ること、

に、よります。


夏用の敷パッドには、汗ばむ肌にベタっと貼りつかない、

表面に凹凸があるものが快適です。


中わたがポリエステルのものが圧倒的に出回っていますから、

きちんと表示を確認してくださいね。


大事なポイントは、吸湿性


麻のわたを3kg使用。

これをていねいなニードルパンチで、薄くシート状に作ります。

約40cmの厚みが、1cmくらいになります。


抜群の吸湿性だけでなく、発散性もよいこと

肌が密着しないだけでなく、麻わたそのものが熱をこもらせません



ちぢみという技法も、

高温多湿の日本の夏を快適に過ごすための先人の知恵です。


伝統技法で細かな「しぼ」を作り、肌に清涼感をもたらします。

(昔ながらの夏座布団は、このちぢみ生地を使ったものが多いです。)


梅雨時から2~3ヶ月の寝苦しい期間、体力も消耗します。

少しでも快適に眠りたいとお考えなら、敷パッドに目を向けてみましょう。


麻でさわやか


麻敷パッドに、じかに寝るのが最高に気持ちいいのですが、

汚れが気になるなら、麻100%生地のシーツを併用すると、便利で快適♪





これまでにも何度も同じこと書いていますがσ(^_^;)

もう一回読んでみます?

もくじ[寝具編] →「暑い季節は麻です!」

    麻の季節がやってくる~♪

    梅雨時の眠りには

    やっぱり麻ですよ

    やっぱり麻ですよ(2)

    熱帯夜のお悩み解決法
    

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。