1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006年03月29日

防ダニふとんって?

テーマ:ふとん(やわらかい話)

あたたかくなると、ダニが出てくる・・・


いや、1年中いるんですけどね。(-_-;)


ダニを防ぐふとんカバーありますか?」
防ダニふとんが欲しいんですけど?」


時々、そういうお問い合わせがあります。
中には、お医者さんに言われて「防ダニふとんに換える」とおっしゃる方も。


基本的に、ダニはどこにでもいます。

ふとんの中にもいるかもしれませんが、
カバーの上にも、たたみや、ソファの上にも。
人間が生活しているところ、ホコリがたつところには、
ダニの仲間がいます。


家族が、特に小さいお子様がアレルギーで、
検査でIgEが高いだの、ダニ・ハウスダストの抗体反応が出ただの、
そう言われたら、神経質になるなというほうが無理でしょう。




「洗ってしまえばいいのですよ。」

そう言うと、「は?」という顔をされます。

アレルゲンはたんぱく質です。洗濯することで、洗い流しができます。




防ダニふとん、防ダニシーツをお使いいただいた、とします。
基本の手入れをしなければ、何の意味もありません。


防ダニシーツは高密度の織り地でできていますから、
生きているダニが通過することがありません。
でも、表面には、ダニの死骸などアレルゲンは残ります。


アレルゲンを取り除くには、
水洗いが最も簡単にできて効果が上がります。

(アレルゲンがゼロにはなりませんが、問題にならない程度の濃度にまで除去ができます。)


ですから、「防ダニふとん」と標榜しているふとんのうちで、
「まるごと水洗いができます」という表示があるものは、良心的な品物といえます。


ただ、現実の問題として、そうそう頻繁にふとん丸洗いは出来ませんね。


どうします?


ふとんを日干しし、カバーはたびたび(最低、週1回くらい)洗濯しましょう。





製作者の方には無断ではありますが・・・

すてきな手作りバッグを、プレゼントしていただいたのです!


うれし~~♪

さっそくお買物に連れて行ってきました。

ありがとうございます!

バッグ

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年03月27日

価値観の差?

テーマ:ふとん(やわらかい話)

新年度を目前にして、親子連れでのご来店がぽつぽつ。


来月から、近くに新しく看護大学が開校します。

田舎とはいえ、学生たちが増えて、にぎわいそうで、うれしいことです。




何日か前に、イオングループのチラシが新聞に折り込まれていました。

寝具では、掛・敷・カバーがセットで1万円以下・・・ヾ( ̄ヘ ̄; ) ォィォィ

そういうチラシを見てのご来店だったのかもしれません。


ひとり暮らしを始めるにあたっては、一時に出費がかさみますので、

切り詰められるところは、できるだけ切り詰める。

それは十二分に理解できます。


ただ、睡眠が体調に与える影響を、

まだ軽視しているのではないかと考えさせられました。



ウール混」という表示のふとんが、最も安く売られていると思います。

ウール(羊毛)」にポリエステル綿を混ぜ込んであります。


「ウール」+「ポリエステル」=「単なるポリエステルふとん」

双方のよいところを、足し算することになりません。


ポリエステルの中にも、たくさんの種類があって、

透湿性のよいわたもあります。(ただし高価です。)


安い価格に抑えるためには、

カサはあるけれどヘタリやすいわた、

透湿性もフィット性もない、蒸れるわたが使われます


当然、寝心地は・・・最低。


価値観のちがいは認めますが、

健康を守れないものを売ってはいけない

と思います。




寝具は、側生地に包まれてしまうと、中身が全くわかりません。

表示義務となっている素材名だけでは、判断はできません。


品質を見極めるのは、実は専門店といえども難しい。


少なくとも、メーカーの工場(製造現場)にまで足を運べば、

原材料を見たり、さわったりして確かめることはできます。


当店でおすすめするふとんは、

実際に現場を見てきたメーカーのものです。


そうでないと、怖くて販売できません。

ダンナ(社長)の信念のひとつです。(がんこもの、とも言います(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006年03月24日

湿度対策

テーマ:睡眠環境(33度50%)

少し暖かくなると、おふとんの中の湿度が気になります。

しつこく繰り返している「33度50%」の、寝床内気候を保つための寝具(ふとん)選び。


今日来られたあるメーカーさんが、

湿度対策用にと、ハニカム構造のシートを持ってきていました。

話によると、特許が開放(独占期間が切れた)されたので、価格が下がったとのこと。


ハニカム(honeycomb)とは 、

蜂の巣の「ように、小さいマス目を連ねて、重ねたようなつくりです。

マス目になっているので、水分が通過(透湿)しやすいのが特徴です。

密着する面積が小さいので、蒸れ感が少ない。
ポリエステルやナイロンを使ったハニカムは、

構造上、ある程度の弾力があります。


敷ふとんの下に敷くことで、

敷ふとんにこもりやすい湿気を逃がすことができます


じかにハニカムの上に寝ることもできますが、季節によっては寒く感じるかもしれません。


おすすめは、こういう湿度調整ができるマットの上に、

ラクダ(キャメル)の敷ふとんを重ねて、

洗いやすいサニセーフ(またはパシーマ)を広げて寝ること。


湿度対策というのは、意外なくらい寝心地を左右する、大事なポイントです。

あたたかさばかりに目を奪われると、高温多湿の寝床内気候になってしまうかもしれません。






刺繍の一部です。

へったくそなステッチ(-。-;)笑ってやってくだされ・・・刺繍 途中3/24(2)

刺繍 途中3/24(3)


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年03月22日

ひまつぶし?刺繍

テーマ:眠くなるまで(思いつくまま)

<お知らせ>

相互リンクしていただきました。

「睡眠・快眠・不眠症情報局」 睡眠、不眠症に関する情報サイト。

睡眠障害や不眠症で悩んでいる人のために快眠方法や睡眠の知識を紹介。

読み応えありますよ。メールマガジンも発行なさっています。





ちょっとサボっていました。



ちょっと思い立って、ちくちく刺繍で、ブックカバーに挑戦中です。

はるか昔の学生時代の写真を、息子と見ていて、

ジーンズに刺繍していた話になりまして。


道具はそろっているし、刺繍糸もまだたくさん残っているし。

(モノモチいいでしょ?)

なにか、作ろーかな~って。

しかし、長いこと刺繍糸もさわっていないので、カンが鈍っているはず。

手芸店で、ブックカバーを作れるキットを買ってきて、手慣らしです。



しかし誤算が・・・




老眼が進み始めて、生地の目が見づらい!

(T▽T)アハハ!


いつ出来上がるかは、不明であります・・・・

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年03月17日

睡眠本

テーマ:眠くなるまで(思いつくまま)

昨日、何ヶ月ぶりかで、神戸の大きい書店(ジュンク)へ行ってきました。

用事で元町に行った、その帰りです。


エスカレーターで3階に上がった、その正面に「話題の本」コーナー。

TVに脳科学者がよく出演されるようになったせいか、

大脳生理学に関連する本がズラリと並んでいます。

(もちろん、専門的なものでなく、軽い読み物になったものです。)

その中に「睡眠~」「快眠~」と題した本も、数多くあって驚きました。


かなり前から、睡眠に関する本はたくさん出ているのは承知していましたが、

メインの売り場にこれほど並んでいるのは、やはり時代の反映ですね。

井上昌次郎さんの本を1冊購入しました。(睡眠学会の重鎮です。)

井上 昌次郎
「快眠」最強の知恵―ぐっすり眠ってスッキリ起きる 気持ちよーく眠れる幸せ!



ついでに?地下のHMVにも立ち寄り。

むか~し大好きだったアルバムを見つけたので、購入!

(大昔、買ったレコードは行方知れずになって、あきらめていた。そして忘れていた。)

Camel
The Snow Goose
発表は1976年、まる30年前の作品。(プログレ・ロックに分類される)

知っている方がいらっしゃったら、ぜひコメント下さいヽ(^ー^)ノ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。