見えないところまで越後杉。
雪国には雪国の木材を。
ほかの工務店やビルダーは米杉がほとんど。
越後杉も値段が高いと思われているみたいですが
当社なら、通常の値段でOK

強度は米松も杉も同じ。なぜなら、今の日本の法律は共通だから。

難しい話ではありません。
杉にも米松にも強度が決まっています。

ただ、粘り強さは杉の方が強いと感じます。
米松は狂うときはめちゃくちゃ狂いますし。

お任せ下さい。雪国の家づくりなら自信あります。

AD
越後杉の家って、30万の補助金が出ます。

当社は越後つうより十日町・魚沼の杉で家を建てています。
雪国には雪深い山で育った杉が一番良いのです。
市場に出回っている越後杉!本当に越後=新潟県の杉でしょうか?
噂によると県外杉を使用している会社もあるとか。
なぜなら、伐採杉の量と比較すると出回っている
越後杉の量が多いとか。。。




越後、特に妻有(十日町・魚沼)の杉は
材を見ればわかります。
今年より、十日町の杉を使うと更に30万の補助金が出ます。
先日、1棟目を申請。

この補助金を使える工務店は当社くらいかも。
なぜなら、市内で杉林を伐採して家を建てる会社は
当社くらいだから。
社長の手間は大変、増えます。
材木の買い入れ・木拾い・木材の目立てなどなど
何気なくやってた仕事ですが大変な作業でした。

でも、『山の木を買ってください』という話はよく有ります。
当社くらいでしょうか山の木を(林を)買うのは。

ありがたいことですし、信用でしょう。
そして、その苦労を『お客様の為に尽くす』おもいで
こなしています。
感謝です
杉が授かるのも仕事が受注できるのも。

AD