手刻みの家

久しぶりすぎる書き込みです。(-_-;)

本当の大工の技をお見せします。

最初の2枚は完成品の材料。木口(断面)をご覧ください。複雑な形ですが、これはプレカット(機械加工)ではできない技。

墨付けをしています。今回は施主様から『プレカット』ではなく、手刻みをしてほしいとの希望。

丸のこなどで刻みに入りました。手刻みですと、『ノミ』が大切な道具。

写真は今年の新入社員!『本当の大工になりたくて。。。』入社。HPで調べたら、中越地区で『手刻みの工務店』は当社のみだったとのこと。

そして、入社してくれました。まだ、20歳!これから、どんどん吸収していくでしょう、『匠の技』を。

 

AD

リフォーム20年のお住まい。

一人住まいの奥さんから電話

 

『ねずみがいるみたい?!』

さっそく、調査(^O^)

物置のかごの野菜。食べられていました(^^;

棟梁とふたりで床下へ・・・久しぶりです。

床下の断熱材の破片が。。。

どこから進入したかといいますと、古い家特有の床下換気口です。

とりあえず、薬で対応。食べると明るいところに出て死ぬ!って薬。

 

田舎の仕事?どんな心配事にも対応ニヤリ

これが地元の工務店の良さかな音譜

AD

今年も残り少しとなりました。

十日町の杉を使用して、たくさん仕事をさせていただきました。

十日町市から30万円の補助金も、 4世帯の方に利用させていただくことができました。

 

そして、11月。

また、上品質の杉を伐採し、貯木場に運ぶことができました。

 

雪国の家は雪国の木材(杉)で作るのがBESTです。

 

 

 

 

 

 

ご存知でしょうか?なんと・・・

 

十日町産の杉は全国一の強度を発揮します。

 

ほかの工務店などが使う米杉と同等、

または米杉以上の強度です

 

 

先日、新潟県農林課の工場検査(越後杉)でびっくりしてました。

 

十日町市で建築をすると

越後杉併用補助金ですから 30万+30万=60万 の補助金をいただけます。

ありがたい補助金です。

 

 

AD