・黒木八がウェブサイトを作ってくれました。
「柳田健一 OFFICIAL WEBSITE」
http://yanagidakenichi.com


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-23 15:32:26

「気付き」

テーマ:ブログ
本日は晴天なりて
洗濯し候。

ここのところはどうかと言うと
こんな感じ


法被にはまっており
古着屋でめぼしいものを購入。

これを着て近所のスーパーへ買い物をしに行こうもんならば、
たいていのみなさん、チラ見をして過ぎてゆきます。
分かります。当然ぼくにもその感度はございます。

「え?なんで?」もしくは
「どこかで大売り出しセール?」

とお思いでしょう。

でもぼくはこれをカッコいいと感じ
着ていたくてたまらんのです。
調和を乱すことを
どうかご勘弁なり、ご勘弁なり~笑







日曜はルック氏とのコラボライブ、
予定の3回を無事に自由が丘マルディグラにて終えてきた。

この間それなりに
すったもんだもありましたが、
3回目にしてようやっと
ぼくら自身はもちろん
お客さんとも共有・共鳴できたかと自負。

今後は派手にやっていこうと思う。


その明くる日
20日の月曜、
FM西東京の番組、最終回を終えた。
これは5月の下旬あたりに決定していたことだが、
ぼくとしては
音楽をツールに思う存分、自分のことを話せたのもあり
スッキリしているところもあるがしかし、
面白い番組になり得る、そんな可能性を十分に秘めたものだっただけに、
番組をうまくアピール出来ず
この結果になってしまったのは残念に思う。

それでも、先日の最終回でも話したように
今回のラジオのおかげで気づいたことがあった。

それはもう20年程前になるが
ぼくは大女優長岡輝子さんの前で
詩を朗読した経験があったのだ。
こんな貴重な出来事を
ぼくはすっかり忘れていたのである。

それがラジオのあるコーナーの打ち合わせ中、
記憶がよみがえってきたという訳だ。

あの時
ぼくがどんな気持ちで詩を朗読したのか
そしてそのあとに頂いたお言葉も...

ぼくは長岡輝子さんに
表現者として、とても素敵な言葉を頂戴していたのだ。

これを財産と言わずして何を言うのだ!?

なにはともあれ
始まりもあれば終わりもあり
江戸幕府とて終わった訳でして、
んでもって今がある訳ですから
しょうがないと着地いたしましょう。
http://tokyomusiclove.seesaa.net/article/439244040.html
↑PCからならば再放送が聴けると思います。


今さっき
録画しておいた「くたばれ坊っちゃん」を観る。





もうなんと言っても山崎努さんですよ。

山崎努さんの台詞すべてに
いちいちぼくは恍惚状態になる訳ですから、
もうしょうがない 笑

内容もわりと
いい話だったと思う。

瀧本美織さんという女優さんの声が素敵だった。

それから
エンディングで流れた「この街で」という曲、
これが素朴でありながら、気が利いており
こういうのを洒落た曲だと言いたい。
作者の新井満さんはきっと評判通りの方に違いない。

撮影協力に我が母校の名が連ねており
少しばかり胸がたかぶるのであった。

「だったら全部捨ててゆけ、何度でもやり直すんだ、それが人間だろ!...青シャツ!」


ばたばたしており忘れかけていたのだが
昨晩ふと、ワンマンライブを決行しようと思い立つ。
8月か10月頭前後のつもりで
会場を探す。

神保町あたりかと考えており
そこに詳しそうな方に話をきいてみたところ
好感触である。

もういくつかあたってみようと
尋ねた中に、
なんとなく失礼なことを言う者があった。

でも人間とは
感度が違えば大体がそんなもんだ。

ただし...

「だから君とは一緒に演奏やれないのだ」

そう心でボヤくのである 笑。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-19 14:58:45

「あめふり」

テーマ:ブログ
父の日であり、
昨日無事に送ったものが届いたようで一安心。
そして夜は自由が丘にてライブである。


この曲には母さんと息子と子供が1名出てくる。

「あめふり」
1925年(大正14年)出版。
作詞 北原白秋 作曲 中山晋平

この詞は母さんとの距離感が絶妙。

母さんがクールなので
子供も迂闊に浮かれる訳にはいかない、
そんな中、思わず嬉しさが出てしまう感じがあり、
そういうお茶目がある。
それでもやはり迂闊に浮かれない、
そこになんとなく慎ましさがある。



ぼくはそこが、たまらないのである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-12 02:00:54

「風、風吹くな、シャボン玉、飛ばそう」

テーマ:ブログ
今週は思いの外
洗濯物が溜まっていたのにビックリ。

水曜は久しぶりに
つちたにちかと会う。




同じ釜の飯を食った仲というのは不思議なもので
他とはひと味違った想いがあり
なかなかいいものである。


木曜も
同じく釜飯の仲
ルック氏と19日に向けたリハ。
今回はこれもまたひと味違ったものになりそうだ。

詳細↓
6月19日(日)
@自由が丘マルディグラ
OPEN/19:00 START/19:30 CHARGE/¥2000
柳田&ルックは2組中2番目の予定で1時間程のステージを予定しております。


金曜はこれまで手つかずになっていた黒木の詞などを仕上げたりしようと、
いざスタジオへ。
いくつかアップしたのでよろしければ。

前回に引き続き
♫「自由への讃歌(オスカー・ピーターソン)~アルキメ・デス(柳田・黒木)」

今回のほうが気に入っている。



♫「シャボン玉」1923年(大正12年発表)

励んで 挑み ボクの シャボン玉 飛ばそう。



♫「ケチャップにキック」(柳田・黒木)
ようやく仕上げにかかる。
詞は3年弱前に受け取ったものなり。

貧すれば鈍する
ファイティングは保存がきかない
人は笑うけど、笑われる。

まさにその通りだよ、黒木よ。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-06-06 21:34:20

「ラジオ告知」

テーマ:ブログ
こんばんは

このあと0:30~30分間
FM西東京にて「TOKYO MUSIC LOVE」です。

今回はベートーベンのピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章を流します。
柳田、谷口、ルック、の3人でクラシックを語れるのか!?
見物だと思います。

お時間とギガバイトに余裕のある方は是非お聴きください♫
こちらから↓
http://842fm.west-tokyo.co.jp/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-04 23:50:26

「やせ蛙」

テーマ:ブログ
今週は風が強い。

(月曜)
昼前あたりくらいまでは荒れた空模様。

それもあってかどうかはさて置き
ぼく自身は大人しくしていたと思う。

(火曜)
日中、銀座へ。

C3出口から地上へ上がりたいのに
C3にたどり着けず、やむなくC4から地上へ

さい先悪いとはこういうことだ。

(水曜)
行くも戻るも逆風なり。

自転車にはこたえる...

前日のこともあってか
唯一ボクの知っている小林一茶の句

やせ蛙 負けるな一茶 これにあり

と口ずさむ。

詳細は分からぬが
勇気のわいてくる句なり。

(木曜)

修学旅行に行く夢をみる。

数日前
ただただ追っかけっこをして夢中になる小学生をみて

「ああ、ぼくにはその感度、もうないかもなぁ...」
と引っかかっていたのが原因に違いない。

でも少年、
ぼくは失くしてしまったのかもしれないが
あらたに得た感度だってあるんだぜい。

たとえばアイスコーヒーの旨味とか。

(金曜)

半年ぶりに高尾山へ







おそうじ小僧と伊川氏が
妙にリンクするのは
ぼくだけか。

(土曜)

外食する際
お店を冒険するようなタイプにあらず。

だがこの日は違う。

負けるな一茶!

地味な定食屋に入ってみる。

「メンチカツ定食とビールで」

先にご飯とみそ汁が
そしてメインの皿が...

奥にキャベツの千切り、
その横に一握り程のスパゲッティー、
そして手前に立派なメンチカツ2つ。

ご夫婦なのか
店員さんも近からず遠からず
声のトーンも低からず高からず
愛想良く
店内は奇麗すぎず汚すぎず
味は普通に美味しく
つまり、
ちょうどいい加減・案配・潮時
などというやつである。



冒険もたまには悪くないものである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。